ARTISTS
< >

Carl Craig

PLANET E / DETROIT

1987年、デトロイトテクノのオリジネイターであるDerrick MayKevin Saundersonと出会い、数々のレコーディングに参加。

1989年にはDerrick Mayのレーベル、TransmatからPsyche名義でファーストEPをリリース。その後、自らのレーベル、Retroactiveを設立し自身の作品を中心にリリースする。

 

1991年にはRetroactiveに幕を閉じ新たなレーベル、Planet Eを設立。そこから、69名義で「4 Jazz Funk Classics」、「Jam The Box」、「Desire」、Paperclip People名義で「Remake」、「Throw」、「Climax」、Innerzone Orchestra Bug In The Bass Bin」などのEPを次々とリリースし、世界中で大ヒットを記録。また、Moritz Von OswaldBasic Channel)のプロジェクトであるMの「Dommina」のリミックスを手がけ、ハウスファンにも絶大な評価を得る。

 

1996年にはPaperclip People名義のアルバム『The Secret Tapes Of Dr.Eich』、1999年にはInnerzone Orchestra名義のアルバムを発表。後者はMiles DavisJohn ColtraneSun Raといったスピリチュアル・ジャズの巨人たちからの影響を、彼独自のエレクトロニック・サウンドで追求し世界的に高い評価を得る。

 

また、リミックス作品をコンパイルしたDesigner Music名義のアルバムや、ミックスCD The Workout』、『FABRIC 25』、伝説のデトロイト・スピルチュアル・ジャズの巨人たちと制作したプロジェクト、The Detroit Experiment Moritz Von Oswaldと共にRavelのクラシック音楽を再構築したRecomposedなど、常に新しい音楽に果敢に挑戦し続けている。ほかにも、「Tres Demented」というフロアキラーの強力なトライバルトラックや「Darkness」や「Angel」などのディープ・トラック、Laurent GarnierTheo ParrishRhythm & SoundJunior BoysXpress 2Morgan Geist等の傑作リミックスを手がけている。Planet Eと共に現在も尚確実に進化を続けているエレクトロニックミュージック界の革命児Carl Craig