ARTISTS
< >

Kouichi Hirose

Kouichi Hiroseはサウンドメイカーとして独自のバランスで操るその天才的センスによって、多数の国内外アーティストのリミックスを手がけている。南アメリカのオーガニックビートからヨーロッパのヘビーなエレクトロニカまで、幅広いワールドミュージックを操り世界標準で多角的な選曲とMIXセンスは各方面から絶大な支持を受けている。ハウスサウンドへの情熱からくるダンスミュージックの様々な解釈こそが彼のDJそのものであり、曲の個性を活かし融合させ、観衆のソウル、会場の熱気をヒートアップさせるセンスを兼ね備えている。
2010年に開催された"DJ CONTEST PATAGONICA"にて見事グランプリに輝きその卓越したスキルとグルーヴ感溢れるDJスタイルは国内外から大絶賛される。南米チリツアーも経験し、ますますその活動の幅を広げている。
2012年からは、東京クラブシーンを代表するクリエイティブ集団『WEEKEND WARRIORZ』のレジデントDJ/クリエイティブ・ディレクターとして、ストイックさを兼ね備えつつ、常に新しいスタイルを打ち出し、プレイによって自らのストーリーを表現し続ける姿勢で日々熱い注目が注がれる。
同年、自身の初のREMIX作Datakestra「Distance Remix Pt.1 Kouichi Hirose Remix 」を国内屈指のレーベル” UNKNOWN season”からのリリース、Steve Aoki feat.Lovefoxxx「Heartbreaker」のREMIXを手がける。また、長きにわたりクラブDJとして第一線で活躍するYama a.k.a. SahibとThrough Toneとのジャンルや世代を越え新たな可能性を秘めた楽曲制作や、コラボレーションを実現させる新しいプロジェクト「Kouichi Hirose and Droppers Project」 を始動させ、デビューシングル「Droppers」をリリース。本作収録曲「Ruffled House」では、J-WAVEの人気のプログラムであったGilles Peterson「worldwide」のProducerとしてもお馴染みの石井亮氏を迎えたサウンドコラボレーションを実現させる。
「Kouichi Hirose and Droppers Project」は、今後KSRよりマンスリーでのリリースを控えている。

DJ Hirose has been taking remix works for many artists not only Japanese artists but also from overseas. Once if you know his sound skills and senses as a sound maker, you would understand at all, why he works with so many artists from all over the world. DJ Hirose handles various range sounds from South Africa’s organic beats to European heavy electronic sounds. His sense of music selection and mixing are no doubt to be as a world standard class that attracts everyone who has ever listened to his sound. His deep passion for house music sounds makes his world of dance music, is his DJ itself. Gathering the heated atmosphere and makes people feel great with his harmonized sounds. This is DJ Hirose. In 2010, by his superb skills and grooves, he won the grand prize of DJ contest Pataganica in 2010. Soon later he went on South America Chile tour and came back with great admiration from over the world. Now he works as the resident DJ/Creative Director of WEEKEND WARRIORZ which is creative group that stands for Tokyo club scene. Always defeat his own DJ style in a good way, and expressive DJ style has been catching party people’s mind and soul. He is definitely one of the DJ from whom works will be expected most from now on.