NEWS
< >

「RAINBOW DISCO CLUB 2022」のタイムテーブル&会場マップ公開!

 4月29日(金)、4月30日(土)、5月1日(日)静岡県・東伊豆クロスカントリーコースにて開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2022」のタイムテーブルと会場マップが発表された。

 

デトロイトの重鎮Moodymannが出演!注目のタイムテーブルは?

 


 

 初日ヘッドライナーにはデトロイトが生んだ説明不要のスーパースターMoodymannが8年振りにRDC出演し、トリを務める。そして、Theo ParrishのSound Signature所属アーティストGE-OLOGY。国内からはデビューアルバム『KLUBB LONELY』のリリースを目前に控えたMonkey Timers。選び抜かれた幅広い音楽を巧みに紡ぐSobriety。そしてRDCレジデントのSisi。

 

 Red Bull StageにはレーベルL.I.E.S.のボスであり、マシンミュージック界において多大な影響力を持つRon Morelli。国内からモジュラーシンセによる前衛的なサウンドと美しい歌声を持つmachìna。若き世代を牽引するLicaxxx。

 

 2日目は日本の至宝DJ NobuによるB2B企画がトリを務める。今年彼が選んだパートナーはアムステルダムのベストテクノDJの1人であるSandrien。そして、2019年のRDCのバリ公演でフロアに熱狂と歓喜をもたらしたメルボルン出身の名手Tornado Wallace。Wata Igarashiによる貴重なライブセット。Kaoru Inoueの別名義Chari Chariのアンビエントライブ。ワールドミュージックや多国籍サイケデリックミュージックを熟知するマエストロShhhhh。昨年の川崎では自身のスタイルを拡張させアヴァンギャルドな独創性を見せつけたYoshinori Hayashi。RDCレジデントのKikiorixが登場。

 

 Red Bull Stageには新境地を開拓した最新アルバム「Chameleon」でさらなる注目を浴びるAnthony Naples。国内からはこれまで数々のスペシャリストを唸らせてきた若き逸材Torei。ハウスミュージック・コレクティヴCYKが3時間セットを披露する。

 

 3日目にはMotor City Drum Ensemble名義で知られるDanilo Plessowと東伊豆のRDCには欠かせない存在、Rush Hourの創始者であり世界屈指のディガーAntalがそれぞれ3時間セットを披露。国内からはSatoshi & Makoto、Kenji Takimi、Kuniyuki × Soichi Terada × sauce81が最終日を締めくくる。

 

 今年もRDC StageとRed Bull Stageの2ステージが用意され、Red Bull Stageの音響は究極のサウンドシステムVoid Acoustics INCUBUSをインストール。新型コロナウイルス感染症予防も兼ねて、体育館のすべてを開放したこれまでで最も広々としたダンスフロアとなるそうだ。

 チケットは現在発売中なので、3年振りの楽園へぜひ足を運んでほしい。


RAINBOW DISCO CLUB 2022公式サイト
https://www.rainbowdiscoclub.com/