ARTISTS
< >

Satoshi Tomiie

Abstract Architecture

 東京生まれ。クラシック・ピアノ教育を受けジャズに興味が湧く。学生期にバンド活動を経てDJを始めクラブ・ミュージックの制作手法へと辿り着き、’88年頃に制作したデモで世界への扉を開く。それが、フランキー・ナックルズに渡した「Tears」(’89)だ。この曲でワールドワイド・ヒットを期にNYCに拠点を移し、DEF MIX PRODUCTIONSに加入。ハウス・ミュージックがミュージック・シーンを席巻する’90年代に夥しい量の仕事をこなし、坂本龍一「Heartbeat」('91)プロデュース+同ツアー参加、LOOP 7、Black Shells、Mes、盟友・木村コウとのLevel 9など複数の名義を操り自身の作品を発表。
 
 ’99年にアルバム『FULL LICK』をリリース、’00年にはHector Romeroをパートナー に[SAW.RECORDINGS]を立ち上げ、ソロ作、コラボ作を含めたトミイエの作品リリー ス拠点としても機能してきた。
 
 新たに立ち上げた[Abstract Architecture]から、アーティスト・アルバム『New Day』 ('15)がリリース。引き続き新たなリミックス/未発表リミックスにアルバムから限定レコード盤オンリーサンプラーという形でリリースされてきた作品を加えたRon Trent、DJ Sneak、Maayan Nidam、Fred P、Cab Drivers、Brawther、Pablo Mateo、Hugo LX などによるリミックスを収録した『Abstract Nature』('17)をリリース。
 
 現在ニューアルバム制作と並行して Kaoz Theory, No19, Holic, Yoyaku などのレーベルか らもソロ作品を次々とリリースしている。
 
 30年のDJキャリアを持つトミイエは、現在もDC10、Rexなど欧州、北米~中南米、 アジアと世界を駆け巡っている。 新たな試みとしてモジュラーシンセ、ドラムマシー ンやサンプラーなどハードウェア機材とターンテーブルやミキサーなど伝統的なDJツー ルを組み合わせたハイブリッドDJセットを始めるなどトミイエのパフォーマンスや制作手法は常に進化を続けている。(2017年現在)