ARTISTS
< >

Genki Ito

洗練された感性とスキルの融合で注目を集める映像ディレクター、アートディレクター、デジタルアーティスト。デザイン事務所を経て、フリーランスのモーションデザイナーとして活動を開始。2004年に、W+K Tokyo Labに参加。多くのミュージックビデオやヴィジュアル制作を手がける。参加作品の一つ、Hifanaの「WAMONO」は、文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門にて優秀賞を受賞。2008年には、Wieden+Kennedy Tokyoにデジタルアーティストとして正式参加し、Nike、Google、PlayStation等の映像制作に携わる。初監督作品となったJemapurの「CLARTE」はドイツ、イタリア、オーストラリア、イギリス、アメリカなどのフィルム・フェスティバルで上映され高い評価を得た。

 

ファッションデザイナー、画家、華道家などジャンルを超えたコラボレーションでインスタレーションを行ったり、日本を代表するグラフィックデザイナー、永井一正とのコラボレーション、メディアアートの祭典「ARS ELECTRONICA 2010」でのヴィジュアル・パフォーマンスなど、多彩な表現活動は国内外のシーンから注目を集めている。2010年、NY ADCによって世界若手クリエイター50人に贈られる賞 「ADC YOUNG GUNS 8」を受賞。2011年には、Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-にてライブ演出と映像制作を行い、同年末に、独立。現在、クリエイター/アーティストとしての活動の幅を一気に拡大している。