ARTISTS
< >

Shaun Frank

トロントを本拠地とする音楽プロデューサー兼ソングライターのショーン・フランクは、経験と才能にあふれ、同時に音楽に対するクオリティーを一番のプライオリティーにしているミュージシャンである。「常に、記憶に残るメロディーと、色褪せない歌詞をかき、エナジーとパッションを詰め込むようにしている。」彼は、自身のアーティストとしての姿勢をそう語る。14歳で音楽のキャリアをスタートさせ、自身がフロントマンを務めるバンドでは世界中でツアーを行い、そして過去何年かはEDMのジャンルに身をおいてきた。そんな彼を一躍有名にさせたのが、Oliver HeldensとのコラボレーションでDelaneyをフュチャーした‘Shades of Grey’である。2015夏にSpinnin Recordsよりリリースされた‘Shades of Grey’はBeatport’s Top 10で2週連続No1を獲得、その後チャートには2ヶ月間もの間ランクインを続け、世界中のダンスミュージックラジオがこぞってairplayを行った。ディープなグルーブのインストロメンタルとボーカルをミックスさせたこの曲が、「Shaun Frankサウンド」を決定づけた。強烈なリリックワークとボーカルのフィーチャーを取り込みながら、ディープ・ハウスとUK Garageを融合させたサウンドである。2016年には、DVBBS、Steve Aoki、KSHMRなどとコラボレーションをし、そして何と言ってもChinsmokersとの共作である「Closer」はすぐさまビルボード、Spotify、そしてShazamの全てNo1を獲得した。