NEWS
< >

坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が第74回ベネチア国際映画祭に出品決定

 世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』。本作が8月30日(現地時間)にイタリア・ベネチアで開幕される第74回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に公式出品されることが決定。坂本にとって当映画祭は2013年にコンペティション部門の審査員として参加したゆかりの深い映画祭。今度は自身の出演作品が日本での公開に先駆けてワールドプレミアを果たすこととなった。
 
 本作は、2012年から5年間という長期間に渡る本人への密着取材によって実現。過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー。タイトルに使われている「CODA」とは、ひとつの楽曲や各楽章の終わりに、終結の効果を強めるためにつけ加える音楽用語。
 
 日本では11月4日から、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開される。
 

作品情報
Ryuichi Sakamoto: CODA
©2017 SKMTDOC, LLC
11月4日(土) 角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
配給:KADOKAWA
 
■Ryuichi Sakamoto: CODA公式facebook
https://www.facebook.com/%E6%98%A0%E7%94%BBRyuichi-SakamotoCODA-591048667766151/