ARTISTS
< >

Magda

ポーランドで生まれ、幼少の頃にデトロイトに移住。その全く違う環境への変化を体験した事は現在の人気DJとしての生活に役立っていると言う。パーティーで聴いた、プラスティックマン「SPASTIK」に衝撃を受け、95年、クロード・ヤング、ダニエル・ベルらのパーティーでDJキャリアをスタート。母の影響でファイン・アートの勉強のためNYへ。現在も彼女のサウンドにその影は見て取れる。デトロイトにもどった彼女はリッチー・ホーティンと出会って以来まさに彼の片腕として活動してきたマグダ。リッチーとのワールド・ツアーで知られる様になった彼女であるが、自身の人気も急上昇中である。リッチーのパーティーで知り合ったマーク・ホウル、トロイ・ピアースと共にラン・ストップ・リストアとしてのリリースや、数々のリミックス・ワークをリリース。'06年にリリースされた待望のMIXCD『SHE’S A DANCING MACHINE』では曲をパーツに分解し組み合わせるのだけではなく、それぞれのトラックを生かしながらも次々と浮かんでは消え再び表れるドープなミックスを披露し彼女のサウンドの特徴である、高い次元でのハウスとテクノの融合を表現する事に成功している。