BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.91:Ibizaで思い切りリフレッシュ



 

5/25

4/17に成田を出てここまで5週間半。流れで言って、感覚で言うと、全体の1/3が終わったところだ。今回の長い旅、自分の中の感覚では、最初のブカレスト等々が前半、これからの4週間弱のイビサとその後の3週間のBerlinを合わせてこれが中盤、そして7/9からラストまでのルーマニアでのフェス等々が最後の1/3と捉えている。

さあ、いよいよ待望のイビサだ!


Taromはスカイチームだったので、持ってるカードで荷物2つOKで、追加で1円も払わずに済んだ。ラッキー。

Bucharest - Barcelona - Palma - Ibiza。ヨーロッパ間の移動で3本も乗るなんて有り得ない面倒だけど、この日はこれしか無かった。でも一番好きな国スペインの中での移動はなぜか最初からあまり苦と感じない自分がいた。

やっぱBarcelona着いた途端にもう感じが違う。というかBarcelona行きの飛行機乗った時点から少し感じの違い出始めてたけど。
Barcelona着いて、やっぱりスペインのこの感じは全く違って最高だ。みんな笑顔でいる。ブカレストではなんかみんな表情もあくせくしていて冷たい人の方がほとんどだったもんなあ。人間としての気持ちよく生きるという部分では、やっぱりこのスペインに勝るところは自分にはないと痛切に感じた。

まずBarcelona行きが40分、Paloma行きも1時間delay。Palomaで最後のIbiza行きの乗り継ぎがそもそも40分しかなく、Palmaに着いたの結局1時間遅れで、何ともうIbiza行きが出発しちゃった時間になってた。でもこのイビサ行きの人、この機内に20人ぐらい居て、みんな走って、結局機は待っててくれて、40分遅れぐらいで無事に出発。いやあ良かった。

前に乗った事あったか覚えてない。この小さいので本当に大丈夫なのか少し心配になる。


40分か遅れで無事にイビサ到着。嬉しい。飛行機降りて、何だかわくわくする。この感じ、今回あっていい。イビサに着いてわくわくするの、久しぶりだ。イビサ、10/1以来だけど、今回なんか久しぶりって気持ちを感じていい。新鮮だ。2つ乗り換えだからもうある程度ダメだろうなと最初から覚悟してた荷物も、なんと2つとも無事に着いた!これは幸先がいい。普通の事だけど最近結構ロスト続いてたからな。スーツケースの車輪も大丈夫。


空港で車ピックし、車出して、やっぱりイビサはいいなあと感じる。車があるのがまずとにかくいいのだ。日本では毎日足があるからね。

友達の家に寄ってから


今回の滞在は友達のお宅に泊めて頂く事にしました。これがイビサの北の果て。Cala de Sant Vicentという美しいところ。今回はこれまでとはかなり違う滞在になります。

この夜はさっそくみんなのprivate dinnerに呼んでもらって、島一番のbarbacore restaurantで僕はここで一番旨いラムを堪能しました。
Rareshは昨日Sankeysで回したんだって。でも2時間だけだったって:)
素晴らしい初日の始まりだった。



この夜は15時間程度寝れた。昨日寝ないでbucharest出て飛行機の中でしか寝れてなかったしここのとこずっと寝不足続きだったからよかった。もう夕方だったけど、起きて気持ちいい。ここ、軽井沢の空気感にも似てるし。静かでいい。理想的かも。

このSant Vicentは、街などない。スーパーも、Cala de Sant Vicentのbeach沿いに2軒小さいのがあるだけ。ただ、beachが今のこの家から車で1分のところだ。飲み物とか簡単な食べ物とか買い出しに。20ユーロ。物価の安いルーマニアからいきなりイビサで、同じ数字が出てもこれは今度はレイでなくユーロだから(ユーロはレイの4,5倍)、本当に気を付けないと。レストランも少し見たけど、肉20とか普通にだから、お金使うの本当に節約していかないとな。イビサだからな、ここは。


この夜はUnderground Summer Openingへ。オープニング来れるの、やっぱ嬉しいな。今の家から、UGまででも車で35分弱。やっぱり遠いw


いい感じに混んでた。お店のみんな久しぶりに会って超喜んでくれて嬉しい。オープニングに駆け付けたのを喜んでくれていた。やっぱりここは自分の一番の家だ。


今日は人は3時くらいから結構居てちょうどいい感じだった。日本人の知り合いがやはり一人で来ていて、勇敢だった。後半の音は完全にルーマニアンで、Rhadooでなくてあの雰囲気が出せてるのには驚いた。今日の後半のあの雰囲気は相当によかった。Juanoito, Nazaの二人の選曲はよかったな。




翌日日曜日は夕方起きてBenirrasへ。まだ5月だから車の規制もなく、最後の駐車場入るとこで少し待ったけど、まだ全然よかった。今日Benirrasにこの5月のうちに来て正解だった。最近では7月以降はもう来れたもんじゃないから。ビーチは人はさほど多くもなく少なくもなくいい感じ。ヒッピーの人達のタイコも少しずつ大きくなっていき、7時くらいからはかなり賑やかになってた。かなりいい感じだったな。やっぱりトランスのシーンも根本的に感じがいいなといつも思う。



帰りにSant Joanの前のガススタ寄ってアクエリアス買っとこうと思ったらまた閉まってて、中で店員がもう時間来ておわったわよ、と。やはり今のこのシーズンは24時間ではなく21時くらいには終わってるんだな。ハイシーズン以外はホント全てが別物だなと感じる。今回今まで一番早くに来たから、また少し知らない側面が見れている。

夜は今日も昨日に続いて家のすぐ近所にあるEs Cafeで。ここは僕が行った中ではイビサで一番美味しいタイフードレストラン。これが家の近くにあるのは本当にラッキーだった。ほぼ1日置きに行っていた。


昨日のUGでの写真でちんまり登場ですw



今回泊めてもらっているところはこんな感じ。家を載せるわけにはいかないので、イメージで。とにかく最高にリラックスできる家でした。


毎日家ではこんな感じ


もう目に見えるのがCala de Sant Vicentのbeach。本当に理想的。


今回の旅、最初のルーマニアとかでの5週間半、とにかくかなりハードだった。パーティーもすごくたくさん行って、実際心身共にかなり疲れていた。イビサでは少しゆっくりして過ごしたいなあと思っていたところだったから、ここでのこの環境はまさに本当にバッチリだった。ここに来てからすごくよく眠れる。東京では最後の2週間ぐらいもう寝る時間もホントなくて、ルーマニアでも忙しくまたあまりリラックスする環境でなく眠りも浅かったが、今イビサのこの家に来てすごくリラックスできている。求めていた時間だ。このイビサでは、パーティーは最小限にして、とにかく北のビーチへ、そして精神的にも体力的にもリフレッシュしようと決めていた。旅はこの後もまだまだ長い。このイビサではとにかくリラックスして過ごすようにしよう。ここはこれ以上無い理想的な環境だった。
とにかく起きて外に出た時のあの新鮮な空気感。特に朝の素晴らしさは言葉では言えないものがあった。鳥や動物達の鳴き声で朝が始まるあの感じ。そして澄み切った空気。求めていたものが今回あった。
また、この家にはWifiがない。あえてないのだ。自分はそもそもものすごくネットをする種族。それが家の中では強制的にやれないので、必然的にゆっくり過ごす事になる。これも普段はあまりない生活だった。ネットは1日1, 2回、近所のレストランで。

そして今回のこの家、泊めてもらってるのだけれど、最初からなんと家主が居ない。彼は忙しいのだ。なのでイビサに着いた最初からこの家に俺一人。調子が悪いわけがない。彼は途中計8日間帰って来ただけで、その前後の期間は結局俺一人でこの家に住む事になった。

洗濯機かけるのも、機械がスペイン語で書いてあって分からない。ネットで調べて、また単語は1コずつ翻訳機で調べて何とか理解できた。海外でこうしているのって、とにかく鍛えられている、って点はいい。


部屋の中に特にダンゴムシがいっぱい居る。居る分にはもう気にしてもしょうがないのでいいんだけど、踏んでしまわないように、端っこに居ないヤツは気が付くと外に出してやる。虫どころではない。イビサの守り神であるヤモリも家の中だけどよく見かける。ここは島なのだ。昔最初のうちはビビってもいたがもう慣れた。ゴキブリとムカデは絶対に嫌だけど、それ以外だったら大丈夫。


一番お気に入りのBeachへ。Secret。家の近くだ。4時着。人が一人も居なかった。俺だけ。やっぱりここはすっごくいいと思った。


やっぱイビサ、すごくいいなあ。ここまでの旅との180°の違いを感じる。イビサに来てから気持ちがホント落ち着いた。ブカレストまでは、物がどこいっちゃったんだろう、って事ばっかだったけど、今ここではそういう事ほとんどない。と言うより、色んなものを毎日取り出す事/必要性がないんだなあと知る。今のこの生活、この家での一人での生活、自分の状態のタイミング的にもこれ以上ない最高だった。

30分ぐらいしたら人が来出した。最初にバイクで来たカップル、向こうの方からOlaと声をかけてきてくれる。通りがかりにもQue tal? (How are you?)と。やっぱりこの島、最高だわ。こんな感じ、他の開けた街では有り得ないよ。ここで生活してるだけで、本当に心が気持ちいいもんな。

あと、前にある友達に、なんでイビサが一番いいの?って言われた。他にもたしかに同じように素晴らしい島はいっぱいあるだろう。これはもう思い入れ。昔からずっと好きできていた女の子の事を、何であのコが一番いいの?って言われるのと一緒だろうなあ。俺にはここなんだなあ、とつくづく思う。

帰りにSant Joanのスーパーへ。意外と小さく、でも聞いたらこの街にはスーパーこれしかないって。思ってた以上にこの北の方の街はこんな感じなんだ。Sant Carlesは街にはなくて、近くにあってももっと小さいって。
実際はこの倍ぐらい。


あっ、雲と月がまた不思議な感じになってる!と思って見ていたら、だんだん変化して行って、翼を広げた怪鳥になりました。




昨日今日と、ずっとこのclubberiaのKasのところ書いている。長い。。




翌日はCocoon Opening - Pachaへ。Cocoonは今年から、長年行ってきた月曜のAmnesiaを離れ、場所をPachaに移した。曜日も水曜日に。大きな変化だ。今年のCocoonは一体どんな感じになるのだろうか?
2時前には着き、Listの列も既にすごい並んでたけど、すぐ目の前に偶然に知り合いの友達が居て、運良く入れてもらって助かった。
やっぱ人すごい多くて、こういった混雑には正直最近少し食傷気味だ。


正直Cocoonに来るような他の友達みんなも同じだけど、俺自身もPachaに来るの自体が数年ぶり。LucianoがここでBagabundos始めた頃から、自分達には来るパーティーがもうなかったからな。

入ってすぐ左が新しくできたRoom2で、ここがよかった。Dorian回してる。ここがみんなの居場所だ。


思いの外、友達・知ってる人達すごくたくさん来ていて楽しかった。最初のうち居る人みんなが、ここはどこに居るのが正解の場所なの?ってみんな聞いてきてたらしくて、Cocoonの人達も分からないよ、って。みんな初めてだしそもそもPachaに来てないから。しばらく外に出てたけど、中盤からはフロアーの中左端にみんなで陣取ってからはすごく楽しかった。いつも居る人達がみんな居て、すごくいい雰囲気で楽しかった。けれど一度一人で中のメインのフロアーに行ってみたら、かなり違う雰囲気だったな。客層が。


人いっぱいで大変だったけど、ともかく全て1周した。今年Pachaは一部改装した。入口入ったとことか、入ってすぐの右のサブフロアーだったとことか、あと、あれ最近もあそこにしてたのか行ってないから分からないけどメインのブースの位置が昔行ってた頃と変わってた。2000年に初めてここ来た時の気持ちにまたなれたらなあ。


Room2に戻って来たら、まずもう居る人間が雲泥。別世界だった。2で遊ぶんだな、このCocoonは。2は悪くなかったな。
結果、最後まですごく楽しい時間だった。Shu、ありがとう。このRoom2の終わりと共に、まだ中やってたけど仲間と共に一足先に離脱する。afterはkm5だったみたいだね。うちらは別でアフターを。




そしてbeachざんまいの日々。

Cala de Sant Vicent



Cala d’en Serra
上の崖からの風景がやはり素晴らしい。ここもこの風景はトップ3に入って来る。





Portinatx


Xarraca


Beach Restaurantもいい感じ



今回は用事がない限り街にはあまり出て来ないようにしていた。そもそも遠過ぎるしw
この日は土曜日で、UGに行く前にPortの友達の店へ。あさっての月曜からAmnesiaでCocoonに代わって始まるNew Party『Pyramid』を始める友達から色んな話しを聞いてきた。あさってのオープニングはRicardoだ。


夜中はUGでEinzelkind b2b Dana Rueへ。


なぜだか分からないけどすごく疲れてる。日焼けと、海行ってない日は徹夜して書き物してる日々だからなあ。しっかりまだ休めてない。6時に終わってもう全然帰ろうと思ってたら、EinzelkindがCaveに行こう、って誘って来たけど、どうやら人が全然居ないと情報が入って、中止に。解散:))

帰って雨が降ってきた。今日は昼起きてSant Joanのマーケット行ってから2時くらいから晴れるからビーチに焼きに行こうと思ってたけど、これ月曜以降金曜朝まで今週は超ハードなスケジュールだから、もう止めてゆっくりしっかり寝る事に。



この日曜、ずっと寝続けたのが正解だった。月曜の午前3時過ぎ起きる。18時間寝た。大正解だ。とりあえずこの寝不足から来る疲れは完全に解消できた。
仕事のメール書いて、洗濯して、また寝ようと思ってたけど、7時になり外出て見たらすごく気持ちいい。朝の涼しさが本当に軽井沢と似ていて好きだ。

あまりに気持ちよく快調なので、ランニングへ。Sant Vicentの奥のまだ行ってみた事がなかった坂の頂上まで行ってみよう。
ゆっくり走り出す。気持ちいいな。まだあまり起きてる人居ない。イビサは朝は割とゆっくりめだ。




結構坂疲れた。ずっと舗装道路で、これは最後のとこ。


最後、景色が広がった。気持ちいい!太陽も目の前にちょうど出てきていて、すごくよかった。ここまで1時間。行ってよかった。帰り、歩いたり走ったりしながら帰る。いい運動になった。



帰って家の掃除して洗濯して、シーツも洗って、ストレッチもして。ハンモックで寝てるとホント気持ちいい。遊んでる時の自分、すごく好きだけど、こうしてちゃんとしてる時の自分もすごく好きだ。そうしてからBeachへ。

途中でこんなヤバいのも発見した。


Cala Xarraca




夜は今年初めてのDC10へ。先週は行かなかったから。
入口、長年リスト担当やってたいつもすごくよくしてくれた人が代わってた。が、今度はもっと知ってる友達だった。彼は今年からこれも長年やってた仕事を変えたようだ。時は移る。
バックステージ、また改装してた。いい感じになってたな。ブースもガラス張りで思い切り変わったんだね。



少し居て今夜は月曜Amnesiaの新パーティー『Pyramid』のオープニングへ。果たしてどうなんだろうか?期待し過ぎないように行った。


中入ったらもう2時ちょっと前だったけど、一番目のDJ、あの時間にして上げ過ぎだし少し別物だったな。
このパーティーではブースがデコられてて、しかもブース横のスペースが仕切られてバックステージになってた。


2時からSneakだったけど、やっぱり違う。正直ずっとつまらなかった。人もやっぱりCocoonと違うしな。

4時からRicardo。そのぐらいから裏でも遊び出し、急に楽しくなった。だけど少ししてすぐにもうSneakとのb2bだった。ずっと最後まで。自分は絶対に嫌いだろうなあと思ってたけど、これが何と、意外にもよかった。昔から何度かやってきていたって知らなかったけど、独特な組み合わせで、でもどちらもDJ上手いからはまってた。Sneak重いし。RicardoのMix見てたけど、すごい、やっぱ。すごい。

急に ”I like your music” と言ってきてくれた人が居て、「Mix聞いたけど、僕の曲も入れてくれててありがとう。ものすごくいいDJだね」と。最近自分的に結構ヤバい曲を連発しててチェックしていたOloだった。これは嬉しい。そして端から友達に “very famous DJ” と言ってくれる。お世辞2/3だろうけども、でも少し本気で思ってくれていて嬉しいし何よりこういうのはいつも自信になる。

相対的に今日のこのパーティーはどうだったんだろうな。俺は意外と楽しかったけど、いつもCocoonで会ってた人達、Ricardoだったのに意外とそこまでは集合してなかったな。半分はCocoonに来ていた人達で、半分は別の客層だった。島のみんなの意見も分かれていたな。事実翌週はSonjaだったのに俺行かなかったもんな。9/24はメチャクチャ楽しみだけどw でも楽しい夜だった。ありがとう。でも、大当たりの日のCocoonのAmnesia、本当に心から好きだったなあ。。






翌日はこの家の主が島に帰ってきてしばらく一緒の生活が。これはまたすごく学ぶところの多い、お金で買えないいい経験をさせてもらった。

この週は忙しかった。この夜は友達付き合いでCova Santaへ行ったり。


またもや素晴らしいお肉を食べに来たり。今日はBeef。


あ、それと、どうやらRALはRicardo and Lucianoでは全くないらしい事が判明しましたw

6/25発売したRolling Stone誌の上がってきた原稿の最後の直しする。これが思ってたよりも遙かに大変な作業となった。家の友達も、朝起きた時も俺が同じ場所で同じ姿勢で作業を続けているのを見て驚いていた。 これもう今書いている段階で既に発売になっているので、担当者の方に中の記事投稿してもいいか了承済みなので、ここにアップしておきます。昔の話しですが、一部の興味ある人には多分ものすごく面白い内容になっているので、お暇な方は拡大で読めるかもと思うので時間ある時でも読んでみて下さい。内容、完全保存版なので、この業界の人は1冊買っておいた方が後々いいですよ。











そしてこの週はさらにRhadoo Openingが。SW以来に会うRhadooに、黒くてよく見えないぞと言われた。この頃は相当に黒かった。
いい感じに楽しかった。中盤からの選曲、ものすごくツボにはまってたしdeepでいつもながら素晴らしいプレイだった。


終わって、RhadooにSonar行くべきかどうかどう思うか尋ねた。今年はもうここまでかなり色々とパーティーもtoo muchだったし、SWの時点で今年はイビサでゆっくりしたいから多分行かないと思うと彼らにも言ってたから。でも来た方がいいよー、という意見もあり、行かないが8分2分で迷っていた。行ったら行ったで、木曜の[a:rpia:r] showcaseはvenueが代わるのが若干不安材料とは言え結局今年も最高なのに決まってるし、その夜のfabric x Toi ToiのSecretはRhadooでこれも引き続きみんな居て楽しいに決まってる。けれど実際行くとなると今この日が6/7だったから、もうあと6日後には今居るこのイビサを出る事になる。その後はBerlinへ、と言うのは決めていたから、もうそのままイビサとはお別れする事になる。来たばかりだと言うのにこれはいくら何でも早過ぎた。彼らの木曜だけ行ってホテルも取らずに昼夜遊んでそのまま午後にイビサに帰って来る、と言うプランも考えた。でもそれで疲弊して帰って来て3日後の月曜かにはもうどっちにしろBerlinに向けて発つ、と言うのはいくら何でもイビサにリフレッシュに来た意味がなくなってしまう。

彼は、分からないよ、と笑いながら、もし行かないでイビサに残るんだったら、彼がSonarに行って留守になる来週を任せようと思ってたんだけど、との逆に考えてもなかった話しが。それを聞いて、あ、それはちょうどいいや、という後押しになり、その場でSonar取り止めは決定にした。来週回すのも嬉しいけど、まだイビサに数日延ばして滞在していられるのが自分的にやっぱりすごく嬉しいと実際感じた。今のここでの生活、本当に調子良過ぎるぐらい理想的な毎日だったから。Rhadooの木曜日のパーティーの代行は2年ぶりだ。



またある時は今の家から歩いてすぐの、女神Tanitが祀られている小高い山へ。ちょうどいいウォーキングだ。車で行く舗装道路もあるけど、歩いて登る少し険しい登山道もある。そんな簡単でもないけどそこまで大変でもない。でも1回目登った時は一体いつ到着するのかを知らないで登ってるし、もう少ししたら日も落ちてくる時間だったしで、思ったよりもハードだったけど、2回目には何だか楽に感じてた。行き帰りで計1時間。あれはすごくちょうどいい。


頂上まで登ると景色がよくて気持ちいい。



日曜はSant Joanのマーケット。ここの、ホント大好きだ。


人出はまあまあ。ここに来たらまずいつものビタミンMixジュースを飲むのがルーティンとなっている。


それにしてもヒッピーの人達のあの雰囲気は何なんだろうか?どうやればあそこまで出せるのか?見てて、彼らのあの雰囲気とかだけじゃなくて、どのジャンルでも何をやってる人でも、雰囲気がムチャクチャ出て来ないとダメだなあと強く思った。自分はどこまで雰囲気出てるんだろうか?ヒッピーの人達と比べるとあまりにも出てないけど。特に一人犬を連れていた老女に目が釘付けになった。あの犬との絆は何なんだろうか?犬のあそこまでの幸せに満ち足りた表情はあまり見た事がないぐらいだった。幸せとは?考えさせられる。


今日はサンセットの海の色がすごく綺麗だった。



翌日はAqua Blancaへ。これも家から5分ちょっとだ。


やっぱここもすごく好きだ。焼きたいので今日は陽が落ちるのが遅い側へ。左の遠くに見えるのがCala de Sant Vicent。


ビーチの後は愛しの犬達に会いに友人宅を訪問。ここではいつも本当にいい時間を過ごさせてもらう。


夜はたまにはportへ。
友達に会いに、ゲイストリートの奥の方のBarへ。



友達が持ってるスペイン携帯Yoigoの15ユーロで4GBまで使えるコース、調べて教えてくれた。翌日からさっそく稼働。今は継ぎ足し継ぎ足しで3ユーロ入れても300MB。300ってあっという間だって。どうりですぐ遅くなってるわけだ。これは飛躍的によかった。

この日もDC10行った。



ここのところ午前中に起きれる事が多くなってきた。嬉しい限りだ。

Palomaでランチ。ここのSoba Salada、ホント最高だ。



UG。この夏Baracのレジデントで6回行われる新パーティーのオープニング。客層は通常と違っていたがすごく混んでた。やっぱり彼のDJは素晴らしいのを再認識した。ちょっとまた段階が上がっていたな、あれは。


バックステージの壁にこれが貼ってあるのを発見。これは上がる。木曜日はオープンは最初店の方でやるから大丈夫だよ、と言われていたけど、最後にプレイしたのがKasでもう1ヶ月も間が空いてしまっていたから、逆にオープンから少しやっときたいと言い、頭から行く事にした。


いつものこの帰り道、好きだ。




いつも行くSant Vicentのスーパー。2日目から覚えてくれて色々とものすごく親切にしてもらった。ここに住んでいるローカルの人達の心、本当にきれいだ。


これまた1日置きに、ここのネットはこの近所で実は一番速い事が判明してからは最後の方は1日2回行ったりもしていたこれまた世話になったビーチレストラン。この島では人の気持ちが沁みる。特にこのnorthでは。店出る時いつものマスターがウインクするあの感じ、本当にこっちの人達は絵になる。日本人でそういう人、ほとんど居ない。昔逆に男が男にウインクするんですか??って俺驚かれてしまったからな。世界のどこもがその感じではないにしたって、それにしても日本の感覚は国際感覚と比べた時、実際ムラ社会過ぎてしまっているよ、本当に。ムラの中だけにずっと居るとその事実に気付かないよ。若い人達、君らはもっと頻繁に出ろよな。日本で、世界と ”attitude” でも渡り合える人が増えてきて欲しい。


この日は友達が、すごく美味い寿司屋を見つけたから、と言ってSant JordiのSushi Umamiへ連れて行ってくれた。
魚は全部イビサで獲れた新鮮なやつだって。特別だと言うトロは中トロだな。美味しかった。でもやっぱり日本の寿司のホントにいいとこのレベルは段違いなんだなあと思う。


帰りに今回初めてPlaya ‘den Bossa通った。感動はない。Spaceももうないからもう用事自体も今はあまりない。長年お世話になってきているFigueretasのAsia RestaurantでIndonesian Fried Riceとspring rollをtake awayして帰る。


早朝、島を出る友達を空港に送った帰り、昨日行ったその寿司屋通ってWifiやって帰るなど、苦労はしてたw


ここは、鶏も普通に道を歩いてる街。


Berlin行き、来週火曜夜の直行がこれだけ乗り換えなしだししかもそれでいて段違いに安い。月曜、火曜どうしようかなと思ってたけど、これにしよう。



そして木曜のUnderground。結構早く着けた。



https://www.facebook.com/events/448712855599851/

23時のオープンからプレイ。最初、ピッチ合わせがピタリと決まらなかった。Mixの混ぜ方も下手だ。思ってた以上にブランク大きいと感じた。そして曲が頭から出て来ない。なので、最初1時間だけの予定が、結局2時間ぐらいずっとやってた。その後半の方でだいぶ感じ戻してきた。
一回代わってもらって、3時から最後までまたやった。今日はとにかくお客さんが壊滅的に来なかった。その点では厳しい日だったな。その中でも来てくれてる友達、ホントありがたいよ。感謝しかない。去年に続いてMusic Onで長年VJやってるTon Tonも来てくれた。間の時間に話せてよかった。

後半は結構danceな選曲でやった。普段かけた事もないような曲もこの日色々試してみた。
フロアーに人少なかったが、終わりがけに、最初にも少し喋ったロンドンから来たと言う人が、「すごくよかった、Londonに呼びたい」と言ってくれたりもしたのはありがたい反応だった。本当にいつも思う。お客さんは本当に神様だよ。
後半はもう耳栓使わないで両耳使ってほぼやってた。左耳塞いでやってると、実際やっぱり聴き分けられないよ。
この日はまたいい経験になった。


帰りがけ、Santa Euraliaに寄って帰る。この街はまだほぼ探索できてないから近いうちに昼間のちゃんとした時間にしっかり時間を取りたい。裏手にもいい感じのレストランもいっぱいったな。



家のシャワーの排水がムチャクチャだめになってしまっていたので、前述のスーパーで教えてもらってこれとかでやったら完全によくなった!このポンプも1日持って行ってっていいよ、と貸してくれたりと本当に地元の人達の親切が身に沁みる。


いつものbeach restaurantに実は来店客専用の駐車場があるのを発見。今日はそこに駐めてお店行ったらもう閉店するところで、うっかりそのまままだやってる他の店に行ってしまった。そしたら、、、


レストランの駐車場に駐めっ放しにしてたの忘れてて、何とチェーンがかかって出れなくなってしまった。。
これは完全にアウトだった。もう店はとっくに閉まっていて人は居ない。両端にカギがかかってるこのチェーン、持ち上げてなんとかその下を車が抜け出せないかと見てみたけど、明らかに長さが足りない。ああ、明日の昼前に店が開くまでもう車出せない。とりあえず今はまだ幸いに家が歩いて帰れる距離だから、道に灯りなんかないこの真っ暗な中歩いて帰るか、、、と思ったところ、最後の1チャレンジで、うまく言えないけどこの右側にも出れないようにチェーンはかかっていたんだけど、その一番端っこがカギが外れてなんとか脱出する事ができた。が、あれは彼らの優しさだろう。二度はないと思え。でもあれ、ま隣にたまたま車が駐まっていなかったから車動かせたけど、左にも同じように車居たらもう完全にアウトだった。今日はまだ運良くラッキーだったけど、こういうのを本当に教訓にして、次はもっとど田舎で帰るところも朝まで本当にどうにもならないシチュエーションでこういう事になるのを防がないといけないと肝に銘じた。いいお灸になった。



寝たのは遅かったけど、翌朝は10時半と早起きして先週に続いてまた山登り。前回よりもだいぶ楽に感じた。今回の旅で、早起きして何かやるのは本当にいいなと学んでいる。こういう習慣は東京戻っても出来れば続けたいんだけど。。


それにしてもここのところイビサに来てからお菓子をめっきり食べなくなったなあ。健康的なこの家に居るせいもあるかもだけど、いい事ではある。


この日はSant Vicentのbeach、車の駐車が今日マジで半端ない!6月中旬入って今日土曜日だ。今日からすごい!ボチボチ今週末からもうシーズンが始まった感じかな。

と言ってもビーチはまだこの程度だけど。


友達とdinner。この日のみんなは、DJだったり、PikesだったりDestinoだったりのマネージャーだったり。

今日はSole食べた。女の子達のcalamariとかシチューも美味しかったな。


いい店だったし、ナイスdinnerだった。




いよいよあさってにはイビサを出る。この日は最後の日曜日。この日のマーケットは大当たりだった。



人もいい感じで多かったし、何より買物が大当たりの日だった。フリーマーケットなのに、全部で128ユーロも買い物した。

ここ数年の懸案だったポーチもすごく気に入ったの見つけたし:)


これ買い物した隣に同じくお店出していた先週も居た日本人の女性が、日本語でかけてきてくれ話した。7年Sant Joanに住んでるらしい。



最後のAqua Blancaへ。遅くなった。beach入ったのもう4時過ぎになってた。今日はもっと早くに来たかったけど、買物とかで時間かかったから仕方ないな。


でももう6時ぐらいから曇ってきちゃって完全にダメ。諦めて上がって、Sant Carlesの街へ。
日曜だから結構お店も閉まってるけど、やっぱりこの小さい街は最高だ。


居る人達みんな集まってワールドカップドイツ戦見てた。


このアイス屋は、スペインで12の美味しいアイス屋に選ばれた、って書いてあって、食べてみたら、これまで人生で食べたアイスの中で一番美味しかった。あれはちょっとビックリした美味しさだった。


そして一軒の服屋を見つけ、最初外にあった小袋が何か気になったからこれ買おうと思って中入って何気に見てたら、ヤバいもの続々。1時間ぐらい居て試着もさんざして、bagとTシャツ2着買った。全てが素晴らしい買物だった。先週の2着も含めて、イビサで今回こんなに買物したの初めてだ。でも日本にないいい物すごく売ってる。今日は超shopping dayだった!


そして最高に美味しいピザも! 座って食べてたら、前に座ってた子供連れた女の人が写真撮ってくれ、帰りも遠くから声かけてきてくれた。イビサ、本当にいい。このピザ屋にも中の壁に書いてあったけど、”smile”。ここはそういう島なんだ、と実感する。前に書いたように、友達になんでイビサがいいの?って聞かれたけど、これが大きな一つの理由だなと再確認した。


最高だよ。ホント。





家帰ったらあさってからのBerlinのアパート、confim来た!これで安心。

夜は最後にUGへ。今夜はNima Gorjiのレーベルパーティーだった。最後に仲間に会えて嬉しい。UGにも自分のDJの後、最後に行けてよかった。
行きの道で何度も小動物が飛び出して来る。あれ、もっとスピードも出してたら避けられないよ。特に島の中を横切る道は、夜中は車ほとんど走ってないから、動物も出て来てしまう。なので中の道、夜中は逆にスピードあまり出せないと思った。35分かかった。やっぱり遠い。でも、日本と違って信号がなく一回も止まる事すらないから、距離はその分かなり長く走っているのだろうけど、イライラする事がない。日本は信号でいちいち停まり過ぎるからストレスがすごいんだよ。

お店の事務所にWifiあるからやってたら、何と日本での今朝、大阪で震度6の大地震があったのを知る。結構な事になっているようで、大丈夫だろうか。ここ数日、家にネットがないから毎日cafeには行くけどそこでは自分の事のチェックで精一杯で日本のニュース全く追えてなかった。前に熊本大地震の時もやはりBerlinに来ていた時だった。今でもまだ実際の状況分かりかねてるけど、みなさんの無事を祈ります。



最終日前日、最後にずっと昔から何年も泊まってものすごくよくしてもらってきたFigueretasのホテルアパートに行ってみる。もう車駐めるのが大変過ぎ。やっぱ街中はこれがあるから嫌だ。いつもの女の子居た。行くといつも本当に喜んでくれ、耳の心配もしてくれる。

そしてこれも長年お世話になっているRestaurant Teppanyaki Asiaへ。ここ美味しいし、ここの店悪くない。お客が少なくてつぶれないで欲しいので載せておきます。ここ、ホントみんな行くといいよ。海外で重宝する店だ。


友達の家に1時間ぐらい寄ってから、最後にSanta Euralia


電気自動車の充電もあった。初めて見たな。




翌日は夜の便で、いよいよこのイビサとはお別れ。9月にまた来るまでの別れだ。今回これで4週間弱。ちょうどちょっとこの隔離さに疲れてきてた。昨日街中行ったけど、やっぱり夜もお店空いてて人も適当に居るのもいい。今回ちょうどいいリフレッシュになった。ちょうどいいタイミングでBerlinに行く感じだ。そして次は今回とは全く逆の駅の真ん前の超利便性のいい部屋だ。まあ逆にいいだろう。
さあ、次の地はBerlinです。この日は6/19。

PREV
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.52 Pioneer DJとsynthesizerとショールーム
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.52
Pioneer DJとsynthesizerとショールーム
NEXT
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.51 MUSIC Tribe エクスペリエンスセンター
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.51
MUSIC Tribe エクスペリエンスセンター