NEWS
< >

電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」12月開催決定!全ラインナップ一挙公開

  6年目を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」が12月8日(水)~12日(日)の5日間、「日本科学未来館ドームシアター」「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」「渋谷ストリーム ホール」にて開催決定。

 今年は、日本の文化芸術による国家ブランドの構築と経済的価値等の創出や国際発信力を高める、文化庁委託事 業「令和3年度戦略的芸術文化創造推進事業」として実施。全会場において有観客で、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を会場ガイドラインに基づいて行われる。


全5日間のラインナップ




12月8日(水)「A/Visions 1」

 1日目は「日本科学未来館ドームシアター」にて、最先端のデジタルアートに没入できる体験型イベント 「A/Visions 1」を各回(2公演)限定50名にて実施。1部公演では、カナダ・モントリオールに拠点を置くアートセ ンターSociety for Arts and Technology (SAT) のキュレーションしたオーディオビジュアル5作品を上映。

  2部公演は、第22回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品に選出された、Synichi Yamamoto + Seiichi Sega & Intercity-Expressによるオーディオビジュアル作品「Noesis」最新版(4K3D+8.1chサラウンド)を、3D映像によるスペシャルライブで展開される。




12月9日(木)「A/Visions 2」

 2日目には渋谷カルチャーの継承と発信の場、次世代のエンターテインメントを創造するホール「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」にて、限定1000名の芸術音楽と舞台芸術がシアター形式で体験できるイベント 「A/Visions 2」を実施。東京五輪開会式への楽曲提供も記憶に新しい新進気鋭の音楽家、原摩利彦がライブコンサートを披露する。ピアノ、 シンセサイザー、弦楽アンサンブルにペルシャの楽器サントゥールを加えた特別編成のライブで、映像は白木良が手がけるそうだ。

  さらに、ダンサー東野祥子と現代音楽家カジワラトシオが率いる京都拠点のパフォーマンス集団Antibodies Collective(アンチボディズ・コレクティブ)が、舞台芸術作品「あらゆる人のための、誰のためでもない世界」を劇版として披露する。



12月10日(金)〜12日(日)「Nocturne」

 12月10日からの3日間は、「渋谷ストリーム ホール」にて、オーディオビジュアル、サウンドインスタレーション、アンビエント/エクスペリメンタルミュージックのライブパフォーマンスを大音量&スタンディングで堪能できるイベント「Nocturne」を各日300名の限定人数で開催。

  初日の「Nocturne 1」は、アーティストのSaskiaが舞踏家のKana Kitty、Yumi Sagara、ライティングのHitoshi Satoとチームを組んだパフォーミングアート作品「ロウ」を初上演するほか、プロデューサーのLemnaと映像作家のKaori Yasunagaのコラボによるオーディオビジュアルライブパフォーマンス、そしてWata Igarashiがd&b Soundscapeを使用したサウンドインスタレーションライブ「FLOW」を披露。



 2日目の「Nocturne 2」では、日野浩志郎によるソロプロジェクトYPYのライブに加え、今年デビューアルバム 『Orca』をリリースした才気溢れるミュージシャンNTsKiと、ビジュアルアーティストSaeko Eharaのコラボレーションライブが実現。

 また、ビジュアルプログラミングのワークショップ/イベントを開催しているクリエイターコ ミュニティ、TDSW (Tokyo Developers Study Weekend) のキュレーションによりMasayuki Azegami & komakinex、dhrma & Yuki Ishidaの2組がオーディオビジュアルライブで参加する。



 最終日の「Nocturne 3」では、Aiko KiyamaのAalko名義によるライブパフォーマンス、アンビエント作家Chihei HatakeyamaとメディアアーティストSeiichi Segaのコラボレーションライブのほか、エレクトロニックダブの要素 も取り入れたアルバム『Bird Ambience』を発表したヴィブラフォン/マリンバ奏者でありコンポーザーの Masayoshi Fujitaが複数の楽器を使ったライブパフォーマンスを披露することになっている。

 

チケット発売中!パスポートチケットも


 新鋭気鋭なアーティストが一堂に会し、新しい発想と表現を追求する音楽/デジタルアート/メディア芸術/オー ディオビジュアルライブ/ワークショップなど、革新的コンテンツプログラムを展開する「MUTEK.JP」のチケットは現在発売中。

 公演すべてに入場できるパスポートチケットも100枚限定で用意されているので、全てのプログラムへ参加したい方はお早めに!




■MUTEK.JP 2021 [A/Visions 1](1部公演) 
日 時:12月8日(水)18:30開演/19:15終演
会 場:日本科学未来館ドームシアター
料 金:前売り2,000円/当日3,000円
上映作品:
Axel Helios [CA/QC] - Drichtel
Baron Lanteigne & Bobby Tank [CA+UK] - Anthologie 
Desaxismundi & Terminal Wolf [CA/QC] - Inertia
Past Video & Deathvox [CZ+DK] - C0R3-C0LL4PS3 
susy.technology [CA/QC] - Indivisible 

■名MUTEK.JP 2021 [A/Visions1](2部公演) 
日 時:12月8日(水)20:15開演/21:00終演
会 場:日本科学未来館ドームシアター
料 金:前売り2,000円/当日3,000円 
出 演:
Synichi Yamamoto + Seiichi Sega & Intercity-Express [JP] - Noesis (2021version) - LIVE 

■MUTEK.JP 2021 [A/Visions 2]
日 時:12月9日(木)17:30開場/18:30開演/20:30終演
会 場:LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
料 金:前売り4,500円/当日5,500円
出 演:
Marihiko Hara & Ryo Shiraki [JP](Cb: Hiroki Chiba, Vn: Anzu Suhara, Vc: Masabumi Sekiguchi, Vc: Yumiko Iwao, Santur: Kazune Iwasaki)
Antibodies Collective [JP] -『あらゆる人のための、誰のためでもない世界』

■MUTEK.JP 2021 [Nocturne 1]
 日 時:12月10日(金)18:00開場/18:30開演
 会 場:渋谷ストリーム ホール
 料 金:前売り3,500円/当日4,500円
 出 演:
 Saskia, Kana Kitty & Yumi Sagara, Hitoshi Sato [JP] - ロウ Lemna & Kaori Yasunaga [JP]
 Wata Igarashi [JP] - FLOW 

■MUTEK.JP 2021 [Nocturne 2]
 日 時:12月11日(土)18:00開場/18:30開演 
会 場:渋谷ストリーム ホール
料 金:前売り3,500円/当日4,500円 出 演:
 出 演:
 YPY [JP]
 NTsKi & Saeko Ehara [JP]
 Masayuki Azegami & komakinex [JP] dhrma & Yuki Ishida [JP] 

■MUTEK.JP 2021 [Nocturne 3]
日 時:12月12日(日)18:00開場/18:30開演 
会 場:渋谷ストリーム ホール
料 金:前売り3,500円、当日4,500円
 出 演:
Aalko aka Akiko Kiyama [JP]
Chihei Hatakeyama & Seiichi Sega [JP] Masayoshi Fujita [JP] 

チケット購入はこちら
https://tokyo.mutek.org/jp/tickets

「MUTEK.JP」公式サイト
https://tokyo.mutek.org/
01
JUL

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL