REPORTS

SETSUZOKUとMUROのタイトリップ。穏やかな時間と刺激が詰まったスペシャルイベント

写真・動画:Sugino Terukazu / @justywanap

 2018年11月10日(土)にバンコク屈指のカルチャースポット、Studio LAMでMUROを迎えた初回のSETSUZOKUが開催された。イベントにはモダン・モーラムバンドThe Paradise Bangkok Molam International Band、Zudrangma RecordsのKANEHBOSが登場。タイのキング・ オブ・ディギンことMAFT SAIもプレイをおこなう予定であったが、会場内から溢れるグッドバイブスを感じたMAFT SAIがMUROへプレイの延長をラブコール。それにMUROが応えイベント終了まで、日本でもここ数年滅多にプレイすることのなかったファンクやソウルのロングセットを披露した。

 そんなイベント内容に加え、バンコク・チャイナタウンのレコード店やMAFT SAI (マフト・サイ) が経営するタイヌードル店Sangaa Beef Noodlesなどを訪れたMUROの様子を映像と写真で振り返る。






















-Culture Party- SETSUZOKU 2018 in Thailand Vol.1 MURO(King Of Diggin') from -Culture Party- SETSUZOKU on Vimeo.



SETSUZOKU Official Site
http://setsuzoku.info
 
PREV
大人から子どもまで楽しめる新時代のパーティーMASTERS AT WORK in JAPAN
大人から子どもまで楽しめる新時代のパーティーMASTERS AT WORK in JAPAN
NEXT
渋谷に1日だけ現れた、音楽とアートが交差する空間 
「BACARDÍ“Over The Border”2018」
渋谷に1日だけ現れた、音楽とアートが交差する空間
「BACARDÍ“Over The Border”2018」