NEWS
< >

六本木にアートコンプレックス「ANB Tokyo」がオープン。オープニングイベントではライブ配信も

 六本木に新たなアートコンプレックス「ANB Tokyo」がオープン。オープニング展となる「ENCOUNTERS」は、10月11日 (日) から、ANB Tokyoの4フロアを使って開催される。



 「ANB Tokyo」は、アートを介して文化が息づくエコシステムを社会に醸成していくことを目指して設立。意欲的に表現活動と向き合うアーティストのサポート、アートを軸にしたコミュニティの形成、展覧会やトークイベントなどの企画・運営などを行なっていくことを表明している。



 オープニング展「ENCOUNTERS」は、予期せぬ「遭遇」から生まれる新しい創造をテーマに、若手キュレーターたちが中心となって企画する4つの展覧会から構成される。都市、ストリート、エコロジー、パーティーといった異なるテーマのもと、26組のアーティストが集結。遭遇と対話から生まれるセレンディピティーを、体感することができる。



 また、10月10日(土)にはオープニングライブの開催も決定。4つのフロアで同時にライブが行われ、KOM_I、藤|||||||||||田、角銅真実、内橋和久、小暮香帆、Mora Mothausといった5名のアーティストが各階で演奏を繰り広げ、1名のダンサーがフロアを縦断する。各フロアの音楽と映像、そしてパフォーマーを追うカメラがDJ/VJによりミックスされ、Youtubeで配信される。



OPENING LIVE STREAMING
日時:10月10日(土)19:00〜予定
出演アーティスト:KOM_I、藤|||||||||||田、角銅真実、内橋和久、小暮香帆、Mora Mothaus
プロデューサー:Noiz Nakamura、小金沢健人
撮影:Tokyo Photographic Research(顧剣亨、小林健太、小山泰介、築山礁太、細倉真弓、三野新)
音響:中原楽(LUFTZUG)
VJ:高梨 喜芳
舞台監督:河内崇
制作:井尻有美
YouTube配信URL
https://www.youtube.com/watch?v=IvOvCGOUl_w&feature=youtu.be

TICKET INFORMATION
会期:2020年10月11日(日)~11月8日(日)
会場:ANB Tokyo 3F, 4F, 6F, 7F
住所:港区六本木5-2-4(六本木駅から徒歩3分)
開催時間:12:00〜20:00(入場は19:30まで)
休館日:月・火
入場料:一般 1000円、中・高・大学生 入場無料 ※受付にて学生証要提示
入場規制:10名/毎30分程度
入場方法:事前予約制
キュレーション:山峰潤也(TAA共同代表)、石毛健太、丹原健翔、西田編集長、布施琳太郎、吉田山、Tokyo Photographic Research


一般財団法人東京アートアクセラレーション 共同代表
山峰潤也氏より

六本木に新しく誕生したアートコンプレックス、ANB Tokyoでは、『ENCOUNTERS』展を開催いたします。「遭遇」を意味するENCOUNTERを複数形にしたタイトルは、ここANB Tokyoに関わるすべての人たちが、それぞれの領域や属性を超えて出会い、新しい扉が開かれるようにという願いと、このユニークなスペースと社会との遭遇を意味しています。

「遭遇」は、予期せぬ・偶発的な・望まぬ、といった言葉を連想させます。未知なるものへの恐れは、敵対や分断の予感からくるものです。しかし、「運命の出会い」のように新しい回路が望外の喜びをもたらすことを、私たちは知っています。

今、世界は大変なコミュニケーション不全に陥っており、知らないもの同士が出会って何かを始めることは簡単なことではありません。ですが、この「大変」という言葉は「大きく変わる」ということも意味します。『ENCOUNTERS』は、アーティストやキュレーターとの対話を重ねながら、社会が大きく変わるための初めの一石を投じる企画です。


ANB Tokyo公式ページ
https://taa-fdn.org