NEWS

タワーレコード創業者のラッセル・ソロモン氏が逝去

  “NO MUSIC NO LIFE”のキャッチコピーで知られる世界的な音楽専門チェーン店「Tower Records/タワーレコード」の創業者であるラッセル・ソロモン氏が、カリフォルニア州の自宅で亡くなった。享年92歳。

氏は1941年、当時16歳の時にレコード販売を開始し、1960年に店名を「タワーレコード」とした。以降、急速に会社は発展を遂げ1990年代には世界中で250店舗以上を経営していたが、近年は経営難から会社は人手に渡っていたとのこと。

日本のタワーレコードは02年より独立経営しているが、追悼メッセージが発表されている。
http://tower.jp/article/news/2018/03/06/n102

また、2016年には米国タワーレコードのドキュメンタリー映画『オール・シングス・マスト・パス』DVDも発売されている。
 
PREV
リズムパフォーマー「TR-8」のハイグレードモデルが登場
リズムパフォーマー「TR-8」のハイグレードモデルが登場
NEXT
DJ WADAが新作『Key Of Life』をカセットテープでリリース
DJ WADAが新作『Key Of Life』をカセットテープでリリース