INTERVIEWS
< >

Jay Haze

 
- Red Dot Reliefはメディアや口コミの力を利用して、震災の被害が甚大で大変なことなんだということをみんなに理解してもらうために始めたんだ。-
 
- あなたはParties 4 Peaceの活動に参加されていますが、音楽やダンスを通じて平和を訴えていくというParties 4 Peaceの活動はいつどのようにして知ったのですか?

僕自身、世界のさまざまな事象に対して個人ができることの可能性を真剣に考え始めた時期があって、そのことが同じような志を持った人たちと出会わせてくれるきっかけになったんだけど、日本に行った時に出会ったEmilie McGloneもその1人だったんだ。その時、彼女が働いているピースボートを紹介してくれたんだけど、彼らのヘッドクォーターにお邪魔した時に彼らがやっていることにとてもとても感銘を受けてね。自分自身どうにかして彼らと共に活動する道を考えるべきだと思ったんだ。そして彼らとダンスミュージックカルチャーには強い影響力と大きな可能性があるという考えを共有できたから、それを通じてメッセージを発信していくことになった。ここ数年でこのプロジェクトの成長をとても嬉しく思っているよ。

  - あなたは実際にピースボートのゲストスピーカーとしてパナマ運河を通りペルーからコロンビアまでの航行に同行されましたが、それはあなたにとってどのような経験でしたか?

とても素晴らしい経験だったよ。前々からやってみたいと夢見ていたようなことをピースボートの助けを借りてやることができたことはまさに夢がかなったような体験だった。ピースボートの船上では世界のさまざまなトピックが取り上げられていたんだけど、そのどれもが自分にとってとても関心が高いものばかりだった。常々、原子力や武器の使用に対して反対の意思を持ってきたし、世界各地でいろいろな生活様式で暮らしているコミュニティにもすごく興味を持ってきたから、高い志をもったピースボートのスタッフたちと各地で実際にそういった人々や問題に触れながら航海できたことは貴重な体験だった。いつか絶対にまた参加したいと思っているよ。

  - 2011年3月に日本で東日本大震災が起こった時、あなたはSeth Troxler, Isis Salvaterraと共にサポート団体Red Dot Reliefを立ち上げられましたね。どのような目的でそれを立ち上げられたのか、またそれがどのような影響を生んだのか教えていただけますか?

Red Dot Reliefはメディアや口コミの力を利用して、震災の被害が甚大で大変なことなんだということをみんなに理解してもらうために始めたんだ。Red Dot Reliefという団体を触媒にみんなを集めてイベントを開催し、ステッカーやTシャツなどSNSを通じて口コミが起こるような仕掛けを用意して各地でキャンペーンを行って日本の状況への関心を持ってもらうことを目指したんだ。やってみて本当に多くの人々がポジティブな目的のために集まって、おのおのから情報が拡散していったことはすごく意義深いことだったと思うし、参加した人たちも自分たちにもやれることがあるというような気持ちを持つ事ができたんじゃないかと感じているんだ。
 
 
- 僕からアーティストたちに送れるメッセージは、世の中の重大な物事に関わりを持とうぜってこと。 -
 
 
- あなたは東京がとても好きだそうですね!今回11月のアジアツアーの一環で来日を熱望されたのはなぜですか?また今回のアジアでの滞在期間中にどのようなことをしたいと考えていますか?

そうだね、今では東京は自分の第3のホームタウンのように感じているんだ。多くの時間を過ごしてきて日本の文化や自然も理解するようになったし、世界で最も好きな公園の1つの代々木公園もあるしね。日本に行くと自然との結びつきをしっかりと感じることができるんだ。だから今回日本に行ったら自然に触れて、友人たちと再会して、そしてもちろん今も重大な問題である原子力が地球に及ぼす影響と未来への影響に対する理解を深める活動もするつもりでいるよ。
 
-  今年Parties 4 Peaceは10周年を迎えます。あなたから今後彼らのイベントやMUSIC & ART PEACE ACADEMY(MAPA)に関連してピースボートに参加するかもしれない世界中のアーティストに対してメッセージはありますか?

僕からアーティストたちに送れるメッセージは、世の中の重大な物事に関わりを持とうぜってこと。今ではデザインと広告とアートの境界線があまりにも曖昧になってしまって、多くのアーティストの作品がお金を生むという目的にすり寄っているように感じてるんだ。つまりは堕落だね。このことは、今アートが直面している最も重大な問題だと感じている。だから現実の問題に関わり、それに対応して表現を生むことが自分のアートを進化させることにつながると思うし、それだけでなくそういったアプローチは自分という人間をも内側から変えてくれると思う。自分の経験から少なくとも自分はそうだったと言う事ができるよ。
 
-  現在進行中の音楽のプロジェクトと非営利の活動について教えていただけますか?

僕は地球平和や地球環境を大切にすること、またそれに及ぼしている僕らの影響についてのメッセージを今まで以上に届けていく為に常に新しい人、新しいアーティスト、新しいテクノロジーとの関わりを求めて活動していて、今現在はRed Dot Reliefの活動に集中しながら、発端から関わっているMAPAの活動のアイディアも常に考えているし、ピースボートへの関わりも継続していく。それ以外にもポジティブな活動にはどんどん関わっていきたいと思ってる。そして最後に伝えたいのは僕らはみんな地球という大きな組織の小さな一部で、今こそ個人のことだけではなくて地球全体のことを考えるべき時に来ているってことかな。
 
- Event Information -

11月1日(金)渋谷"R LOUNGE"
Parties 4 Peace & Friends of the community celebrate our 10 year anniversary !
http://www.clubberia.com/ja/events/215551-Parties-4-Peace-Friends-of-the-community-celebrate-our-10-year-anniversary/

11月2日(土)大阪"ONZIEME"
Lime
http://www.clubberia.com/ja/events/215552-Lime/