EVENTS
< >

EDC JAPAN 2019 DAY1

世界最大規模のスケールと演出を魅せるステージ”kineticFIELD”、LA 最大規模のHARD SUMMER FESTIVALを手がける「HARD」がお届けするベースミュージックを中心としたダンスミュージックやヒップホップに特化した”HARD presents cosmicBEACH”、 LAで数多くのパーティーを開催する「FACTORY93」がお届けするディープハウスやテクノに特化した”FACTORY93 presents neonGARDEN”、様々なエリアに突如出現する移動式”boomboxARTCAR”の4つのステージでEDMのみならず、ヒップホップ、ベースミュージック、テクノ、ハウスなど幅広いジャンルの豪華アーティスト達が集結し、多様な音楽を楽しめるフェスへと更にパワーアップ。

5月11日(土)は、宇多田ヒカルとのコラボレーションが記憶に新しいダンスミュージック界のスーパースターSkrillex、参加楽曲「King‘s Dead」が今年のグラミー賞 最優秀ラップ・パフォーマンス賞を受賞し、5枚のアルバムが全米1位を獲得するなどアメリカのヒップホップシーンの代表として君臨するFuture、 DJ Mag Top 100において過去5回1位を獲得するなど偉業をもつオランダが誇るDJ、Armin Van Buuren、テクノシーン世界最高峰のクラブ「Berghain」のレジデント・鬼才Marcel Dettmann、日本のクラブシーンで活躍し、ストリートカルチャーを代表する DARUMA & JOMMY、 神秘的な世界観と奥深い歌声を持つ沖縄が生んだヒップホップ クイーン Awichと新進気鋭アーティスト集団 YENTOWNに属する最年少ラッパー kZmのステージには、シークレットゲストとしてファミリーメンバーやあの超人気ラッパーが登場予定。向井太一やMINMI、SIRUPをメインボーカルに迎え話題曲を出し続けている新世代のハウス~ディスコを提唱するDJ/プロデューサー YOSA & TAAR、日本の気鋭ダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」 よりデビューしたトラップを中心としたトラックメーカー Masayoshi Iimori、などが出演する。