BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.100:『Beat In Me feat. Suciu』


 



気付くとこの『Ibiza Through RAHA’s Eyes』、何と今回で100回目となりました。2012年の6月に第1回を書いた時は、これがその時の数回を書いたその後も続くという話しは特に何もない状態で始めたので、それがその後も今もこうして続いているとは、振り返ると感慨深いものがあります。このコラム、分量でも分かるように1回1回に相当な時間がかかります。最初の写真の整理に手を付けるのから最後一度テストアップされたものを再修正して最後の本アップになるまで、平均するとその1回に25~30時間 or moreはかかっていると思います。と言う事はこれまで3,000時間近くかけてきたのかと思うと、その本人にとっても驚くばかりです。7年の間ですが、最初の方のを読み返してみると、自分の行動的にも随分と成長もした部分もあるなあと言う気にもなります。続ける事が大きな事、と言うのは僕の人生での信条でもあり、その威力の大きさを誰よりも知っている部分もあるので、1回1回が本当に果てしなく大変ではあったけど続けて来てよかったなあとすごく思います。また、これが読んでくれた人全員にでなくても、何人にもの人にその伝えたい事などがきちんと届いてスピリッツと共に伝わっている事を日々の現実でのクラブでの出会い等を通しての体験で知っているので、これはもうライフワークとして続けていられるうちは続けていきたいと思っています。いつも応援して頂いている皆さんありがとう。毎回でなくても、読んでくれてる方々ありがとう。実際に会った時に、読んでますよ、と声をかけて応援してくれる方々ありがとう。この企画を続けてきているclubberiaそしてそのスタッフさんありがとう。これからも気力と体力が続く限り頑張っていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。



さて、僕は今、6/8のパーティーが終わった3日後にもう日本を出て、まずはBarcelonaでのOff Weekに1週間、そして今は6/18からIbizaへと移っています。相変わらず予定を追い込み過ぎるぐらい追い込んでる日々が日本に居てもこちらに来てもずっと続いています。今このclubberia reportも、去年10月の最後の章、今年4,5月の旅の後半の章が溜まってしまっているので、今回のこのSuciuのパーティーはコラムで書くのを止めておこうとパーティー前は思っていたんですが、パーティーを終え、今回のパーティーがあまりにも良過ぎたので、これは書いておかなくてはさすがにいけないと思い、レポートする事にしました。今回のパーティー、そしてそれと合わせて当然、その肝心の彼のプレイ、ものすごくよかったんです。今回はその事だけ報告したいので、もうサラッと事実をしたためるだけの進行でいかせてもらいます。





『Beat In Me feat. Suciu』

Saturday 8 June 2019 @VENT

ー ROOM 1 ー
Suciu (Pressure Traxx / Romania)
RAHA (Beat In Me)

ー ROOM 2 ー
yama’ (Jammin’)
P-yan (ARTEMIS)
Keigo Koda (TLMR)
Sakai (KLEINE)

https://www.facebook.com/events/273388586938212/



【 RPRを始めとし、世界を席巻するルーマニアン・サウンドを体感! 若手筆頭株の Suciuが Beat In Meに登場!! 】

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻中のルーマニアン・サウンドを紹介するパーティー“Beat In Me”が、日本初来日となるルーマニアの才能溢れる若手アーティスト、Suciuを招聘して6月8日にVENTで開催決定!

シーンのトップである[a:rpia:r] (Rhadoo, Petre Inspirescu, Raresh) を始め、現在最も重要なアーティストを的確に招聘する妥協のない方向性がアンダーグラウンドシーンにおいて強く支持され、音好きで良質な客層と共に毎回素晴らしいヴァイブスの溢れるフロアを体現してきた日本屈指のパーティー、Beat In Me。『RPR SOUNDSYSTEM @LIQUIDROOM』を2015年以後は2年に一度プロデュースし、世界最高峰と言えるコンテンツを日本のシーンに深い位置で浸透させてきた。今や国内のミニマル・アンダーグラウンド・シーンを大きく成長させる重要な指針の一つとなっているBeat In Meが、今回初めてVENTにて開催される。

初来日公演となるSuciuは、日本ではその名を知る人はまだ多くないと思われるが、群雄割拠のルーマニアのタレントの中でも、最もアンダーグラウンドに忠実なスタンスをもってキラーリリースを連発し、今やシーンに欠かす事のできない重要なピースとなりつつある。現地でもこの1、2年で最も飛躍を見せているDJの一人だ。illな音色やサンプルを使った中毒性の強いディープで媚びの全くない楽曲同様に、彼のプレイスタイルもアンダーグラウンドを地で行くものであり、まさに本来のBeat In Meのイメージに最も近い存在と言っていいだろう。オーガナイザーであるRAHAが今最も注目し、Beat In Meファンにいち早く紹介したいアーティストである。

ROOM 1ではSuciuと共にレジデントのRAHAが出演。ROOM 2では、yama’, P-yanというBeat In Meでも既にお馴染みの国内トップクラスの面々に加え、初参戦となるTLMRのKeigo Koda, Sakaiの両名が絡むフレッシュな組み合わせとなった。

"Beat In Me”、一人でも多くの人に体験してもらいたい。世界のダンスミュージックの最前線、そしてグルーヴをこの日リアルに体感してほしい。


Suciu (Pressure Traxx/ Romania)

近年、若く素晴らしい才能を多く排出しているルーマニアのシーンから現れたSuciuは更に先に進んだトラックを作ろうとしている。グルーヴィーな作品と思わず踊りだしてしまうようなDJセットを作り出す彼の特出した才能は多くのクラウドを魅了し、まるで綱渡りのように雰囲気とモチーフを調整しながらなにかに取り憑かれたかのようなディープな雰囲気を作り出す。リスナーは様々なイマジネーションを抱き、Suciuは全てのオーディエンスにそれぞれ固有の体験をもたらすのだ。
ハウス、ジャズ、ラップ、ロックを愛してきたSuciuはDeep Purple, Led Zeppelin, Depeche Mode, Prince, Eric Clapton, John Lee Hookerから影響を受けてきた。彼の作り出すサウンドはテクノとハウスの間に位置し、少しのダークで、複雑さとユニークさを兼ね備えている。



- 掲載Media -

・clubberia:https://clubberia.com/ja/events/285659-Beat-In-Me-feat-Suciu/

・RA Japan:https://jp.residentadvisor.net/events/1255158

・BANANA:https://bnana.jp/products/suciu-beat-in-me-190608/

・mixmag : https://www.mixmag.jp/events/suciu.html

・iFLYER:https://admin.iflyer.tv/apex/event/?id=event:313958

・Time Out Tokyo :

ナイトライフ - https://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95/beat-in-me

週末行くべきパーティー5選 - https://www.timeout.jp/tokyo/ja/nightlife/topfivegigsweekend



この2ヶ月前には皆さんご存じのように3/30のRPR SOUNDSYSTEMは大成功していた。だからと言って今回のこのSuciuを呼んでのパーティーがうまくいくという保証はなかった。正直に言ってあくまでもここはまだ日本、と僕は半分解釈している。Funkの帝王James Brownのコンサートに初めて行って本当に感動しました、次に来る時も必ず行きたいと思います、でも同じFunk, R&Bでもキング以外にはいいと言われるアーティストでも行きません。。と言うのでも、個人個人だから別にいいんだけれど、それでは本当の意味でそのジャンルの音が好きとは少し違うようにも感じるところがある。僕はRPRを日本に紹介していきたいのではない。この音自体を、これの良さが分かる人を対象として浸透させていきたいので、できたら時々でも今後も紹介していくアーティストに、そう、Rhadooとかでない時でも足を運んでチェックしようとしてみてくれる人が今よりもっと増えてくれる事が嬉しいんですよ。RPRとRhadooの時には人が集まる、を超えて、その上のレベルの国にしたいんです。

今回のこのSuciu、告知発表した時は本当に反応薄かった。日本では、レコード買う人以外ではまあまだ知ってる人はほぼ居ない状態だった。まあ実際これは仕方ないなあと思っていた。だから最初から今回はいつもよりも確実に大変だなあと思ってそれでもやった。ヨーロッパのアンダーグラウンドシーンではもう結構彼の名前は出てくるようになって来ている。そのスピードに何とか食い付いて追い付いていかない限り、いつまでも日本は今のこの ”数年遅れ” 状態が永久に続いていくので。今回は試金石の回だった。2014年にBaracをやった時、2018年にDubtilをやった時、それ以上に今回はチャレンジ回だった。


2年前に向こうでSuciuのプレイを聞いていた時、DJとしてはセンスはいいけどまだまだだなあと思っていた。ただ彼のPruductionは当時からもう秀でているのは分かっていたし、自分自身が好きだったので、彼にも ”I’m your fan.” と言っていた。
それが1年経った去年、同じ7月末の『3 Smoked Olives』で聴いた時、その成長度に驚いた。1年で相当変わっていた。それは相棒とも言うべきCharlieも同じ事だった。その頃から僕の頭の中に大きな候補の一人としてインプットされてきた。それまでの彼の楽曲はとにかくアンダーグラウンド感でクラブユースのものばかりで、彼のプレイスタイルもそれを規範としたものが多かった。場を見て必要だと判断すれば違うムードのものも挟んで来るけれども(俺はやらないタイプでだけど)、Deepにやってる時の彼はそれはモロにタイプのものだった。自分の中の基準を決定的にしたのは、昨年の11月かにリリースされた

『Altundeva』

を手にして1曲通して聴いた時。ものすごくショックだった。ここまでの人なのかと驚いたものだった。この曲は家で初めて聴いた瞬間に僕の2018のTop 3内にランクされた。
そしてダメ押しで決定的だったのは、2016のリリース当時からこれは尋常じゃないセンスだなあと思っていた『Tooloop001』のUnknownが実はこのSuciuだったと分かった時。自分にとってこれはもう決定的だった。この時点でもう尊敬しかなかった。

RPRの3/30のLIQUIDROOMで次回の6/8にやるともう決めていたBeat In Meのポスターを貼り出したかったので、その前に今回の招聘アーティストを決めなくてはならず、一人もうとっくに呼んでおかなくちゃいけないDJが今回も予定が合わず、じゃあどうするかとなった時に、他にもいい候補がいるから今回本当に悩みに悩んだけれど最終的にこのSuciuを呼ぼうと決断した時に、自分自身ものすごくワクワクしているのが分かった。日本でのその時の状況がどうであれ、今回このSuciuを選んでいる自分の、ハッキリ言わせてもらうけれどセンスの良さ、視点のタイミングの的確さに毎日笑みがこぼれていた。自分でそのジャッジの正しさが分かっていたので。

果たしてRPRを終えてから4月にSunwavesに来て、もう既に前に書いているように、その彼の本番でのプレイを真後ろで全部聴いた時、1年経ってこれはまたいきなり大変な事になってるなあと感じた。2年前から1年前の時、すごく驚いたけど、今回のこの1年での伸びはその比ではなかったから。このプレイをしてくれたら、6/8のBIM、ものすごくいいぞと言う手応えを得る事ができた。SWでの彼の3時間、すっごくよかった。また、向こうで次のBeat In MeのゲストがSuciuであると聞いて、ものすごくたくさんの人の賛辞を受けた。分かってるな~RAHA、と。これ以上ないバッチリなタイミングでもってこのSuciuを先取り的に日本に呼ぶ。完璧だった。

Suciu @Sunwaves25  30.04.2019





さあ、パーティーの2日前、いよいよSuciu来日です。彼はトルコやアラブ方面を除いた東アジア自体がこれが初めてとの事。この日は夜に二人でDOMMUNEが。昼前には彼と合流し、ホテルのチェックインまで少し時間があったので、街を散策。考えた末、テクニークが2時からなので渋谷でなく、表参道~原宿を選択。


原宿方面に下って来て、そのまま明治神宮へ。普段はあまり行かないコースへと。境内静かでいい選択だった。日本の文化自体にすごく興味を持っていた彼もとても喜んでくれてよかった。


そこから、東京の別の側面を見せるから、と竹下通りへ。平日だけど混んでてくれて感じ見れてよかった。せっかくだからやってみようとプリクラを撮る事になり、全く分からないので二人でそこに居た女子高生に教わったりとチャレンジを重ねた。実に楽しい時間だった。この日が東京が梅雨に入る前の最後の晴れ日。せめて1日いい天気で歩いてもらえてよかった。


夜はDOMMUNE。



~ 6/6 Facebook ~

昨夜のDOMMUNE、観て頂いた方、誠にありがとうございました。まず僕が割と落ち着いてやれたのではと思う後のSuciu、本当にすごくよかったです。あのDeepで黒い低空のプレイは、ルーマニアンでも誰もができる訳ではありません。VentでのBeat In Meでのクラブプレイが本当に楽しみになりました。



Suciuのプレイ、安定しててすごくよかった。Mixもずれほぼなし。急成長を続けているのを感じた。 1時前終了。いい配信だった。


実はVentでのパーティーで、最後に1時間もう一度自分がプレイするか、Suciuにそのまま最後まで回してもらおうか、どっちがいいのか最後の最後までずっと迷っていた。でもこの日のDOMMUNEでのプレイを聞いて、開始を少し遅らせてそのままSuciuに最後まで行ってもらう事に決定。それでバッチリいけると確信を持つ事ができました。

この日の配信が、例のごとくYouTubeに上がっているようなのでご覧下さい。二人ともありました。

Suciu Live @ DOMMUNE 06/06/2019

Raha @ Dommune, Tokyo (06.06.2019)

帰りにいつもの恵比寿でおでんを食べて帰宅。




翌日金曜日は1日フリーdayです。彼もよく寝た後夕方から合流し渋谷の街へ。この日から東京も梅雨入り。早い時間は結構強く降っていた雨も夕方には小降りになってよかった。
車を留めて、まずは行きたかった駅前スクランブル交差点へ。この時間はまだ人多くなかったけど、後からまた来た時には金曜日の夜でもう人も結構いっぱいで彼も期待通りで喜んでいた。


そして当然ハチ公を紹介。

東京の若者がゲームをやっている様子も視察。


渋谷をグルッと回ってからTechniqueへ。2時間ほどレコードをチェック。


豊洲のteamLab行こうかって言ってたのだけれど、9時のdinnerの予約までもう時間がギリになるから諦め予定を変更し、別なチャレンジに。交差点が金曜夜ですごくなってた。もう満員電車の時間で、そこでふと思い付いて二人で電車乗ってみる。東京の実際の文化を実体験だ。こういうアテンドはなかなかする人居ないだろう。俺も普段はやらない。もうひと息そこまで満員じゃなくて残念w 原宿行って戻って来る。楽しい。彼はまだ若いからこういう事も楽しんでやれる。


ドンキホーテヘ。ここは人混みすぎで最後俺の方が嫌になった。

その後はいつもみんなと行くシーフードを堪能。


東京戻って来て二人でクラブツアー。Ventに始まって、Contact, Womb, 最後にRed Bar。クラブもいっぱい見たいと言う彼は疲れも見せずに楽しい時間を過ごした。色んな事に積極的で非常にアグレッシブだった。
さあ、パーティーはいよいよ明日!


~ 6/7 Facebook ~

さあみなさん、パーティーはいよいよ明日土曜日です!今日からずっと空模様はあまりよくないようですが、逆にこれは音で来てるわけではないという人の割合が減り、我々としては逆に理想の客層がより保たれパーティー自体の内容が素晴らしくなる予兆。明日のBeat In Meはすごくいいパーティーになる予感でいっぱいです。是非みなさん、明日のパーティーも早いうちからおいで下さい。ROOM 1は僕、ROOM 2はSakaiクンが全霊を込めてオープンから回させて頂き皆さんをお出迎え致します。

先月のSunwavesでRhadooに言われました。素晴らしいパーティーは、DJ・オーガナイザー・スタッフ・箱・そして集うお客さん、と言ったこれらの全部の力が一つになってできうるもの。明日もまた、皆で最高のパーティーを作りましょう。心よりお待ちしています!



いよいよパーティー当日。昨日雨に濡れてしまったせいか、気のせいか何か少しダルい。体調だけが今日は心配だ。
二人でサウンドチェックもしっかりやって、23時スタート。自分もVentでやるのは今回が初めてだったので、慎重にいった。同じ初めてでもContactとはまた違う感覚があった。Mix最初のうちはよかったが、中盤からなんか外音とヘッドホンがずれてるように感じだし、思い切り不思議な感覚が続いた。サウンドチェックでは大して意識しなかった外音とのずれに気が付き、そこから結構大変だった。時々操れていなかったように思うけど、そういう時は結構ずれてしまっていた時もあったように思う。
それでもセレクションと流れはよかったようだ。出だしはフロアーで大きな声で喋る外人多数で、今日はこれ雰囲気ほんとダメなのかなと思ったが。いつもBeat In Meに来てくれているであろうお客さんが増えていくにつれdeepなフロアーに徐々になっていき、1時には埋まって、そしてまた何よりも照明の感じも実によく、気付いたら彼らも黙っていた。
照明、こちらのリクエスト通りにやってもらえて、最初フロアー真っ暗で光の動きもほぼなく、0時を境に言って少しだけ明るくしてくれたのがよく、中盤からは完璧。さすがだった。この日のあの素晴らしさは、このLightingによる要素も非常に大きかったのは間違いない。
PAさんも、あらかじめ頼んでおいたようにチョコチョコ様子を聞きに来てくれてありがたかった。

立ち上がりは思い切りdeepなトラック続け、途中から少しずつ上げ、また思い切りdeepに。1時までは今日のがいいのか悪いのか全く分からなかった。人も12時半ぐらいまではフロアーほぼ少なく、でも1時過ぎてものすごくいい感じになっていった。12時半過ぎぐらいからはもうロックしてたようにも思えた。かなり手応えもあったが、やはりmixは心配だった。

Suciu1時半過ぎかに到着。俺のとこ来るなり、人がものすごくいい感じで昨日とは別のclubみたいだと言ってた。なんかいいみたい。後半結構上げてて、2時半の交代に向けて最後3曲落ち着かせた。いい流れだった。

2時半に交代。みんなにパーティーどう?と聞いたら、バッチリだと。外出て見たら、外は人思いの外少なかったが、逆にフロアーの中見たらパンパン。暗くてdeepで最高の雰囲気だった。これはたしかにいいわ。


Suciuのプレイ、最高だった。ここまでうまくなってるとは正直思わなかったし、本当に驚いた。fader3つ上げ。選曲から、繋ぎ方、重ね方、流れとほぼ完璧。Mixも含め、ダメな点がほぼないあまりない感じだった。驚いた。全員がhappy。お店の人達も超満足。素晴らしいパーティーとなった。


サブフロアーも悪くない感じ。全員がいい仕事をしてくれていたようだ。

4時過ぎてから人残るか心配したが大丈夫で、とにかく彼のプレイがamazingだと全員が言ってて、とにかく今日のお客さんが素晴らしかった。90%がSuciuを分かって来ているお客さん。みんな音に向いてた。フロアーからみんな出ない。全員が同じ気持ちでいるのを感じた。通常のパーティーで、Rhadooでもないのに、ここまでのパーティーになるとは思わなかった。Suciuのプレイがとにかく凄かった。6時近くなってもフロアーから人減らず。ずっと踊ってる。


定時が迫っていたが、あまりに良くまたお客さんも減らないので延長する事に。Suciuのとこ行って様子聞いたら、何時までやるの?と聞くから、店も全員がもう少し聞きたがっている、と言ったら、ガッツポーズしてた。彼も延長したかった。

最後まで人もう減らず、しかも最後の方は他の店からもお客さんが流れてきてロビーも混雑。

最後のエンディングにいくのに時間を結構使っていた。エレピの最後の締め方も一流だった。後ろで見ていると、常に2~3枚をmixしてた。これまで思っていたのとは格段にレベルが違った。終わって彼とガッツポーズ。会心のパーティー、ギグとなった。




終わって、彼flightまで少しでも寝たいと言ってたのが、全然楽しくなっちゃって、みんなでアフター行く事に。
EN-SOFへ。悪くなかった。1時間ぐらい居て、Suciuがコレクションで集めてる瓶のコーラを探したいと言って来て、そのタイミングでみんなで出る。ラーメン屋で瓶のまま売ってもらう事に成功。彼すごく喜んでよかった。モーニング食べようと、いい感じのcafeがあると聞きその場で居た3人でものすごい歩いたな。

空港で最後のお別れ。今回本当によかった。彼も心から喜んでくれたろう。3月のRPRに続いて、今回小さい規模のパーティーだが、思ってもいなかったものすごい成果を得た。今回のパーティーに来てくれたみんな、本当に心からありがとう。RPRもだったけど、今回のあのフロアーを見てて、本当にみんなの事を誇りに思っています。素晴らしかったSuciuのプレイと共に、あの素晴らしいパーティーを作ってくれた一番の要因は間違いなくあのみんなでした。今回のBeat In Me平常回を支えてくれてありがとう。Suciuすごくいいから、と言う俺の言葉を信じて来てくれてありがとう。
僕達、今回、間違いなくまた一段階段を上がりました。Beat In Me、本当にいい感じで正しい方向に向かっています。僕は世界のパーティーに行ってるけど、あの感じは非常に希有。みんなも一人一人誇りと自信を感じてもらって結構です。でも、まだまだ全然良くなれる余地はたくさんある。このルーマニアンなんて日本人にとってはものすごく理解しずらいと思われるダンスミュージックを、現地に行っていないのによくここまで理解してきているといつも見ていてみんなすごいなあと思います。でも、これでもし本当に現地に行ってその本当のノリを知る人が少しずつでも更に増えていったら、、、。今のこのシーン、もっと大変な事になると思います。機会があったら、いやできる事なら是非自ら機会を作って、近いうちに一度現地のシーンを生で体験して来てみて下さい。今でも楽しいのが、確実に何倍もの楽しさに、新たな理解と共に変わりますから。

次回のBeat In Meまで少し時間が空きますけど、その間、みなさん各自でパワーアップしていて下さいね。次にまたこのフロアーでみんなで集まるのをみんなで楽しみにしていましょう。1回毎に私たちみんなのパーティーの、そしてフロアーのクオリティーのレベルを上げていきましょう!次はおそらく11月です!



~ 6/13 Facebook ~

土曜日の『Beat In Me feat. Suciu』に遊びに来てくれたみなさん、一人一人に本当に心からありがとうございましたとお伝えしたいと思います! いやあものすごくいいパーティーになりましたね。あれは、極上のプレイを最初から終了までし通してくれたSuciuと、あの普通じゃなく素晴らしいフロアーを終了時間まで作り続けてくれたお客さん達全員によるもの。正直、フロアーが終始あそこまでの感じになるとは予想を超えていました。皆さん、本当にありがとうございました。

オープンの23時からスタートした僕は、2時半までの3時間半の役割。出だしはとにかくいつも通りにdeepにやりました。普段のVentが早い時間どういう感じになっているか分かりませんでしたが、お店からいつも通り思い切りやって下さいと言う理解の深い言葉を頂いていたので、思う通りにやらせてもらいました。お店には、感謝の念でいっぱいです。
人が埋まって来るにつれ、少し強くしてみたり、でもそれを長くは続けないですぐまた思い切り潜ってみたりと、これが初めてのプレイとなるVentの特性というかフロアーの雰囲気を感じ取るように意識しながらやっていきました。

選曲と流れに関しては、今回はいつものように感じたままに、でも決して悪い意味ではなくある程度大雑把にやりました。セレクションとしては悪くなかったのではと思います。しかしながらMixに関して言うと、中盤から音量を上げたと同時に増してきたように感じた外音スピーカーの耳に入って来る時差のずれが、自分ではあのサイズでまさかそこまでのズレだとはどうしても思っていない自分がいたのか、Mix中に実際バッチリ合っているものまで、そのずれが自分のMixによるずれだと勘違いしてやっていた部分があり、結果合っているものまでわざわざ自分でずらしてしまう、という失敗も何度もしてしまっていたようです。あそこまで大きくはdelayして耳に入って来ているはずがないというどこか決めつけが正確なその場の状況を掴む判断の邪魔をした典型的な例で、要はこれが実力のそのままとは言えるのですが、この失敗が今回いい勉強にもなりました。DJは自分的には楽しくできました。

僕のプレイの後半ぐらいから目の前のフロアーがかなりいい感じに埋まって、しかもお客さんの感じがとくに中盤以降(出だしはうるさい外人さんとかも居ましたねw)はすごくいい雰囲気のものになって来ているのが分かりました。
そして2時半から始めたこの日のメインゲストSuciu。彼のプレイ、とにかくすばらしかったです。 ピッチも速くする事なく、deepでdarkな実にいいところを淡々と、でも完全にグルービーにやってくれていました。あの若さにして、完全に分かっているプレイでしたね。

自分のDJ終わってこの日初めて外出て見ると、みんなが途中で教えてくれた通りにたしかにいい感じ。人も入ってるし、何よりフロアーがぎっしり。お客さんほぼみんなVentのダンスフロアーに入ってSuciuのプレイで踊っている。あの画は本当に素晴らしかったです。そしてそのみんながとにかく中に居っぱなしで出て来ない。自分もフロアーに入ってみると、まあ最高のバイブスが満ち溢れていましたね。みんなが、口々にSuciuのプレイ、マジでヤバい、と言ってくる。Suciu、やって欲しいという感じをほんとキープしてくれてた。DOMMUNEの時もすごくよかったけど、この日はもう一段二段レベルが違っていました。Faderも3つ上がっている事も多く、ここまで安定してうまくなってるとは本当にビックリさせられてしまいました。この1年での伸び、これは本当に半端ない。1年2年でここまでプレイ自体も成長した人あまり見た事ない。この成長率で行くと、来年は彼、もっと大変な事になると思いますよ。
今回このタイミングで呼んでおいて本当によかった。3/30のRPRのLIQUIDでこの日のポスター貼り出した時、正直反応薄かった。Suciuって言って分かってくれる人、この国のクラブシーンでは本当にまだ少しだけで正直日本に対し寂しい思いもした。今回の招聘、本当にやってやった! という気持ちでいっぱいです。自分で自分の事を最大限褒めてあげたい。来年もっと有名になってから呼ぶのであれば、逆に言うとその辺のインターネットで調べて呼ぶ人決めるオーガナイザーでもできたかもしれない。

サブフロアーも今回も隙なくブッキングしていて、みんなそれに応えてくれるように各自がいいプレイを披露してくれていて、そちらの評判もすごくよかったです。みんな、ありがとう!

定時が近くなっても、フロアーの熱量は一向に引かず。この日来てくれていたお客さん達、全員のその様子を見ていて本当に感動すらしました。この日の9割がSuciuを分かった上で来てくれていたね、あれは。そして全員が音でこのパーティーに集まっている。素晴らしいお客さん達がこの日のBeat In Meに集まってくれていて、本当に大袈裟でなく感無量でした。そしてそのパーティーのオーガナイザーとして、このお客さん達を誇りに思いました。みんなには心からのありがとうをお伝えしたいと思います。Suciuという、日本ではまだ有名ではない若手の時にBeat In Meをサポートしてくれてありがとう。忘れません。

結局定時を大幅にオーバーさせてもらって、最後SuciuのRPRも彷彿とさせる完璧なエンディングでパーティーは終了しました。最後の最後まで本当に素晴らしかったです。駆け付けてくれたみんな、そして場を作って頂いたVent、そしてこのamazingと言っていい域のプレイを披露してくれたSuciu、みんなありがとう。

今回、ルーマニアが好きなのに、RPRクラスじゃないからいいかな、という理由で来なかった人がいたら、その人は本当に残念な事しましたね。素晴らしい体験をする機会はRPRならずとも他にいっぱいあるので、次の機会がまたマッチすれば是非遊びに来て頂けたらと思います。

僕はこれを書き上げている今はもうBarcelonaに居ます。今夜中で、ついさっきホテルに着いたとこ。日本でやるパーティーは、今年多分もうあと1回だけになると思います。11月で今調整してますが、もうじき決まったらタイミングを見て早めに告知しますね。日にちは多分11月の第3or4土曜日になると思います。

clubberiaのレポート、溜めてしまっているので早くやらないとね。このSuciuのパーティーも、こんなに素晴らしかったんであれば、やはり書かないわけにはいかないのかなあと思っています。

ともあれ、6/8のBIM、今回もすごくいい形で終える事ができました。関係者の全ての皆さん、本当にありがとうございました! そして特にこの日実際に遊びに来てくれた皆さん、心からありがとうございました!


 

PREV
子育てと音楽活動の両立 
Vol.5 : galcid
子育てと音楽活動の両立
Vol.5 : galcid
NEXT
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.61 アメリカ西海岸ツアー話“その3”
Dachambo CD HATAのMachine de Music コラムVol.61
アメリカ西海岸ツアー話“その3”