ARTISTS
< >

Mark Barrott

1968年にUKのシェフィールドに生まれる。1996年にDRUM&BASSのプロジェクトFUTURE LOOP FOUNDATION(フューチャー・ループ・ファウンデーション)のアルバム「TIME AND BASS」でデビュー。その後もコンスタントに作品をリリースしながら徐々にブロークン・ビーツやダウンテンポへとスタイルを変化。しかし同時におこなっていた音楽コンサルタントのビジネスが成功することで、音楽制作に集中することが難しくなってしまい、当時の拠点であったドイツ・ベルリンから南米のウルグアイに移住。その後、ウルグアイで始動したレーベルINTERNATIONAL FEEL(インターナショナル・フィール)DJ HARVEY(ハーヴィー)のリミックスを収録したMARKの変名プロジェクトROCHA(ロチャ)を皮切りに、DJ HARVEYの新プロジェクトLOCUSSOLUS(ロクスソルス)RADIO SLAVEで知られるMATT EDWARDSQUIET VILLAGEJOEL MARTINによるMAXXI & ZEUS(マキシ・アンド・ゼウス)、日本人GONNOEPACDISE #2」など次々とヒット作をリリース。さらに、ウルグアイからバレアリックの聖地として知られるスペインのイビザ島に移住し、自身の作品「SKETCHES FROM AN ISLAND」、CAFÉ DER MARのレジェンド、JOSE PADILLA(ホセ・パディーラ)SO MANY COLORS」、オーストラリア・メルボルンのアーティストLEN LEISE(レン・レイス)といったニューエイジやチルアウトなどのよりリラックスしたバレアリックにシフトした作品をリリースするなど、現在のクラブミュージックにおける重要レーベル運営をしながら作曲活動も平行して行っているなど、常に動向が注目されているアーティストである。