EVENTS
< >

"Fatty Fatty Phonographics" Japan Tour at Bonobo

Pablo From Ireland (Fatty Fatty)
Lil Louis、Mr Fingers、Unabombers、Metro Area、そしてNicky Sianoなどここでは書ききれないほどのハウス、ディスコレジェンドたちを初めてダブリンに招聘することに成功したアイルランドを代表するDJ、プロデューサー、それがPabloだ。
2011年、彼は自身の活動をさらに進化させるため「Fatty Fatty Phonographics」という彼の多様な音楽性を象徴するかのようなオリジナルレーベルを立ち上げた。レーベルパートナーのShoeyと運営している「Fatty Fatty Phonographics」の主なカタログは、クラシックなディスコやファンク、ソウルの革新的なリエディットが中心で、Optimo、Bicep、Crazy P、Krystal Klear、Horse Meat Disco、Ashley Beedle、DJ Sotofett ( Sex Tags Mania)やDJ Kaos (Jollyjamsといったトップ・プロデューサー、DJ達から熱烈な支持を受けている。
またPabloとShoey自身の楽曲もUKレジェンドレーベルである「Paper Recordings」「Trash The Wax' compilations」といったレーベルからも発表しており、もちろん彼ら自身のレーベルからもEPもリリースさせるなど、現在も制作とDJを両立させ、世界中のパーティーを渡り歩きながら多忙な日々を送っている。ヨーロッパの果てアイルランドから今回やってくる生粋のパーティー・ボーイ、ハード・ディガーのPabloのDJは、ディガー達が集う東京でも熱狂をもって迎え入れられることは間違いない。

FATTY FATTY PHONOGRAPHICS SOUNDCLOUD:
https://soundcloud.com/fattyfattyphonographics

MIXES:
https://soundcloud.com/hiddenagendaclub/hidden-agenda-mixtape-67-pablo
https://soundcloud.com/fattyfattyphonographics/pablolive-radiomade-july-2013