ARTISTS
< >

Audio Injection a.k.a. Truncate

Droid / CLR / Electric Deluxe from US

90年代初頭にエレクトリックミュージックに出会った AUDIO INJECTION (akaTRUNCATE)は15才よりDJを始め、南カルフォルニアのローカルクラブやレーベルなどで ハウス/テクノ/アシッド/ハードコアなど多種多様なスタイルでプレイしていた。その後、音楽プロダクションを始めた彼はMonoroid,Stimulus,続いてロサンゼルスの地元レーベルDroid Recordingsでリリースを始める。2003年にはDroid Behavior(ドロイド ビフェイバー)というLAのテクノプロモーティンググループに属し、Droid Behaviorの共同運営者のDrumcellとともにウェアハウスイベントやローカルイベントにおいて精力的に出演を始める。そして2010年、2011年とベルリンBerghainでDrumcellとともにプレイした彼は世界中にその名を知らしめる事となる。2011年の初頭には自らの新たなエイリアス/レーベル(TRUNCATE)をスタート。もっとディープでダークで生々しいテクノを量産しはじめる。TRUNCATE名義でのリリースはいずれも、Ben Klock, Marcel Dettmann, Jonas Kopp, Chris Liebing, Speedy J, DVS 1, Luke Slater, Ben Sims, Silent Servant, Technasia,などがこぞってヘビーローテーションし賞賛を集めている。Droid,CLR,Electric Deluxe,Sleaze,Enemy,Trucate などからの近頃のリリースは、盟友Drumcellとともにロサンゼルスという場所とDroid Recordingsをテクノ界でも注目を集める存在にした。日本においては大阪発・環太平洋テクノプロジェクトTorque(トルク)のファーストリリースにも参加し、その妖気を惜しみなく吐いている。彼のDJスタイルはその巨体に見合わずものすごくスポーティでアッパー。ゴリゴリの本格テクノがメインフロアーでは難しいアメリカで長年、現在の位置を確保してきた彼は、DVS1などにも共通する、オーディエンスの音楽的教養などはお構いなしで、クラウドを引き込んでしまうパワーと迫力に満ちている。