ARTISTS
< >

Gildas

Kitsune

ユース・カルチャーの新たなリーダーとなったKitsuneブランドのミュージック・マスターマインドであるGildas。Daft Punkのマネージメントを10年以上務めていた2001年、当時建築事務所で働いていた黒木理也と音楽/ファッション・レーベルKitsuneを発足させる。音楽レーベルとしてはTei TowaによるTom Browneのカバー曲「Funkin' For Jamaica」の12inchリリースを皮切りに、2003年には初のコンピレーション『Kitsune Love』をリリース。Daft Punk、Trevor Jackson、FPMなどの楽曲を収録し、シーンに強烈なインパクトを与える。翌年リリースされた『Kitsune Midnight』には、Black Strobe、Cosmo Vitelliなども参加し、大ヒットを記録。その後も『X』、『FUR』などのコンピレーションのリリースを経て、Gildasの嗅覚と幅広いネットワークのみで楽曲を集めた『Kitsune Maison』シリーズをスタートさせる。この大ヒットシリーズはこれまでに8枚のリリースを重ねている。このシリーズで紹介されたDigitalism、Autokratz、Two Door Cinema Clubらの現在の活躍はGildasの嗅覚の鋭さを実証している。彼のDJセットを、時代が追っていく。それを目の当たりにして、我々はGildasのヒットメーカーとしての才能に驚嘆させられるのだ。そして、エレクトロニック・ミュージックの過去と現在と未来がGildasによって導かれていることを知る。