INTERVIEWS

沖野 修也

 
- なぜこのイベント(企画)を開催しようと思ったのでしょうか?


 クラブの20周年ってなかなかないと思うので、何かとてつもない企画、しかも20周年でないと実現しない企画・・・という事でこういうイベントしかないだろうと。また、昨今、DJやクラブ・イベントというものの社会的な評価が芳しくない中、改めてDJとクラブでプレイされてきたアーティストが一堂に介する事で、DJやクラブ・イベントの価値やパワーというものをアピールできる機会になるのではないかと思うんですよね。一般の人が聞いても「DJが100人で1人1曲、何それ?」って興味を持ってもらえますよね。
   
- そもそもこのイベントの企画アイデアはどこからうまれたのでしょうか?


 DJが1曲だけのプレイをする1曲入魂というイベントは、実は10年振りの開催なんです。The Roomの周年パーティーでは多数の関係者にご出演頂いていたんですが、70名くらいを超えると、お1人1曲しか時間的にプレイできないんですよね。バンドメンバーを入れると100人弱の出演者がいた回もあったので、20周年で切りがいいので、100人ブッキングしてしまえー!と勢いで決定しました(笑)。
   
- ブッキング内容に関して。なぜこの方々だったのでしょうか?


 もちろん、皆さん基本的にはThe Roomにゆかりのある方です。都内のトップDJの皆さんにお声掛けしましたが、The Roomでプレイして頂いた方を優先的に選んだ100名です。
   
- ブッキング中のエピソードなどはありますか?


 ダメ元で頼んだDJ KRUSHさんがいち早くお返事頂けたのが嬉しかったですね。あと、TEI TOWAさんもいろいろ大変な調整の上でのご参加となり恐縮しております。実現しませんでしたが、海外から参加したいという声もあり本当に感謝しています。カザフスタンのプロモーターがこの企画頂き!とか言ってたのでインターナショナルヴァージョンはカザフスタンで開催されるかもしれません(笑)。
   
- 出演順、タイムテーブルはどのように決めるのでしょうか?事前に発表されるのでしょうか?


 出演順は皆様の希望がありつつも、僕が独断と偏見で決定します。顔写真をThe Roomのフロアに並べて前後を入れ替えてみたりすると思いますよ。タイムテーブルは発表しません。多分。最初から見ないとお目当ての人が1番最初だったりしますよ!
   
- イベントの見どころは?


 DJ100人が織りなす音のグラデーションを楽しんで頂きたい。プレイする人の順番に関しては熟慮するので、流れに違和感はないと思います。イベントの最初から最後までが1つの壮大なストーリーになる予定です。
   
- 出演アーティストの皆さんは、当日どのようにになると予想されますか?

 
 完全に同窓会モードになるんじゃないでしょうか?今では一緒にプレイする事がなくなってしまった大物が結集しますからね。僕自身も楽しみにしています。
   
- イベントのプローモーションのために沖野さんの開催100日前カウントダウンBlog、The Roomスタッフによる日替わりBlogを更新されていますが・・・。


 100日カウントダンブログって正直自信なかったんですけど、何とかなるものですね。The Roomの歴史を振り返る事で、改めてThe Roomとはどういう空間であったかったって事を、僕自身も再認識できて非常に意味ある内容になっていると思います。スタッフブログの方も、読者の方に親近感を持って頂けるみたいで思わぬ効果がありましたね。ネタがスタッフと僕で被ってたりするという問題もあるのですが、切り口が違うと見え方も変わるのでいいかなと。
   
- The Roomの2013年、次の20年は?


 2013年は"成人"という事で新たなスタートを切りたいですね。TAMARIBAというコンセプトを定着させるためにも、新しくてその名に相応しい形態での音楽提案を行なってゆきたいと思います。次の20年は全くの未知数ですよ!The Roomを20年やれた事ですら驚きなんですから。
   
「ONE SONG,ONE SOUL ~The Room 20th Anniversary Party Special 」


前代未聞!空前絶後!DJ100人、一曲入魂!
2013年2月8日(金) @ageHaにて開催!

詳細は、The Room
http://www.theroom.jp/one_song_one_soul/

■The Roomプロデューサー沖野修也によるカウントダウンBlog
http://ameblo.jp/shuya-okino/

■The Roomスタッフによる日替わり一曲入魂Blog
http://ameblo.jp/theroom/
PREV
Daniele Baldelli
Daniele Baldelli
NEXT
COMA-CHI
COMA-CHI