NEWS

自宅でアナログレコードを作れるバイナルレコーダーの先行予約を開始

 自宅で10インチのアナログレコードを作れる世界初のホームバイナルレコーダー『Phonocut』の先行予約が開始される。

 機材のサイズは、通常のターンテーブルとほぼ同じで、作りも非常にシンプル。ユーザーが選択したデジタル音源を専用のアプリでアレンジし、両面に10分〜15分の曲をリアルタイムで録音することができる。オーディオケーブルを差し込み、Playボタンを押すだけで、ダイヤモンドの針がレコード盤の表面に音波を直接刻むという。

 『Phonocut』は、10月15日(火)にクラウドファンディングサイトKickstarterにて先行予約のキャンペーンをスタート。販売価格は999ユーロ(約12万円)で、初回オーダーの発送は2020年12月頃を予定しているとのこと。

『Phonocut』公式サイト
https://phonocut.com/

関連リンク
https://www.wired.com/
PREV
Pioneer DJが横浜にDJスクールを開校 
Pioneer DJが横浜にDJスクールを開校 
NEXT
渋谷TSUTAYA O-EASTと東間屋が一体化したナイトベニュー「MIDNIGHT EAST」が始動。第1弾にDoc MartinとDJ Nobu
渋谷TSUTAYA O-EASTと東間屋が一体化したナイトベニュー「MIDNIGHT EAST」が始動。第1弾にDoc MartinとDJ Nobu