ARTISTS
< >

SUSUMU YOKOTA

デビューは1992年。当時ドイツのテクノの最有力レーベルであったHARTHOUSEからファーストアルバム「The Frankfurt-Tokyo Connection」 をリリース。同作が注目され、日本人として初めて、当時世界最大級のテクノフェスティバル、ラブ・パレードに出演を果たす。1994年、日本国内 でもテクノに火がつき始める中、ベルギーのR&Sなどからリリースしていた、ケン・イシイらと共に日本のレーベルSUBLIME RECORDSへと、リリ ースの中心を移していく。その後も、同レーベルよりコンスタントにリリースを続けていたが、2002年に自身のレーベル、SKINTONEをスタート、 再びリリース活動の軸足をヨーロッパ圏へ移す。その作品は、UKのLEAFやLO RECORDINGSなどのレーベルにライセンスされ、またも海外での評 価は急上昇、1999年発表のアルバム「Sakura」では、海外音楽メディア各誌で『ブライアン・イーノの再来』などと評され、再び喝采を博すことと なる。また、ビョークやレディオヘッドのトム・ヨーク、現代音楽家のフィリップ・グラスらもヨコタのファンを公言、感度の高いアーティストか ら熱烈な支持を受けるなど、この時期のススムヨコタは、デビュー時以上に耳目を集める存在となっていた。だが、歴史のいたずらか、当時すでに 体調を崩していた彼は海外でのライブ出演などのオファーを断っていたのだった。当人のメディア露出がないままリリースだけが続き、その作品は Pitchforkなどの海外音楽メディアで取り上げられ、ススムヨコタのパブリックイメージはいつしか孤高のアーティストという形で定着していくこと となった。この「追悼1992-2012」シリーズでは、1994年から2002年に日本での主要な活動の拠点となったSUBLIME RECORDSのリリース 作品に加え、その他の国内・海外レーベルからの作品も可能な限りリイシューした大回顧デジタルリリースとなる。そのきっかけとなった第1 作品「Acid Mt.Fuji」より本シリーズはリマスター再発を開始する。