ARTISTS
< >

RYUZO

歴史深い街、古都京都で生まれたラッパーRYUZO(リュウゾウ)。1994年にラップを始めた当時17歳の少年だったRYUZOは、MAGMA MC's(マグマ エムシーズ)というグループを結成し、京都のクラブ、ライブハウスをベースに精力的なライブ活動を行い、徐々にその頭角を表していく。1996年には京都でのイベント「地熱」で年間5公演を行い、4000人の集客を記録、京都のカリスマ的存在となる。ライブ一本で西日本全域を回り、熱いポジティブなメッセージを届けて、関西HIP HOPシーンにとってなくてはならない中心的存在となったRYUZOはヒップホップを通じて出会った横浜、名古屋のラップグループOZROSAURUS(オジロザウルス)、M.O.S.A.D.(モサド)とともに2001年にYOUNGGUNZ(ヤングガンズ)というグループを結成する。2003年にはMAGUMA MC'sとしてメジャーデビュー(monohon/Universal)そして満を持していよいよ2005年12月にソロデビューする。2006年にはYOUNGGUNZとしてのデビュー(bbmc/avex)も予定されている。また現在、RYUZO自らR-RATED RECORDS(アールレイテッドレコーズ)というプロダクションを立ち上げ、ANARCHY(アナーキー)、LA BONO(ラボーノ)と言った地元の若手アーティスト達の育成も行っている。さらに積極的なライブ活動は国内に留まらず、来年夏にはベトナムで行われるジャパンフェスティバルに参加する。