ARTISTS
< >

Eastern Youth

イースタンユースは88年、札幌で結成された。
結成当初はUK及びUSのパンク、ハードコアから影響を受けた硬質なサウンドを持ち、また吉 野寿のヴォーカルも所謂ハードコア・スタイルが取られていたが、3rdアルバム『孤立無援の花』で正面から歌に取り組み、そして4thアルバム『旅路ニ季 節ガ燃エ落チル』で、激しいながらもパンクの概念に捕われない、「真心の籠った歌を紡ぐバンド」としての境地を確立。以降、志の高い優れた作品を創り続け ており、国内のみならず海外からの評価も高い。
結成20周年となる08年7月23日にはトイズファクトリーとキングレコードより在籍時代のベスト 盤、そしてVAPより彼らがリスペクトするアーティスト28組が参加したオムニバス・アルバム「極東最前線2」がリリースされ、FUJI ROCK FESではメインステージであるGREEN STAGEに数少ない国内アーティストとして出場、4万人キャパのステージを大いに沸かせた。
最新アルバム「歩幅と太陽」を09年8月にリリース、その全国ツアー真っ只中の同年9月、吉野が心筋梗塞に倒れ、活動を休止。
2010年3月にその復活ツアーを無事に、そして大盛況に終了。2010年8月にライブ・ドキュメンタリー+ビデオクリップ集2枚組みのDVD「ドッコイ生キテル街ノ中」をリリース予定。

1988年結成。現在に至る。

吉野 寿:エレキギター、ボイス
二宮友和:ベースギター
田森篤哉:ドラムス