ARTISTS
< >

Electric Indigo

Indigo:Inc, Female Pressure/Vienna

ヨーロッパ、北アメリカ、アジアの31カ国134都市でダンスフロアーを湧かせたDJで、ラジオのディスクジョッキー、レコードショップのマネージャーとして活躍していた。最近では他のDJには見られない、知的でアブストラクトなテクノのスタイルをとっている。'89年にオーストリアのウィーンでDJ活動を始め、間もなくデトロイトやシカゴテクノが彼女のスタイルになる。'93?'96年にテクノの世界的中心地ベルリンの有名なHard Waxレコードで働き、その後ウィーンに戻り自らのスタジオを開く。'98年に様々なパーティーやマルチメディアのイベントを行う Indigo:incを始め、同時期にエレクトロニック音楽の場で働く女性DJ,プロジューサー、VJを集めた国際的なデータベースであるfemale: pressureを作る。'99年?'00年2月迄ウィーンで'Indigo:inc'の名義のもと週一回テクノロジー情報関係の番組 'TIVIT'のホストを務める。'00年?'01年、オーストリアのラジオ局FM4のウェブで、音楽やインタネットニュースの提供をする。'00年夏にはダブリン(アイルランド)のRed Bull Music Academyで講師をし音楽ビジネスのおけるネットワークとインターネットの活用法を取り上げる。'01年はfemale:pressure再開、さらに文化的かつ政治的な生活に従事していき、討論会のパネラーとしても招かれる様になる。'01年?'03年、the Music Information Center Austriaのメンバーにもなる。'02年ウィーンの最も有名なエレクトロヴァイオンニスト、Mia Zabelkaとコラボレーションを組み、即興の実験的なエレクトロバイオリンと彼女のエネルギッシュなテクノサウンドのライブプロジェクト Colophony Circuitを始めた。'02年5月の終わりには、彼女はデトロイトの Electronic Music Festivalのメインステージでプレイし、ウィーンのアーティスト Marko Lulicのビデオ'Tesla 21'のサウンドトラックを手掛け、'02年7月にはBelgrade Tesla博物館でライブをする。'02年11月にはフランスのレーベルからミックスCD'The New Electro Times'がリリースされた。'03年ウィーンの歌手Barca Baxantとソロライブを始め、NYのフェスティバルやミュンヘン、バルセロナでもプレイする。'03年6月に自身のレーベル indigo:incを立ち上げる。秋には2枚のレコードを出し、また10月には待望のダブルミックスCD 'Welttour'をAcid Mariaと共にドイツのからリリース。また、Reinhard Voigt の'How We Rock'のリミックスをからリリース。'04年6月には、Gwenn Labartaの 'Vortexx Voice Track'のリミックスをフランスのから、Microtholの'Sexy Lady'ミックスを からリリース。フランスのバンド Trisomie 21やオーストリアのSilicone Pumpgunのミックスも手掛ける予定である。'04年4月には、再びNYとブカレスト(ルーマニア)のフェスティバルに参加している。


Official Website
http://www.indigo-inc.at/electrici.html