BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.95:Beat In Me feat. Petre Inspirescu



 

11/14

みなさんお元気ですか?
さあ、まず今回は、大きなパーティーの告知を2つ、先にさせて頂きたいと思います。

まず一つはこちらです!! もうこちらは説明不要でしょう。2年に1回しかやらないと決めている最大のイベント。来年はその年に当たります。来年の春、このシーンの世界のNo.1が再び日本へ! RPR SOUNDSYSTEMがLIQUIDROOMに還って来ます!





RPR SOUNDSYSTEM @LIQUIDROOM


Saturday, 30 March 2019

ー 1F LIQUIDROOM ー
RPR SOUNDSYSTEM (Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh / [a:rpia:r])

ー 2F LIQUID LOFT ー
TBA


Facebook Event Page : https://www.facebook.com/events/270664033620557



ー 世界のミニマルアンダーグラウンドシーンの最高峰・RPR SOUNDSYSTEM (Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh / [a:rpia:r])が、2年ぶりに来日! LIQUIDROOMに帰還する!! ー

近年の世界のアンダーグラウンドミュージックを席巻するルーマニアン・シーンのボス、Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh。日本のクラブシーンにとって歴史的な出来事となった2015年のRPR SOUNDSYSTEM名義のこの3人での初来日公演、そしてオフィシャルVJ Dreamrecを伴った究極の完全体での来日を実現した前回2017年の2公演は、そのどちらもが最高と言う言葉では言い尽くせぬほどの夢のような素晴らしい一夜となり、我が国のアンダーグランドシーンにいつまでも語り継がれる偉大な足跡を残す事となった。

そして2019年春、彼ら3人が再び日本でのホームであるこのLIQUIDROOMに還って来る。近年、ヨーロッパを始めとする世界のシーンにおいて、彼ら3人による[a:rpia:r]を主体としたこのルーマニアン・サウンドの躍進はさらに目覚ましいものとなっている。エッジの効いた前衛的な層の人々はもちろんとして、より一般のクラブミュージックを愛する層に至るまで更にその支持を広げ続けており、彼ら3人の世界のシーンにおけるその立ち位置も、年を追う毎にこれまでとはまた違う次元での更なる高みへと上昇している。

2015, 17, そしてこの2019と、このRPR SOUNDSYSTEMは2年に一度しか招聘しないというコンセプトで行われている。この特別なアーティスト達による、日本国内では本当に貴重なこの公演、間違いなく素晴らしい特別な夜をお約束する。過去に体験した事のある人も、またまだ体験した事がないという人も、この3/30のRPR SOUNDSYSTEM 特別公演、どうかくれぐれもお見逃し無く!


ー RPR SOUNDSYSTEM ー

現行の世界のシーンにおけるトップの一人であり同時に現在世界を席巻するルーマニアのシーンの事実上のボスであるRhadoo、卓越したプレイはもとよりその生み出される作品群が世界最高峰の評価を獲得している唯一無二のアーティストPetre Inspirescu、’14まで所属したCOCOONなどでのワールドワイドな活躍により3人の中でも特にメジャーシーンにおいても抜群の名声を確立しているRareshの3人によるスペシャルユニット。このRPR SOUNDSYSTEM名義で出演するイベントは、世界でも彼らによって選ばれたトップイベント・フェスのみで、年に数回しか実現する事はない。
‘07に設立したレーベル[a:rpia:r]は世界中のアンダーグラウンドシーンでカルト的な支持を集める。’13, ’14には、ミックスCDシリーズの世界のトップブランド『Fabric』に3人が立て続けに起用されるなど、不動の人気を誇るシーンのカリスマ的存在。近年においては年を追う毎にますますその人気と地位は高まり続けている。

http://arpiar.ro/



・clubberia TV - Event Report
2017.04.01(Sat) RPR SOUNDSYSTEM with Dreamrec VJ @LIQUIDROOM (アフタームービー)


・2017.04.01(Sat) RPR SOUNDSYSTEM with Dreamrec VJ @LIQUIDROOM (プロモムービー)




早割チケットは既に売り切れとなりました。ご購入頂いた方、誠にありがとうございました。次のグループ早割(4p)/14,000円(数量限定)は、1/11(金)正午から、そして一般前売り/4,000円は、2/1(金)正午より発売されます。このclubberiaでも購入出来ますのでみなさんよろしくお願いします。https://clubberia.com/ja/events/283150

早割 - Early Bird (SOLD OUT)
3,500yen (100 Limited)
12/14(fri) 12:00~
clubberia, RAにて

▼グループ早割(4p) - Group Early Bird 4person
14,000yen (Limited)
1/11(fri) 12:00~1/31(thu) 23:59
clubberia, RAにて

▼前売 - Standard Advance
4,000yen
2/1(fri) 12:00~(予定)

▼当日 - Door
5,000yen


 





さあ、続いてもう一つ。毎年2月には僭越ながら私RAHAのバースデーパーティーを行わせて頂いております。今年の2月はRhadooを迎えてのあの素晴らし過ぎたパーティーでしたね。そして来年は、いよいよ僕の念願のこの人を迎える事ができました。




つい先日、次回のBeat In Meの発表を既に行いました! そう、次のゲストにはPrasleaがいよいよ登場します! 昨年11月のあのPraslesh(Rareshとのスーパーユニット)での来日公演に来て頂いた方はもうお分かりでしょう。Praslea、この人は特別なんです。その彼の単独での招聘がやっと実現致しました。これもまた絶対に見逃さないで下さい!特別な回です。来年2/16(土)、今からお楽しみに!



『Beat In Me feat. Praslea』

16th February 2019 (Sat) @Contact Tokyo

ー Studio ー
Praslea ([a:rpia:r], Understand / Romania)
RAHA (Beat In Me)

ー Contact ー
Wada Yosuke (soundbar mui)
Shake M (ARTEMIS)
Tanukeep (RICE from Nagoya)
Mikio Kaminakamura (Sundance, UNTITLED RECORDS)


Open 22:00
¥1000 Before 11PM
¥2000 Under 23
¥2500 GH S Member
¥3000 w/f
¥3500 Door

Facebook Event Page : https://www.facebook.com/events/420222618515587/



ー 世界を席巻するルーマニアンサウンドを体感 ー

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻中のルーマニアンサウンドを紹介するパーティー“Beat In Me”がContactにて開催される。

今回のゲストには、ルーマニアの不動のトップ3である[a:rpia:r]のRhadoo, Petre Inspirescu, Rareshに最も迫るDJであり、ルーマニアの数ある才能の中でも頭一つ抜きん出た存在として誰もが認める若き天才Prasleaが登場する。2013年からスタートしたRareshとのユニット “Praslesh” では近年では世界中のFestivalのメインステージで引っ張りだこの存在となっており、2017年11月にBeat In Meが行ったそのPraslesh初来日ツアーでは、東京、大阪共にまさに最高の素晴らしいプレイを披露し、既にRPR Soundsystemなどで誰もが認知していたRareshと共にPrasleaの名をこの日本でも一気に広める事となった。
今回そのPrasleaが満を持しての単独での登場。私たちBeat In Meも長く待ち望んでいた待望の公演が遂に実現する。オープンからは、この日が毎年この2月のパーティー恒例のバースデーバッシュとなるBIMレジデントのRAHAが18年2月に続き、ロングセットで場を温めていく。

一方のContact Floorでは、この後Berlinへの移住が決まりその前最後のギグとなるShake M、千葉Muiからの実力者Wada Yosuke、Fumiya TanakaのレーベルSundanceなどから立て続けにリリースを連発しているMikio Kaminakamura、Beat In Meとしてはレアなケースの地方からの参加となる名古屋のTanukeepの4組が出演。1日通して隙のない非常に楽しみなラインナップが組まれる事となった。

世界のダンスミュージックの最前線、そしてグルーヴをリアルに体感して欲しい。



Praslea ([a:rpia:r], Understand)

[a:rpia:r]以降のルーマニアの数ある才能の中でも頭一つ抜きん出た若き天才Praslea。彼は[a:rpia:r]初期のコンピレーションEPやルーマニアのCezar, Kozoと共に運営するレーベルUnderstandでの活動で頭角を現した。特にUnderstandからはPrâslesh名義での現段階における唯一の作品“Out Of Time EP”をリリース。ルーマニアンミニマルの方向性を決定付けた傑作として風化しない魅力を放っている。しかし楽曲制作もさることながら、彼が何より本領を発揮するのはそのDJプレイにおいてである。現在は欧州各国にて[a:rpia:r]の3人に迫る勢いでギグをこなす日々を送っている。国内でもその影響力は伝わっており、2013年にClubberiaに提供されたMixは6万再生を記録、300前後にのぼるClubberia podcast seriesでアクセス数、「いいね」ともにトップを記録し今なお継続中。一際アンダーグラウンドでありながらも[a:rpia:r]の3人に匹敵する高い実力によって確かな評価を得ている存在だ。[a:rpia:r]のRareshとコンビを組むPrasleshは[a:rpia:r]クルーに迫る勢いを持ったスペシャルなユニットとして、世界各国のフェスティバルやパーティーにて絶大な人気を誇る存在となった。2017年11月に行われたPraslesh初来日公演では東京・大阪のコアなファン達を熱狂の渦に陥れる最高のプレイを披露した。


 




さあ、reportへ参ります。気が付くともう12月に入って既に数日が経っており、今年ももうあと残すところ本当にわずかとなりました。このreportも、まだ9, 10月の旅の分がそっくり手付かずで残っていますね。こちらも急いで書き上げアップしなくてはいけませんが、今回はその前に、先月11/9に行われました東京でのパーティー『Beat In Me feat. Petre Inspirescu』のレポートを簡単にさせて頂きます。







『Beat In Me feat. Petre Inspirescu』

9th November 2018 (Fri) @Contact Tokyo

ー Studio ー
Petre Inspirescu ([a:rpia:r] / Romania)
RAHA (Beat In Me)
Nehan (ARTEMIS)

ー Contact ー
KABUTO (DAZE OF PHAZE / LAIR)
Taro
Kikiorix
Machiko b2b Atsuki (Street Smart)


Supported by COCALERO


Facebook Event Page : https://www.facebook.com/events/1872562082837079/



ー 世界を席巻するルーマニアンサウンドを体感 ー

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻中のルーマニアンサウンドを紹介するパーティー “Beat In Me”。最高のパーティーだった2月のRhadooとのパーティーも記憶に新しい。
今回のゲストには、ルーマニアの不動のトップレーベル [a:rpia:r] を盟友のRhadoo, Rareshと共に主催し、ソロとしても、またこの3人でのDJユニットRPR Soundsystemでも世界中のフロアをロックし続けるシーンの最重要人物Petre Inspirescuが登場。Contactでは今回が初のプレイとなる。その高いスキルと類い希な音楽センスによって生み出される常に安定した極上のグルーブは、世界中の耳の肥えたクラバー達を虜にし続けている。また一方で、彼から生み出される楽曲群はまさに世界最高水準と言うべきクオリティーを誇る、まさに唯一無二の孤高のアーティストである。
Studioには加えてこの8月に世界のミニマルシーンのトップフェス ”Sunwaves” への出演も果たしたばかりのBIMレジデントのRAHA, そしてARTEMISのNehanが出演、Contactフロアには、KABUTO、Taro、Kikiorixという豪華な国内トップクラスの面々に加え、Machiko、Atsukiと言った若手有望株も名を連ね、両フロアーとも目の離せない渾身の一夜となる。世界のダンスミュージックの最前線、そしてグルーヴをリアルに体感して欲しい。


Petre Inspirescu ([a:rpia:r])

ルーマニアの不動のトップレーベル [a:rpia:r] を盟友のRhadoo, Rareshと共に主催し、ソロとしても、またこの3人でのDJユニットRPR Soundsystemでも世界中のフロアをロックし続けるシーンの最重要人物Petre Inspirescu。その高いスキルと類い希な音楽センスによって生み出される常に安定した極上のグルーブは、世界中の耳の肥えたクラバー達を虜にし続けている。一方、特筆すべきその全ての楽曲においては、まさに世界最高水準と言うべきクオリティーを誇る唯一無二の孤高のアーティスト。'07年にスタートさせた[a:rpia:r]は、レーベルとしての地位を瞬く間に獲得するにとどまらず、世界中でカルト的な支持を集めシーンでの絶対的な地位を構築している。自レーベル[a:rpia:r]からの数々のリリース群はもちろんの事、2015年にmule musiqからリリースされた『Vin Ploile』は海外メディアXLR8Rで2015年ベストアルバムに選ばれた。同時にまた、幼少からのクラシックミュージックに対する深い造詣とその情熱は、2018年春、ブカレストに於いて自身のPrivate Gallery and Classical Concert HallであるYojik Auditoriumをローンチするに至った。

- 掲載Media -
こちら、パーティー前に告知で取り上げて頂いた各情報サイトの皆さんです。いつもありがとうございます!もし僕がうっかり気付いていないところがありましたら済みません!

・RA Japan
https://jp.residentadvisor.net/feed/107478

・HigherFrequency
https://higher-frequency.com/news/petre-inspirescu-raha-beat-in-me-contact

・BANANA
https://bnana.jp/products/beat-me-feat-petre-inspirescu-181109/

・PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000450.000024165.html



パーティー前にはいつものように様々なお店・店舗でフライヤーやポスターの告知の協力をして頂きました。みなさん、ありがとうございました。

Unit


Technique


EN-SOF



彼、今年はとにかく忙しいんです。中でも特に大きなニュースがあって、彼は幼少の頃からClassic Musicに精通していて、という事は日本でももう多くの人が知っているところだと思いますが、その情熱は遂にこの春、ブカレストの中心地(なんとこれがclub Guesthouseのま隣。と言うか同じ建物内)になんと自分のConcert Hallを作るに至りました。その名も「Yojik Auditorium」。そしてこのホールで定期的に自分以外の他のミュージシャンの演奏会をプロデュースしているのです。実際この11月も日本を離れブカレストに向かった何と翌日にピアニストのリサイタルを催していました。


そしてこの3月にはブカレストのGaleria H3にて、自分自身のピアノリサイタルを行っていました。こちらがその映像です。さぞや素晴らしい雰囲気の中で行われた事と思います。


そう言った色々な状況もあり、結局今回に限っては、東京でのギグ1本に絞っての来日と今回なりました。


Pedro (Petre Inspirescu)とは、前回の章で書いたように8月のSunwaves24で彼の前に回させてもらって以来の共演。なので、つい最近の事になりますw 僕もこの10月まで再びイビサに居りましたが、このパーティーの準備のために10/18には帰国。パーティーまで3週末残っていましたので、駆け込みですが何とかいい準備をする事ができ、彼の到着を出迎えます。


いつもは数日前から東京に到着している彼ですが、今回ばかりは本当に時間がないらしく、パーティー前日に日本着です。

今回は空港でWifiを借りて。事前に空港のレンタル会社全部回りましたが、僕らのケースではここが一番安かったですよ。


今夜はDOMMUNE。いつものようにまずは僕から。



今日は、データしか持ってない最後の3曲以外は全てレコードでやった。今日は次のPedroが、エクスペリメンタルなのしかかけないって言ってたから、俺もそれに繋げるので渋いロー目のミニマルなのでずっと行こうと思ってた。いつもよりもずっとあまり抑揚の付けないプレイだったのではと思う。時折危ないとこもあったが、23時まあ無事にPedroにバトンを渡した。彼、意外とクラブプレイの選曲でやってたな。気分が変わったのかw



いずれにしてもローなグルービーなプレイに徹してた。ネットなどでの評判もすごくよかった。さすがの素晴らしいプレイだったと思う。明日がいっそう楽しみになった。




翌日。予定していたdinnerはこの日はナシになり、オープン前のサウンドチェック。Contactのメインフロアーの音、気に入ってた。
そして22時にオープン。
メインフロアーはNehan。ゆっくりと人入っていった。彼のオープンのプレイ、すごくよかった。Beat In Meのメインフロアーのオープンにfitしたプレイをしてくれた。


Loungeの方ではMachikoとAtsukiの若手2人にオープンを託していた。僕の考えでは、最近特に、パーティーにおいてこのオープニングの重要性をすごく感じている。Beat In Meでは普段あまりしない若手の抜擢となったが、彼らにも事前に自分の考えやパーティー観といったものをしっかりと伝える機会を作った上でのこの日だった。二人ともいいプレイをしてくれた。



メインでは0時から僕の出番。ずっとローなテンションでやった。悪くなかったけど、前半ちょっとローにし過ぎた感あったかなw



最初のうちフロアー前の方で団体の外人さん達がずっと大きな声でお喋り。正直うるさかった。1時間ぐらい我慢してたけど最終的に店の人に言って注意してもらったら静かになってくれた。。他の人のパーティーではみんなああいうのただそのままにしてるのかな。

僕の時間は00:00~02:30。1時半を境に上げていった。フロアーから声が少し上がるようになってきた。でも今日はやってて、自分でいいのか悪いのか分からなかったな。でもDJ終わっていつもプレイを聞いてくれてるような人達に出来を聞いたら、すごくよかったと。う~ん、時としてDJは本当に分からん。

この日のプレイの同録を、先日モスクワのmedia project『RROOM MUSIC』の50回記念となるPodcastとして提供しました。反応は他のアーティストと比べてもまあ悪くない。正直、2月のRhadooの前に回した時の同録に比べると勝ってはいないと思いますが、思いの外悪くはないようなので、よかったらみなさん是非一度聞いてみて頂けたら嬉しいです。

『RROOM PODCAST 050 - Raha』



Pedroとは2:45に交代。その前結構上げもしたが最後数曲しっかりdeepに落として交代。悪くなかった。彼落ち着いてたなあ。代わってずっとキープ。さすがだった。



一方、Bar Floorの方は、00:30からはTaroが登場し、お客さんをしっかり掴んでいたようですね。僕はこの時間回していたので見れなかったのが残念ですが。



続いてはKabuto。ビートの効いた強めのプレイでLoungeも活気づいていた。



フロアーを定期的に何度も行き来していたけれど、Pedroのプレイはさすがだった。フロアーも色んなポイントで聞いてみたけど、後方のスピーカーの位置を前にずらして変え、またこの日から(?)アンプも変えたという事で、フロアー内の音は前より確実によくなっているように思った。Pedroも、決して大きく出し過ぎる事なくまたローが必要以上に強く出過ぎる事なく、最後まで非常に気持ちのいい、あのジャンルの音に対しては実に適切な音量でかけていてさすがだった。僕も気が付く度にフロアー内で踊っている人達に常にリサーチしていたけれど、選曲、音量等共に、「このまま何も変えずにいつまでも続けていてくれればオッケー」 という意見が大多数を占めていました。人によっては様々な意見があるかとはもちろん思いますが、僕も自分で判断して常にそのように感じていました。




この日は午後からの小雨が時折降ったり止んだりという天気。その分夜のこのパーティーには、音でなくただ騒ぎに来てるような人は限りなく居なく、決してそんなに混みはしませんでしたが、Contactの店内全部がこの音に興味を持つお客さんで満たされた非常にいい雰囲気のパーティーとなりました。今回東京1gigと言う事もあり、この日は地方からも多くの人が遊びに駆け付けてくれて来ていました。





この日もCOCALEROさんにパーティーをサポートして頂いていました。みんな美味しいお酒が進みます。ありがとうございました!




LoungeのシメはKikiorix。引き継いだKabutoからのテンションを崩さぬ入りで、ここ最近の普段の彼のプレイとはまた違った側面をこの日は見せてくれた。


Pedroのプレイ、一晩通して素晴らしいものでしたが、特に5時半~6時を過ぎた辺りから、残ってフロアーで踊ってくれていたお客さん達のバイブスと合わせて、特に素晴らしい事になっていた。Pedroのプレイも完全にゾーンに入ってた。7時終わりでいいかな、と本人とも話したが、結局また楽しくなってしまったらしく7時40分終了。最後ずっといいお客さんが前の方にたくさん居てくれ、本当によかった。最後の方は完璧なパーティーでした。みんなありがとう!




こうしてパーティーは終わりました。以下に翌日のFBの投稿を。

 


ー パーティー翌日にアップしたFBコメント ー



(Japanese then English)

金曜日の 『Beat In Me feat. Petre Inspirescu』 に遊びに来て頂いたみなさん、誠にありがとうございました。

Thank you very much to everyone who came to "Beat In Me feat. Petre Inspirescu” last Friday.

当日は午後からの小雨が時折降ったり止んだりという天気でしたが、その分夜のこのパーティーには、何やってるかよく分からないけどとにかく来ちゃった、って言うようなお客さんが非常に居なくて、決してものすごくは混みはしませんでしたが、Contactの店内全部がこの音に興味を持つお客さんで満たされた非常にいい雰囲気のパーティーとなりました。今回のこのPetre Inspirescu公演は、事情によりこの東京1公演のみとなっていたため、東京近郊以外の地方からも多くの方が遊びに来てくれていました。僕の知る限りでも、北海道、三重、名古屋、福井と言ったところからこのパーティーのために駆け付けてくれた志を同じくする友人達が居て、さすが[a:rpia:r]の一人だ、と今更のように実感できました。

両フロアーの各DJの人達も、各自の役どころをしっかり理解してくれていて、その時々の場の状況も踏まえたプレイでお客さんをしっかり掴んでくれていてさすがでした。

僕の回したStudio Floorの方では、オープンからのNehanがどっしりしたプレイでお客さんをHoldしてくれ、僕が代わった0時からは当分の間はdeepな時間を積み上げていくプレイに徹し、Pedroに代わる前1時間ぐらいから少しエナジーを強くしていきました。この日のプレイは自分ではやっていていいのかたいした事ないのか分かり切れないところありましたが、明日以降に届く同録を聞いてみて確認したいと思います。みなさん楽しんで頂けていたら幸いですがw

メインゲストのPetre Inspirescuは2:45ぐらいからの登場。前日のDOMMUNEでの素晴らしいプレイからの流れもあり、この日は来場者のみんなの期待値も高かったと思うのですが、さすがのプレイでしたね。終始安定した、形で言うと台形状のプレイと言うか、要は広く厚くはなり過ぎないけれど下部(低音方向)がウエイト多く、黒く安定したグルーブのプレイと言うか。人によっては、いつもよりも少しあげているプレイという表現をする人も複数居ましたが、流れで聞いていて自分はそうはさほど感じませんでしたが。 フロアー内、全ての地点を何度も探索していましたが、Contact、僕の記憶は2月のRhadooの時とかと比べての話しになりますが(ずっと日本居なかったし)、後方のスピーカーの位置を前にずらして変え、またこの日から(?)アンプも変えたという事で、フロアー内の音は前より確実によくなっているように思いました。最初のNehanもすごくいい音出していたし、メインのPedroに代わってからも決して大きく出し過ぎる事なくまたローが必要以上に強く出過ぎる事なく、最後まで非常に気持ちのいい、あのジャンルの音に対しては実に適切な音量でかけていてさすがでした。僕も気が付く度にフロアー内で踊っている人達に常にリサーチしていましたが、選曲、音量等共に、「このまま何も変えずにいつまでも続けていてくれればオッケー」 という意見が大多数を占めていました。人によっては様々な意見があるかとはもちろん思いますが、僕も自分で判断して常にそのように感じていました。

Pedroのプレイ、一晩通して素晴らしいものでしたが、特に5時半~6時を過ぎた辺りからの最後の1時間半~2時間は、残ってフロアーで踊ってくれていたお客さん達のバイブスと合わせて、特に素晴らしい事になっていましたね。実際、あの時間を最後に作れるかどうかが、一流と超一流の違う点でもあると僕は思ってもいるので。実際彼もRhadooもPrasleshも、いつも確実にそうしてくれていますが、今回も期待を裏切らずにしっかりとあのamazingな朝方以降の特別な空間を作ってくれて、見ていてやっぱりすごいなと思いました。
最後は7:40に終わりましたが、あの6時以降ぐらいの時間にあんなにたくさんのお客さんがメインフロアーに残って踊ってくれていた事、そしてこの日の来場者のみなさんがすごくいいバイブスをフロアーに最後まで出し続けてくれた事、とても感謝致します。みなさんありがとうございました。

唯一、早い時間から遊びに来てくれフロアー前の方に陣取っていた集団の外人のお客さん達が早い時間にずっとそのフロアー内で大きな声で喋っていたのが、0時に僕がDJ代わってからもずっと気になっていて、最初の1時間は正直ストレスを感じてのプレイでしたが遂に我慢できずにお店の従業員の人にフロアーでは大声で喋るの少し止めて下さいねと言いに行ってもらってからは、彼らすごくよく言った事を聞いてもらえてその後ずっとピュアに音楽を踊りを楽しんでくれていたようで助かりましたw ああいう方達はただ遊びをまだあまり知らない経験値の少ない人達と言うだけで、店やオーガナイザー側で嫌な感じにならないように言い方だけ気を付けて注意すれば以後は改めてくれる場合がほとんどのようにも思うので、東京のクラブシーンの正しい方向へのeducationという意味でも、今後他のパーティー・クラブでもあのまま放置する事を止めていく事が必要なのではないかと僕は思います。昔からairでパーティーやっていた時もそういうお客さん居たら注意してきましたし。そうして防いでいかないとパーティーの目指すクオリティーは守られないと思います。そしてお金を払って音楽だけでなくパーティーのそのクオリティーを楽しみに来ている他のお客さんや長年サポートしてきてくれているファンの人達に対しての信用も失墜していくでしょう。他の全オーガナイザー・クラブ側も、そうした際に多少の毅然としたattitudeを示すというのは必要な事なのではないかと今後も思います。そう言った意味で、今後も僕はこの自分のパーティーBeat In Meがパーティーとして横に広がり過ぎたりまた必要以上に大きくならないで、いい雰囲気をキープした状態でずっといて欲しいな、と常日頃思っています。

さて、4月からの半年間の旅を終え日本に完全に帰国してから3週間、このパーティーのために集中してやってきましたが(これだけではないですが)、これで無事にPedroとのパーティーも終了。一安心しているところです。
そして次のパーティーですが、先週のパーティー当日にはContactでは仮フライヤーを配り店内にポスターも貼っておきましたが、もう決まっております。

次回は2/16(土)。場所は同じContactにて。ゲストはパーティーに来てくれた人や彼らからのSNSを見た人はもう知っているかと思いますが、素晴らしい人を遂に迎えます。素晴らしいです。この2月は毎年やっている僕自身のバースデーパーティー開催となっておりますので(ちなみに今年はこれがRhadooのパーティーでしたね)、パーティー的にも間違いない一晩になるものと思います。今からしっかりと予定の方を空けておいて下さいね。

ではみなさん、Beat In Me、引き続きよろしくお願いします。今回は当日遊びに来てくれた皆さんはもちろん、日頃からサポートして下さっている方々、いつもの事ながら本当にありがとうございました。今後とも暖かいシーンへのサポート、どうぞよろしくお願いします! また次のダンスフロアーでお会いしましょうね!

Thank you very much to everyone who came to "Beat In Me feat. Petre Inspirescu” last Friday.

It became a very nice party. Was not super packed, but all the places in the club was a very nice atmosphere filled with a lot of customers who are interested in this sound, was so comfortable!

Pedro’s play was amazing. Party finished 07:40 and there were many people dancing on the main floor with super nice vibes until the end.

Before Pedro, I played deep I hope everyone enjoyed it.
All other djs played so nice, they played very appropriately according to the each situation of course. Thanks guys for the professional work!

Next "Beat In Me” is 16th of February (Saturday) at Contact. It will be my birthday bash and must be good.
Please make sure you keep your schedule open for it!

Finally, thanks again to everyone. Thanks for coming, and thanks for your support even if you couldn’t appear on the day. Looking’ forward to see you on the next dance floor!

 


パーティー後の数日はいつものように美味しい和食をご馳走したりご馳走されたり、彼ももう何度も行っていて大ファンになっている僕のかかり付けの整体マッサージの施術に行ったりと、有意義な時間を過ごしていました。



そしていよいよまたしばしのお別れ。今回も僕達にいい時間をありがとう! 明日のブカレストでのコンサートの成功を祈っています。 今回もありがとう、Petre Inspirescu!!


 



ー 帰国翌日にアップしたFBコメント ー


本日、Pedroは無事帰国の途に就きました。今回ContactとDOMMUNEに遊びに来て(観て)下さった方々、ありがとうございました! そしてパーティーに協力して頂いた皆さん、どうもありがとうございました! また今後ともどうぞ宜しくお願い致します。次の2/16(土)のパーティーでみんなにまた会えるのを楽しみにしています!

Today Pedro left Japan safely. Thank you so much for those who came to Contact and DOMMUNE this time! And thank you very much for all the people who cooperated with our party! Lookin' forward to see you on the next dance floor in February 16(Sat)!
 
 

 

PREV
子育てと音楽活動の両立 
Vol.2:木村健太郎
子育てと音楽活動の両立
Vol.2:木村健太郎
NEXT
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.94:いよいよ最後の5週間。最後はついにSunwavesへの初出演!
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.94:いよいよ最後の5週間。最後はついにSunwavesへの初出演!