ARTISTS
< >

J Dilla

1974年生まれ2006年 没。米デトロイト出身。オペラ歌手の母とジャズべーシス トの父との間に生まれ たJ・ ディラ(本名ジェームス・ヤンシー)。現在のヒッ プホップ・シーン においても高い影響力を誇るプロデューサー。高校生のころ にJay Dee(ジェイ・ ディー)として二人の友人とラップ・グループ、スラム・ ヴィレッジを結成しビート・メーカーとして活動を始めた。1992年には元ファン カデリックのキーボーディスト、アンプ・フィドラーに才能を認められ、MPC の使い方を伝授される。1994年 にはその機材で作ったビート・テープを気に行 いったア・トライブ・コールド・クエストのQティップがきっかけとなり、ザ・ ファーサイドの大ヒット曲で ヒップホップ・クラシック「Runnin’」のリミック スを担当。Qティップ、アリとともにプロダクション・チーム、The Ummah(ザ・ ウマー)を結成しATCQや ジャネット・ジャクソン等の作品を手掛けた。その 後、コモンを始めエリカ・バドゥ、デ・ラ・ソウルといった人気アーティストも 手 掛けている。2003年あたりから持病悪化の為、音楽活動を制限するようにな る。2006年2月10日、惜しまれつつ32歳の若さで他界。生前最後のアルバム 『ドーナツ』を発表したばかりだった。その後『ザ・シャイニング』や『ジェ イ・ラヴ・ジャパン』など遺作が発表された。