INTERVIEWS
< >

DJ EMMAによる最新DJ MIX『HOUSEMUZIKLUV“TOKYO”』のリリースを記念してスペシャルインタビュー

 各国の名門レーベルからリリースを重ねた後、2014年にSTEPHANE KとDJ KOUTAROU.Aがスタートしたダンスミュージックレーベル「OTO MUSIC」。今作は、「EMMA HOUSE」を始め数々のプロジェクトで成功を収め、キングオブハウスして現在も高く評価されているDJ EMMAを起用し、DJミックスシリーズ『HOUSEMUZIKLUV』を240カ国主要デジタル配信ストア30ヵ所+国産オリジナルカセットテープ「限定100本(初回リリース記念国内発売)」でリリースすることが決定した。




Beatport Buy Link:https://www.beatport.com/release/housemuzikluvtokyomix-tape-by-dj-emma/3127257
Traxsource Buy Link:https://www.traxsource.com/title/1442025/housemuzikluv-tokyo
Itunes Buy Link:https://music.apple.com/jp/album/housemuzikluv-tokyo-mixtape-by-dj-emma/1533644675
Cassette Tape Price Limited Edition Only 100(Only Japan):¥2800+Tax   
Digital Download Store (World Wide 240 country,30 Stores):$16.99      


――本プロジェクトは、レーベルと相談して決定したのでしょうか?

そうですね。形式や内容、目的を明確にしていく上で決定して行くので。
タイミングや手法も様々だけどコンセプトは、もちろん大切で、レーベルと一緒に決めて行く方が積極的な内容で新しい事ができると想う。


――リリースしてきた経験で考えたりしますか?

今までは、様々なコンセプトでDJミックスをリリースして来ました。
レーベルのカタログからのみ選曲した企画のDJミックスは、PachaやPositiva Recordsでリリースしてるので今回で3回目ですね。使用したい曲や収録できる分数の条件の中で選曲しライセンスクリアして収録する企画のDJミックスは、エンマハウスだったり、その経験は、制作作業としても生かせる事ができました。

Pacha Link:https://pacha.com
Positiva Records Link:https://positivarecords.com


――なるほど!

DJミックスの場合は、大体この二つの軸がベースにあると思うのですが、どのようなフォーマットでリリースするか、それが決定していけば、アートワークからプロモーションまでベストな状態で制作していけると思う。OTO MUSICが得意としている海外への発信力の個性をベースに置き、各国の主要デジタルストアからの販売をベースにそこからカセットテープをリリースする事も含めてレーベル側と決めたんです。


――今までにカセットでリリースしたことはありますか?

カセットというフォーマットでリリースする事は初めてでしたが、実はカセットテープをコレクションをしていたので、自然に知識があってね。カセットやるならこれがいいってデザインのベースを手書きで描いてレーベル側にみせたり、マスター音源をどこの工場にお願いしてカセットに収録して仕上げていこうかって考えました。


――カセットのオーダーは、どこに頼んだんですか?

海外でやるのか国内でやるのかは好みだし、様々な情報を元にレーベルと相談したところ、ジャケやアートワークよりもテープやカセット本体の構造、再生するサウンドの相性も含めてマテリアルを優先して考える事にしました。デザインの意味やカセット本体だけでなく、テープ自体をゼロから制作できる事やそのテープに合わせて専門的なマスタリングも行う事を考えて東京電化に決めました。



――東京電化って?

国内唯一のメーカーとして48年の製造の歴史があり、国内唯一の製造工場でもあるんだけど、今年の9月末でカセットの製造業務の終了が決定したという事も告げられて、切ない気持ちになり何か運命的な気持ちになったよね。リスペクトしていたので。進めて行くうちに通常使用するカセットケースの在庫がなくなったってなり、過去の使用していたケースの選択をする事になったりしたんだけど、それが素晴らしくよかったりして、結果的に必要な事が特別感あるシンプルな内容にどんどん進んだと思っています。



――制作して行く中で貴重な出会いも出来事もあるんですね。

そうですね。DJも刺激しあって一緒に進めればいいよね。コロナの中だからって出来ないで何もやらずに諦めたく無いし、常にみんなと協力して作っていかないと、一部だけでバラバラやりたい事やっても迷うだけじゃない。


――発信して行く事が大切ですね。

国内でDJが主催し海外も含めて発信しているオリジナルダンスミュージックのレーベルが無かった時にNITELIST MUSICを作ったんですがレコード以外も含めてリリースし、様々な物に落とし込めればいいよね。最近はDJ NORIさんMURO君と共に東京レコードっていうレーベルのプロジェクトもやっていますよ。


NITELIST MUSIC Link:http://www.nitelistmusic.com/index.html



TOKYO RECORD Link:https://www.tokyorecords.com


――コロナ関係なく何もしないで答えは、求められないですね。

常にその時代に合わせたやり方や考え方で、否定的な事は全く考えず、立ち止まらずに、ダンスフロアと同じでクラウドと感動して作っていきたいと思っていますね。今回は、そんな話しをOTO MUSICの後輩でもあるDJ KOUTAROU.Aと自然に同調できたからこそ実現できたんだろうね。どこにも無いなら自分でやる事も大切です!


――今回選曲した中でのお気に入りの曲は、ありますか?

A面の一曲目に選んだOTO041_Davide Marchesiello_Izaiah(Original Mix)かな?これは、自分が今一番好きな感じのアフロ系。
もう一つは、OTO005_Dan K_Grace2015(The Edit)この曲は、昔結構フロアでかけてた曲で日本人のDan Kが製作し大ヒットした大好きな曲だよね。それのエディットバージョンのデジタルマスターね。A面からB面の間の切り替えもカセットテープの方は楽しんで欲しい。


OTO005_Dan K_Grace2015(The Edit) Release Information


OTO041_Davide Marchesiello_Izaiah(Original Mix)Release Information



HOUSEMUZIKLUV "TOKYO" MIX TAPE by DJ EMMA TRACK LIST

A-SIDE
OTO041_Davide Marchesiello_Izaiah(Original Mix)
OTO055_Jc Delacruz_Juggernaut Punch(Original Mix)
OTO054_Roberth Yance,DrumsMaster_My Breath(Dub Mix)
OTO050_D-Formation_Ai(Dub Mix)
OTO005_Dan K_Grace2015(The Edit)
OTO048_That Kid Chris_Rise&Shine(Original Mix)
OTO007_Carlos Manaca_Make A Move(Original Mix)

B-SIDE
OTO028_David Penn_Freak You(Dub Mix)
OTO006_Chus & Ceballos,DJ Chus,Pablo Ceballos_Oskuro(Original Mix)
OTO036_Ian Ludvig,Tini Garcia_Lanta(Original Mix)
OTO026_Tony Dee_Give Me(Original Mix)
OTO053_Maroglio.jay_Zettel(Original mix)
OTO016_John Creamer&Stephane K_Forget The World(Stephane K&Dj Koutarou.A Remix)
OTO051_Mark Boson_Isolated Angel(Original Mix)
OTO041_DJ Lugo_Equilibrio(Original Mix)


――何かを発信していきたいなって人にアドバイスありますか?

今回リリースしたレーベルのOTO MUSICなんかは、アートワークやPV制作、マスタリングも含めて外注しないって方法を選択してるんだって。これは100パーセント、スポンサー無しで自腹でPARTYやるのと同じだよね。だからこそ、今何をどのような方法で表現すればいいかで未来に繋がるよね。



DJ EMMA(NITELIST MUSIC)
FACEBOOK:https://www.facebook.com/pages/DJ-EMMA/132286593494703

1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。1994年に「GOLD」と契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。1995年にはDJプレイに留まらず音楽制作を開始。川内タロウと共に「MALAWI ROCKS」を結成する。同年NIGHTGROOVEより発売された12inchシングル"Music Is My Flower"が世界的ヒットを果たす。同じく1995年から発売され、日本を代表するMIX CDとなった「EMMA HOUSE」は、24bitマスタリングというMIX CDの枠を超えた徹底的な音作りとダンスフロアの雰囲気を閉じ込めた作品として好セールスを記録。2014年新たな活動を始めたNITELIST MUSICから、日本発のACID HOUSE "ACID CITY"を発売。HEARTBEATから2年連続リリースとなったMIX CD "MIXED BY DJ EMMA vol.2"と共にダブルリリースツアーを全国15ヶ所で行う。常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。2016年には活動30周年を記念したEMMA HOUSE XX~30th Anniversary~をユニバーサルミュージックよりリリース。2019年プロデュースユニットN.U.D.E名義で「N.U.D.E 1」をリリースし、さらにはACID CITYシリーズをリリースするなど、DJ及びプロデューサーとして精力的に活躍中。



OTO MUSIC Founded Date:July 7th, 2014 STEPHANE K+DJ KOUTAROU.A Music Label.

Demo: demo@otomusic.jp(Soundcloud private link using only,not accepting mp3 and wav by e-mail)
Licence Contact:Licence@otomusic.jp
Official Web Link:WWW.OTOMUSIC.JP 
Beatport Buy Link:https://www.beatport.com/label/oto-music/43780
Traxsource Buy Link:https://www.traxsource.com/label/20051/oto-music