NEWS
< >

fabricが英国政府から約2億円の助成金を授与

 世界的にも有名なロンドンのクラブ「fabric」が、文化復興基金の一環として150万ポンド(約2億円)の助成金を授与。今回授与された35の施設のうち、クラブ・ミュージックに重点を置いていた施設はfabricだけだった。

 10月を通して、アートカウンシル・イングランドは5億ポンドの文化復興基金の一環として、シェイクスピアズ・グローブ劇場やナショナル・バレエ団、その他博物館などの機関にそれぞれ100万ポンド〜300万ポンドの助成金を授与した。前回の助成金では、Resident AdvisorやBoiler Room、Corsica Studios、Motion Bristol、Crack Magazine、GlastonburyといったWebメディアや配信サービスも同様に授与されている。

 また、アートカウンシル・イングランドは、DJやパフォーマー、その他の文化産業の専門家を対象とした1800万ポンドの追加助成金も発表。申請者は2,000~10,000ポンドの助成金を受け取ることができるようになった。


以下fabricからのコメントを引用


文化復興基金への申請が成功し、大変嬉しく思っています。また、イングランドのアートカウンシルチームとデジタル・文化・メディア・スポーツ省が私たちを信頼してくれたことに、そしてMusic Venue Trust、NTIA、UKHospitalityの皆様には、パンデミックの流行期間中、絶え間ないサポートをしていただいたことに感謝いたします。

世界中の他の多くの文化機関と同様に、この8ヶ月間は私たちが今までやってきた中で最も困難な時期でした。ロンドン中心部にある1,500人キャパの会場を維持するためには、家賃を支払い、維持するだけでも大変なプレッシャーと経済的負担がかかりました。

当面の間、定期的なクラブイベントを開催することができないことが予想されるため、文化復興基金は、私たちにとって重要な生命線となるでしょう。最新の動向を見ると、少なくとも今後半年間は、活動を縮小して開催することが最善のシナリオであることがわかります。このことを念頭に置き、助成金の一部は会場の存続を確保するために使用します。これには、家賃、メンテナンス、COVIDの安全なインフラの導入などが含まれます。

そのほかにも、今回の助成金は、ライブストリームシリーズ、専門家主導のチュートリアル、コミュニティの中であまり知られていないグループを称えるコミュニティアウトリーチプログラムなど、さまざまな新しい取り組みに使用します。

私たちのような会場が、英国で最も評価されている多くの機関と並んで認められたことに感激しています。エレクトロニック・ミュージックは文化であり、過去21年間このシーンを代表してきたことを誇りに思っています。多くの不確実性の中で将来を見据えるのは非常に難しいことですが、私たちのコミュニティが団結してより強く立ち直れることを心から願っています。

これまでの間、そして今回の期間、私たちと一緒に歩んできてくれたすべての人に感謝したいと思います。みんながいなくて寂しいけど、またすぐに音楽を共有できることを楽しみにしているよ。


fabric公式ページ
https://www.fabriclondon.com/

Art Council公式ページ
https://www.artscouncil.org.uk