NEWS

GWに行くべきパーティー/フェスティバル #02

 目前に迫ったゴールデンウィーク。クラベリアでは4月28日(木)から5月8日(日)に開催されるパーティーとフェスティバルのなかから、“これは行くべき”というものをピックアップし、数回にわけてご紹介。2回目に取り上げるのは「CIRCOLOCO JAPAN 2016」をフィーチャー。
 
CIRCOLOCO JAPAN 2016
派手なフェスとはまったく別もの。
純粋に音楽を堪能できるパーティー “シルコロコ”



 パーティーアイランド、イビサにある人気クラブDC 10。そのDC 10で10年以上続く人気パーティーが「CIRCOLOCO」。「CIRCOLOCO」とはスペイン語で“地元のサーカス”という意味にくわえ、“クレイジーサーカス”、“サーカス中毒”という意味もあり、いろいろな音楽やアーティスト、ユーモアであふれる服装をした人が入り乱れる、まさにサーカスのようでパーティーを愛する人のためのパーティーだ。


晴海客船ターミナルでの開催は
本場イビサの空気を移植


 「CIRCOLOCO JAPAN」は昨年5月30日(土)に海浜幕張公園内のビーチで開催している。DJプレイを楽しむ巨大なテント、ラウンジ的なウッドデッキ、そして砂浜で構成されたDC PARKが一日限りで出現した。ウッドデッキからは東京湾を眺められ、まるでイビサの開放感あふれる雰囲気をそのまま持ってきたようだった。昨年を振り返ってCIRCOLOCO JAPANスタッフはこう語る。

 「天気も最高だったのと、出演したアーティストも素晴らしいプレイをしてくれて、嬉しいことに来場者からは今年も開催してほしいという意見を多数頂きました。今回、こうして開催できることをとても嬉しく思います。晴海客船ターミナルという素晴らしいロケーションと最高のメンツで、CIRCOLOCOらしい濃厚なものを作ります。1フロアだからこそできるクオリティと音楽を届けたいと思います。今年は、昨年にも増して、本場さながらの雰囲気を味わえると思います」

昨年開催された時の映像



アルゼンチン開催では2万人を動員
世界中のパーティーフリークを魅了する、その魅力とは?


 CIRCOLOCOの特徴はなんだろうか? 一番は、テクノやハウスを軸にあらゆるシーンで活躍するアップカミングなアーティストからレジェンドアーティストが一堂に集うことだろう。たとえば、ベテランのKerri Chandlerが数年前にCIRCOLOCOに参入したことはビッグニュースだった。今回出演するThe Martinez BrothersやSeth Troxlerが世界へ飛び出すきっかけになるのもCIRCOLOCOのレジデンシーがきっかけになっている。

 「CIRCOLOCOが世界の音楽シーンのひとつの動きを作っているのは確かだと思います。そんな場所だからこそ、お客さんのパーティーをするモチベーションがとても高く、世界中探しても、毎週クレイジーな雰囲気になっているところはないんじゃないかと思います」

 CIRCOLOCOは世界中でパーティーを開催している。メキシコの「BPM Festival」、アメリカの「WMC」、イギリスの「The Arena」。今年1月30日には、アルゼンチンのコルドバで開催され、The Martinez Brothersをヘッドライナーとして2万人以上を動員。CIRCOLOCOの海外人気はさらに拍車がかかっているといえる。パーティー作りに対するこだわりも強く、各国で好まれるサウンド、TPOを考えてパーティーメイクをしているそうだ。今回の日本ではどうだろう?

 「本場イビサのCIRCOLOCOが持つクレイジーで圧倒的なパーティー感を、日本ならではの会場と、圧倒的な存在感のあるDJたちで表現できたらと思っています。CIRCOLOCOはクレイジーですが、派手なフェスとは一線を画していて、まったく別のものと考えてほしいです。ただ、純粋に音楽を堪能しに遊びに来てください」


2万人以上を動員したアルゼンチンのコルドバでの様子
 
世界のトップDJが集結
ハスウ/テクノの“旬”を凝縮したラインアップ


 出演者のなかでクラベリア読者に、とくにオススメなのがSeth Troxler、THE Martinez Brothers、Nastiaだ。

 Seth Troxlerは、2009年から2012年にかけてのResident Advisorの人気投票では3位、2位、1位を記録。その後もつねにトップ10に顔を出している。人間性あふれる個性的なキャラクターと膨大な音楽の知識、ミックステクニックで、Richie HawtinやRicardo Villalobosなどと肩を並べ世界のトップに君臨し続けるアーティストだ。トリッピーで変幻自在なプレイを楽しんでほしい。

 THE Martinez Brothersは、Chris MartinesとSteve Martinezによる兄弟ユニット。10代のころにニューヨークの伝説的クラブ、The Shelterでプレイし、無名だった彼らがフロアをロックし話題となる。さらにDennis Ferrerが彼らの才能を見出し、自身のレーベルObjectivityからリリースさせたほど。現在は多くのビッグフェスティバルでヘッドライナーを務めている。このタイミングでの来日は全世界でもとても貴重なものであり、なによりエネルギーに満ち溢れたそのプレイスタイルが魅力だ。

 Nastiaは、東欧ダンスミュージックシーンのアイコンであり、ウクライナ最大級のフェスティバル「Kazantip」のクルーとしても活動している。Richie Hawtinの「ENTER」、メキシコの「BPM Festival」、ドイツのBerghain、ロンドンのfacricなど、世界トップレベルのフェスやクラブにラインナップされている。

 ハウス/テクノミュージックシーンの“旬”の音楽とアーティストを詰め込んだパーティー「CIRCOLOCO JAPAN 2016」。「シルコロコ」は私たちをハッピーにクレイジーにさせてくれる魔法の言葉なのかもしれない。
開催概要
開催日:5月4日(水・祝)
会場:晴海客船ターミナル(東京都中央区)

■CIRCOLOCO JAPAN 2016詳細
http://www.clubberia.com/ja/events/250242-CIRCOLOCO-JAPAN-2016/
18
FEB
PREV
フジロック第6弾出演アーティストにThe Avalanches、dCprG、Baauer、UAら11組決定
フジロック第6弾出演アーティストにThe Avalanches、dCprG、Baauer、UAら11組決定
NEXT
伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活
伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活