ARTISTS
< >

HITO


「音楽は、世界への道標。音楽という媒体を通じ、自分の内側で感じるものを表現し、伝える。世界の様々な文化、表現を受け入れ、また正真正銘ピュアな自分を分かち合いたい。MODEL 1により力強くなったバイナル100%で紡ぐ私の音楽を楽しんでいただけたら嬉しい」

HITOは、ベルリンをベースに活動する日本人テクノDJである。100%バイナルでプレイすることで知られるHITOは、Richie Hawtin主宰の「ENTER.」及び「ENTER.Sake」のレジデントDJであり、また、Dubfire, Loco Dice, Paco Osuna, Nicole Moudaberと並んでAndy Rigby-JonesとRichie Hawtinが開発したDJミキサー「PLAYdifferently MODEL 1」のアンバサダーでもある。

日本の姫路にて生まれ育ったHITOは、当時より洗練されたレコードコレクションの中からディープテクノをプレイするクールさと、個性的なキャラクターとエナジェティックな表現力により、常にフロアから愛されている。

ベルリンに活動拠点を移してからは、レコードへの愛、エレクトニックでエモーショナルなスタイルの音楽へ情熱を深めていく中で、日本文化/日本酒という共通言語もあってかRichie Hawtinとの友好を深めることとなる。その後すぐ、スペインの人気クラブSpace Ibizaで2012年に開催されたパーティー「ENTER. experience」のレジデントDJに抜擢、「ENTER.Sake Terrace」では、エピックなオールナイトセットで多くのクラウドを魅了。HITOは「ENTER.」にとって、なくてならない存在へとなっていった。

HITOは、自身が理想とする音楽そのものを表現することにより世界に受けいれられ、そして世界レベルのアーティストに成長していった。 2017年は、DC10(イビザ)、Privilege(イビザ)、Cocoon(イビザ)、BPM Festival(ポルト ガル)、Tomorrowland(ベルギー)、Sonus(クロアチア)、ULTRA / Resistance(クロアチ ア)など、多くの老舗ナイトクラブやフェスティバルに出演。また、同年8月には、ベルリンのIPSEにて自身主宰のパーティー「HITO presents OTO」をローンチした。

2018年、Hitoの待望のリリースはナポリのテック・ハウスシーンでは欠かせない存在DJ DEPとのコラボ作品”Mama Napoli”。これを封切りに、2019年にはNicole Mauldaber主催のMood records からSudoとのコラボ作品”Hale”をリリース、このEPには日本のテクノマスターであるKen Ishii Remixがある。その年12月にはJay Lumen主催の Footwork recod より、”White Towe ep”をリリース、Patrik Berg remixはBeatport chartで上位をキープする。2020年、Artslaves主催Deep tech lebel のMOANより”WA ep” をRemixerにMartin Butrichを迎えての華やかなリリース。10月にはSudo とタッグを組んで “Kobe ep”をリリース。リミキサーにはKuukou主催のSimina Grigoriu, ミニマルテクノのCarlo Ruetzを迎えてのリリース。この先がまた楽しみだ。