REPORTS
< >

WIRED CLASH

石野卓球がオーガナイズする国内最大となる屋内テクノフェスティバル「WIRE」とageha随一の人気を誇るテクノパーティ「CLASH」とのコラボレーションにより生まれた「WIRED CLASH」が4月28日(火)に第2回目の開催を迎えた。

主宰の石野卓球をはじめ、「WIRE」や「CLASH」に馴染みのある日本を代表するテクノアーティストが多数集結した。さらに、ドイツテクノにおける重鎮CHRIS LIEBINGや、南米派変態テクノレーベルComemeの中心アーティストでありメキシコ出身のrebolledoも出演し、多くのファンを魅了。それぞれが全く違う個性を存分に発揮したプレイを展開し、日本におけるテクノシーンがいかに力強いものかを証明した。

あらゆるジャンルのパーティが混在する昨今において、これだけのエネルギーを持ったパーティは他にないかもしれない。日本を牽引するDJたちの素晴らしいパフォーマンスを見る限り、次回開催に更なる期待を持てる一夜となったのではないだろうか。

Photo by Ryu Kasai