INTERVIEWS

COMA-CHI

 
- いつごろからヒップホップ/ラップに興味を持ち始めたのですか?


16歳くらいのころですかね。最初は、シンガーとしてショウタイムとかに出させて頂いてました。
   
- もともとはシンガーを志してたんですか?


そうですね。もともとはバンドをやっていたんですよ。その頃Janis Joplinが好きで。それからミクスチャーが好きになって。特にRage Against the Machineが好きだったんですよ。そこからヒップホップを聞くようになりましたね。それと、ちょうどLauryn Hillが1枚目のアルバムを出した時だったんでLauryn Hill聞いてThe Fugees聞いて、そのへんからヒップホップに入っていきましたね。
   
- 小さいころから歌うことが好きだったんですか?

特別そういうわけでもないですね。中学校のころからって感じで。
   
- バンドの時はどんなジャンルをやられてたんですか?


ミクスチャーでしたね。あとロックです。
 
 
- ラップをやり始めた頃の憧れはだれでしたか?

やっぱりニトロとかかな。ジブラ君とかライムスターとかも影響を受けました。
   
- 当時を振り返って10代のころのCOMA-CHIさんはどういった女の子でしたか?

みんなと趣味が違っていたから、浮いた存在だったかな。夜遊んで、学校で寝てたし(笑)。
   
- COMA-CHIさんのキャリアの中で、「B-BOY PARK」での準優勝が1つの転機だったと思いますが、それまではどういった活動をされていましたか?

20歳くらいの時には、クラブでライブしたりもしてましたし、人に見せるっていうより仲間同士で集まって道端でサイファーしたりしていましたね。
※サイファー:ラッパーや、ビートボクサーが主に路上などで行うセッション。  
- 「B-BOY PARK」に出ようと思ったきっかけは?


私の周りの友達がMCバトルにけっこう出てて、私も出るようになりました。当時「B-BOY PARK」って1つのブランドだったし、3位以内に入賞するってすごいかっこいいというか憧れだったんで、私もその中に入ってみたいなっていうのがあって。
   
- B-BOY PARKには、何回出場したんですか?

1回だけですよ。他のバトルは、何回か出たんですけど、「B-BOY PARK」は準優勝した時の1回だけですね。
   
- BOY PARKを準優勝して、その後、<DaMe Records>からファーストアルバムをリリースしていますが、その経緯は?


バトルに出ていた友達の1人がダース君家で曲録るからって、言われるまま歌詞を書いて(笑)。 そしたら反響がよかったんで、じゃあ1枚出してみようかって話になりました。
   
- ファーストアルバムは、横揺れ感があったのに、メジャーレーベルに移籍して出したセカンドアルバムから作品が、すごいストレートな表現、音になっていて、雰囲気がすごい違ったんで何があったのかなと思ったのですが。

 
少し前のことでしっかりは覚えてないんですけど…ファーストを録り終えた頃には、もっとさらにハイファイでフレッシュな新しいことに挑戦したかったんだと思います。
   
 - 今作「GOLDEN SOURCE」に関してお伺いします。 今回特徴的だったのが、バンド演奏でオーガニックで、プリミティブな印象を受けました。こういった作品になった背景はあるんですか?

震災を経験したのが大きいですね。 電気も使えないし、イベントもできないし、不安だし、そういった時にみんなで集まって、太鼓でセッションしたりしてたんです。本当に明日どうなるか分からない状況で、みんなで集まることで安心も得られるし、そういった状況で聞いた太鼓の音色が、根本としてすごいことだなって思ったんです。そこですごい価値観の変化があったんです。私たちがやってきたことっていうのは、自然災害で何もできなくなっちゃんうんだなって。そんな時に太鼓やギターって、物があって弾ける人がいれば、それだけで音楽が成り立つ。その根本がすごいなと思ったんです。
福島でも電気が使えない状況の中でアコースティックのライブもやったていうのもあって。1つはBARで1つは体育館でライブをしました。
 
- 実際に現地に行って何か思ったことはありますか?

それは、言葉にできない衝撃としかいいようがなくて。あとは、現地の人たちと話してて、この人たちの現状っていうのは、世の中に伝えられてないんだなっていうのにも衝撃は受けましたね。みんなが知らないことがありすぎますよね。
   
- 知らないことっていうのは?

やっぱり原発のことですよね。原発の作業員の人の話も聞いたんですけど、作業している人だから知識もあって、『これくらいの線量だったら大丈夫』、『これくらいの線量だったらこの場から逃げたほうがいい』ってことも知ってるんです。でもその危険な線量っていうのもだいぶ越えているのに、"大丈夫です"って言われているってことだったりだとか。そのことをメディアとかに言っても、見たら全部カットされちゃってるとか。 原発の近くまで行って住めなくなった土地に残された牛とか犬とかも見てきましたし。。。
   
- 3.11以前は問題意識はありましたか?

全然なかったですね。友達が言っていたから知ってたんですけど、それがどんだけヤバイことなのかっていうのも想像つかなかったし。実際これだけ技術もすごいし、信頼している国の技術が津波や地震でやられるって頭がまずなかったですし。それで地震がきて、あれでボロボロになったじゃないですか。
   
- 震災の年の11月にリリースされたシングル『太陽を呼ぶ少年』も、すごいスピリチュアルな印象だったんですけど、やはり影響が?


もちろん、もちろん。私は影響を受けたことが全て音楽にでちゃうんで。
   
- 今回、サポートで入っていたROOT SOULの池田さんやMabanuaさんはどうった経緯で参加してもらったのですか?

渋谷の"The Room"でセッションしたりしてて集まった感じですね。最初、いけっちと何かやろうよって話になって。それこそ震災の後にパーカッション叩いてたイベント は、いけっちとやったやつだし、そこからみんなを連れてきてくれて。それこそThe Roomでレコーディングした曲もあるんですよ。だからある種クラブミュージックなんですよね。
   
- The Roomでレコーディングした曲は?

1.Flower of the sun、2.Return of the bad girl、7.Summer rain、8.Awarenessです。
   
- うまい人の演奏って何が違いますか?

私も上手い下手の部分は、まだそこまでシビアにわからないんですけど、今やってるメンバーの場合はまずグルーヴがすごくしっかりしていて気持ち良いですね。あとみんなヒップホップの良さやセンスも理解している人達。
   
- 今作の最後には、ミチバタのライブバージョンを収録していますよね。何か特別な思い入れがあるのですか?

そうですね。1番最初にPV撮った作品ですし、未だに好きだって言ってくれる人もいますからね。
   
- 私はCOMA-CHIさんと年齢が変わらないのですが、私が思春期のころに憧れてた世界があのPVにはあって。

あれは2006年に撮ったのかな? 当時にしてもすごい古い感じを出しているから。たぶんこの先20年、30年経ってから、COMA-CHIは90年代の人だなって思われそうですね(笑)。
   
- 今年、5月に宮古島でのフェスティバルへも出演されてましたよね?宮古島はいかがでしたか?

ほんとうに海がきれいで、人も大きな心のみなさんで、ご飯も美味しくて。あと、すっごく古き良き日本が残ってるし、でも日本 じゃなかったから、すごい不思議な場所だったな。でも今オスプレイだったり尖閣諸島だったりした問題にも直面しているシビアな面もあって。でもすごい スピリチュアルなんですよね。神様の島というか神様がいるなっていうか。だからすごいパワーもらえる。
   
- 今作は、ご自身の<Queen's Room>からリリースされていますが、ご自身でレーベルをやってみていかがでした?

気持ちいいかなって。間になにもないので、ストレートでいいかなって。PVも近所で仲のいい監督に撮ってもらったんですけど、前だったらレーベルの人にセッティングしてもらって、打合せして宜しくお願いしますってなるんですけど、今回は、仲が良いから飲み行きましょうって何回も飲んで、 すごい話も膨らめて。やっぱり出来上がったものを見て、おもしろさとかクオリティーとか、すごいものができたんだと思えますね。
   
- は、今後も、自分の本当に作りたいものを作って出すというスタンスなんですか?

そうですね。ほんと、次作が何年後になるかも分からないですし、自分のペースで出していけたらなって思ってますね。
   
- 他のアーティストの作品を出すとかは?

考えてないです。<Queen's Room>は、レーベルではなくて私の部屋って感じなので。だから家具を作りたいってなったら家具を出すみたいな。いわゆる音楽レーベルではないんで。
   
- 12月28日に横浜のMOTION BLUEでリリースパーティーがありますよね?

あれはフルバンドでのショウとアコースティックのショウ2回やります。食事もできるし踊れるスペースもあるので踊りたい人は踊って。サポートに 入ってくれたみんなと、韻シストも出ます
   
- では最後に、「B-BOY PARK」で準優勝してから7年。あの頃と変わったもの、変わらないものを教えてください。

変わらない部分は、音楽が好きで単純にボーカル表現するのが好きなんだと。あとやっぱりブラックが好きなんだなっていうか、黒いグルーヴや土着的なビート、踊ることが好きなんだなっていうことだったり。レベルミュージックに影響を受けているのもそうですし。
変わった部分は、昔は自分っていうエゴや自己表現が音楽をやるメインだったりしたんですけど、今はみんなでクールなものを作り上げることだったり、みんなで楽しむことだったり、1つになるっていうのが音楽の良さだと思ってきています。
   
- インタビューへのご協力ありがとうございました。

ありがとうございました。
  アーティスト : COMA-CHI
タイトル : GOLDEN SOURCE
発売日:12月12日(水)
価格:¥2.500-

●トラックリスト
01. Flower of the sun
02.  Return of the bad girl
03. Funky sauce pot feat.韻シスト
04. Deeper feat.Jaribu afrobeat arkestra
05. Sun & moon
06. Mama used to say feat.CENTRAL
07. Summer rain
08. Awareness
09. Say NO! -LRstereoRemix-
10. Flower of the sun remix pt.2 feat.Lowpass,cello a.k.a massan
※CDのみにボーナストラック「ミチバタ」のライブテイク収録。
PREV
沖野 修也
沖野 修也
NEXT
Jerome Sydenham
Jerome Sydenham