NEWS

主催者が詐欺で逮捕!?世紀の大失敗に終わったフェス「FYRE(ファイア)」のドキュメンタリーがNetflixで公開

 2017年春、主催者が詐欺の容疑で逮捕され、開催初日で中止となったアメリカのフェスティバル「FYRE(ファイア)」。世紀の大失敗に終わった本フェスティバルのドキュメンタリー「FYRE:夢に終わった史上最高のパーティ」がNetflixで公開された。
 
 なぜそんなことになったのか? 気になる内容はこうだ。
 2017年4月28日~30日と、5月5日~5月7日の2回に分けて、アメリカの小さな孤島で開催される予定だった「FYRE」。出演者は、Major Lazer、Disclosureなどが予定され、PRには多数の人気モデルを起用。豪華宿泊施設やマリンスポーツなども楽しめるとしてチケット代は約16万5,000円~約132万円とかなり高額。にも関わらず、用意されていたのは簡易テントと鍵無しロッカー、そしてパン2枚とチーズ2枚にサラダだけの食事だったという。当初予定されていた豪華な音楽フェスとは、あまりにかけ離れた内容となり初日で中止。主催者のBilly McFarlandは詐欺の容疑で逮捕された。
 
 当初の予定通り開催されていれば、ドキュメンタリーのタイトルにある通り“史上最高のパーティ”となっていたであろう「FYRE」。さっそく今週末にチェックしたい作品だ。

https://www.netflix.com/

 
22
FEB