BLOGGERS

Dachambo CD HATAのMachine de Music
コラムVol.42
BAIS MSO & EarthQuaker Devices

 前回このコラムで取り上げた「EarthQuaker Devices」。今回は音にフォーカスしていきます。

今回、CD HATAがセレクトした二つのエフェクターは「Data Corrupter」と「Space Spiral」です。



 一つ目「Data Corrupter」

ココでは、オクターバー、ハーモナイザーに分類され、ハーモナイジングPLLシンセサイザーとなっています。

しかし、単にハモらせたりするだけじゃなく、原音に加えたシンセサイズさせた音をGlide(ウィーンって感じ?!)させたり、Vibrato(ピロピロって感じ?!)させたりできるんで、それはもうウニャウニャ、グニャグニャなっちゃうわけですよ。

 

詳しくはココ

 

もう一つ「Space Spiral」

モジュレーションディレイなんだけど、テープエコーみたいなシュワンシュワンな感じと、ディレイタイムをいじってピヨヨヨンも出せるやつです。

 

詳しくはココ

 

前回このコラムで「Data Corrupter」は、社長のジェイミーさん、「Space Spiral」は、Lisa Bella Donnaさんがデモ演奏で使っていて、いいなと思ってセレクトしました。

 

でもって、何をオシレーター(元になる音)にしようかなと思った時に、オシレーター自体はシンプルな方がエフェクターの味がしっかり出るよなと思ってて、前にこんなことやってたんだけど
 



この時に使ったイシバシテルミンを使おうかなと思ってた時に、後継機種が出たって情報が入ってきて、コレが気になりました。

一番上の写真の一番右側のやつね。

 

VolumeとPitchとbeatの3つのノブだけのシンプル設計

まさに今回の意図にうってつけ

さっそくイシバシ楽器さんへGOしてCHECK!!!




最近、こういうガジェット系のコンパクトエフェクター増えて嬉しい!!!







またしても、気になってしまったのは、木になるバナナ(あっスミマセンw)

コレをチェック

 



いいですよねぇ~

こういうのどんどん増えて欲しいなぁ~

 

イシバシ楽器さんありがとう。

実は6年前のこの時にもお世話になっています。

 

 

さて、実際に三つを組み合わせてみたら、こんな感じに


 

ってことで、さっそく、こないだのPHAZEで、Hisashi Saito/齋藤久師さんとのセッションで使ってみました。



実際にクラブの大きなスピーカーで鳴らしてみて再確認したんだけど、BAIS MSO自体の音の太さと、Data Corrupterで2オクターブ下の音から繰り出される低音がくっきりした音像で太い音!!!

かなりヤバかったです!!!

ブッ飛ばされました!!!

 

こういう、どうなっちゃうんだか、わけわからん系の音機械好きです。

 

と思ってたら、イシバシ楽器名古屋栄店にガレージ系エフェクターが大量入荷ですって!!!

詳しくはココ


ちょうど今週、CD HATAは名古屋に行きます。

 

11/16(木)

CD HATA from Dachambo with ようすけ管理人

DAWワークショップ supported by OTAIRECORD

https://www.otaiweb.com/event/cdhata/



OTAIRECORDのようすけ管理人さんと一緒に名古屋栄aboutで、Ableton Liveのワークショップをやります。

Ableton Meetup Tokyoスタイルのわいわいがやがややりながら、リラックスした初心者にもわかりやすい内容でお届けします。

20名限定での募集

まだギリギリ申し込み可能なのでチェックよろしくです。

 

そして、EarthQuaker Devicesのデモ演奏もしていた、ヴァイオリン奏者の勝井祐二さんとヴァイオリンデュオでも活動する、インドヴァイオリン奏者の金子ユキさんと東海ツアーをします。

 

11/17(金) 一宮slowroom

11/18(土) 名古屋 今池 The Plastic Factory

11/19(日) 豊橋grand Space Quark 







東海地方の皆様よろしくです。

この時も、BAIS MSO & EarthQuaker Devicesを使っちゃおうかな!!!

 

  CD HATA