ARTISTS
< >

DJ HELL

International Deejay Gigolo Records

DJ HELLこと、ヘルムート・ヨゼフ・ガイアーは、ミュンヘン出身のDJ/プロデューサー。20年以上に渡ってDJ活動するとともに、自身のレーベル International Deejay Gigolosを運営。1996年にスタートしたこのレーベルは、JEFF MILLESやDAVE CLARKEら、トップ・アーティストの楽曲をリリースするほか、MISS KITTINやFISCHERSPOONER、VITALIC、TIGAなどの優れた才能を発掘。エレクトロ・クラッシュやニューウェーヴ・リヴァイヴァ ル・ムーブメントの起爆剤となった。レーベルのカラーやDJ HELL自身の音楽性には、彼がリアルタイムで体感した‘80sニューウェーヴやディスコ、シカゴ・ハウスからの影響が色濃く反映されている。同時にパン キッシュなマインドをあわせ持った独自のサウンドは、オリジナル・アルバム、『Munich Machine』(’98)や『NY Muscle』(’04)で表現されている。さらに2003年には、USヒップホップ界のトップ・スター、P. Diddyの「Let’s Get Ill」をリミックスするなど、その活動はテクノ/エレクトロ・シーンにとどまらない。2006年にはこれまでの代表作に加え、DAVE CLARKE、TIEFSCHWARZ、Tomas Anderssonらによるリミックスを収録した二枚組みアルバム、『Grosenwahn 1992-2005』をリリース。この作品では、彼がこれまでに歩んだ足跡をたどることができる。2011年5月にはベルリンの老舗レーベルStereo Deluxeよりエレクトロニック・ミュージックの歴史を振り返るようなミックス盤『Coming Home』をリリース。現在、最も多忙なDJの一人として、世界中を駆け回るジャーマン・テクノ/エレクトロ・シーンの重鎮にして中心的存在である。