EVENTS
< >

CYCLONE RETURNS × ROCKWELL SIRKUS “The Chemical Brothers” OFFICIAL AFTER PARTY

2000年代の東京テクノシーンの最重要パーティー CYCLONE が一夜限りの復活開催!
さらにケミカル・ブラザーズの来日で注目を集める話題のニュープロジェクト“ROCKWELL SIRKUS”とコラボレーションしたオフィシャル・アフターパーティーが実現!

CYCLONE は、クラブシーン黎明期より活躍を続ける DJ MIKU がレジデントを務め、2002年〜2008年に WOMB のレギュラーパーティーとして開催され、常にシーンを牽引する2000年代の最重要パーティーのひとつだ。また、2010年に33歳という若さで急逝した KAGAMI がレギュラー出演を続けたことでも知られている。
2000年代初頭から始まった CYCLONE だが、レジデントの DJ MIKU を中心に置きながらもパーティーをストップさせた2008年までの間に、何度かパーティーとしてもその表情を変化させ、常に時代の先を一歩リードしながらその後のシーンに大きな影響を与えてきた。
CYCLONE を主宰する STORM WORKS は、クラブイベントから企業イベントの企画制作など、様々なアーティストやクリエイターとコラボレーションしたプロダクトデザイン、PR などを手掛けるプロデューサー ICHIRO IGARASHI が立上げたクリエイティブプロダクションとしても知られており、その後のシーンの中心で活躍するクリエイターやオーガナイザーなど多くの人材が CYCLONE から輩出されてきた。
今回 CYCLONE RETURNS のオーガナイズを ICHIRO IGARASHI と共に手掛け、テクノパーティー WIRED CLASH のプロデュースや様々なパーティーでオーガナイザーとして活躍する YASUHIRO ARAKI も、初期 CYCLONE (2002年〜2004年)のオーガナイザーを務めており、CYCLONE の遺伝子を受け継ぐその内のひとりだ。
また、渡米先で肝臓移植を行い先日無事に帰国を果たした VJ NAKAICHI も、VJチーム UNU として CYCLONE に携わっており、今回 VJ としてのパーティーへの参加は叶わなかったが、フライヤーのディレクションを助けてくれている。
YASUHIRO ARAKI がオーガナイズした初期 CYCLONE は、海外からのゲストは呼ばずに DJ MIKU、KAGAMI を中心に、KEN ISHII や Q’HEY、NEWDEAL、DJ SODEYAMA、MOLD など国内アーティストが毎回ゲストで登場し、当時のシーンでも絶大な人気を誇るテクノパーティーのひとつとして注目を集めていた。(CYCLONE で培われた経験が、その後 ARAKI が ageHa でプロデュースした CLASH へと活かされていった)
その後、CYCLONE 中期では、当時でもかなり早い段階で MICHAEL MAYER や SUPERPITCHER など KOMPAKT 系のアーティストや DAMIAN LAZARUS など海外からのゲストを招聘してパーティーが行われ、さらにその遺伝子は2000年代後半にシーンを席巻したパーティー REAL GROOVES へと引き継がれていった。
CYCLONE 後期では、プロデューサー ICHIRO IGARASHI のもと、DJ のみならず梅図かずおや水木しげる、宇川直宏などのクリエイターや、更には”チョロQ”とのコラボレーション、東京タワーの特設会場にてイベントを開催するなど、様々なアプローチで”トーキョーテクノ”というキーワードを発信し続けた。
このように長い間東京のシーンを牽引し続けた CYCLONE が、ホームグラウンドである WOMB にて一夜限りの復活を果たす。
今回の注目ポイントのひとつとして、レジデントの DJ MIKU が今年6月にデジタルリリースしたアルバム”DJ MIKU - Basic & Axis”にセルフリミックス3曲、新曲2曲を加えた、全10曲からなる壮大なストーリーが展開された CD アルバム”DJ MIKU – Basic & Axis plus”をリリース。アルバムをご購入いただいた方に、DJ MIKU のオリジナル MIX CD を10月14日の CYCLONE にてプレゼント。(アルバムに封入されている引換券をパーティー当日 WOMB ご持参ください)
CYCLONE のレジデントである DJ MIKU の現在進行形、最新のサウンドをパーティーの前にぜひチェックしてください。
今回の CYCLONE RETURNS では初期 CYCLONE を想起させながらも一夜限りの復活に相応しいスペシャルなラインナップが集まっている。
また更に、今回のパーティーで10月12日横浜アリーナ、10月14日新木場スタジオコーストで行われるケミカルブラザースの来日公演“ROCKWELL SIRKUS”とコラボレーションが実現し、オフィシャルアフターパーティーとしても開催されることが決定した。
“ROCKWELL SIRKUS”に出演が決定している SHINICHI OSAWA (10/12 横浜アリーナ)、BRYAN BURTON-LEWIS (10/12 横浜アリーナ)、SUGIURUMN (10/14 新木場スタジオコースト)らが、CYCLONE RETURNS へゲストで登場。
さらに10/12、14の“ROCKWELL SIRKUS”の前売チケットを購入した方はチケットの半券を持参いただくと、WOMB のアフターパーティーへ入場無料でご招待致します。
CYCLONE 復活パーティーと ROCKWELL SIRKUS アフターパーティーがコラボレーションするスペシャルナイト。
ひょっとするとライブを終えたケミカルブラザーズもWOMBへ来場し、飛び入りで DJ したりなんてハプニングも…!?
そんな何が飛出すか分からないスペシャルな夜をぜひ会場にてお楽しみ下さい。


CYCLONE was one of the most important parties of the 2000s, a regular party at WOMB between 2002-2008 and always leading the scene with resident DJ MIKU continuously active since the early days of the club scene. While it was stopped in 2008 despite the resident DJ MIKU being a central figure, until that time CYCLONE underwent numerous changes in appearance as a party, always a step ahead of the generation and creating a large impact on the scene afterwards.
After being a long-standing driving force of the Tokyo scene, CYCLONE has returned for a one-night revival at WOMB. Additionally, this party has managed to collaborate with "ROCKWELL SIRKUS", a public show held by the Chemical Brothers during their visit to Japan at Yokohama Arena on October 12th and Shin-Kiba Studio Coast on October 14th, and it has been decided that it will also be held as the official after party.
The performers chosen for "ROCKWELL SIRKUS", SHINICHI OSAWA (10/12 Yokohama Arena), BRYAN BURTON-LEWIS (10/12 Yokohama Arena), SUGIURUMN (10/14 Shin-Kiba Studio Coast) will appear as guests in CYCLONE RETURNS. In addition, whose who have booked tickets for "ROCKWELL SIRKUS" on 10/12 and 14 will be invited to the after party at WOMB for free if they present their ticket stub.
This is a special night where the CYCLONE revival party is in collaboration with the ROCKWELL SIRKUS after party. Perhaps the Chemical Brothers will appear in WOMB after their live performance and take part as impromptu DJs...!?
Please enjoy this special night at the club where no one knows what surprises are in store.


☆DJ MIKU アルバム INFORMATION

長きに渡りテクノシーンで活動を続ける DJ MIKU のアルバムが完成。
デトロイトテクノ、ハードコア、ジャーマントランス、ディープテクノ、テックハウス、エレクトロニカ、DJ としての活動の中において常にこれらのエレクトロニクサウンドのベースになるものを基軸にプレイ、または作品に反映させてきた。本作はその本質、不変的な要素をさらに明確化して現在進行形のサウンドにふんだんに溶け込ませた。また、過去発表してきた作品の BEST 的なディスクにもなる。

【DJ MIKU – Basic & Axis plus】
01.Flying Ringo (Self-Assertive Ver.) *
02.Acid Line
03.Junk Sword
04.Stride Ahead
05.Bug Hype (VeryCool Ver.) *
06.Swan in the Lake
07.Perfect Moderation *
08.World Head *
09.Undercover of Detroit Darkness(Dance Ver) *
10.Golden Bough *CD Only Tracks

release: 2016/09/28
price: ¥1,852 + tax
format: CD
cat: MMCD20015
genre: 邦楽 / J-CLUB


http://www.womb.co.jp/event/2016/10/14/after-party/

http://rockwellsirkus.com/chemicalbrothers/