NEWS
< >

Weekly World News:世界のニュースまとめ(2022/9/5-9/9)

 クラベリアがアーティストやフェスティバル、クラブ事情など音楽についての最新情報から、ガジェットやNFTまで世界の気になるニュースを厳選してお届け。毎週月曜日更新。今週のピックアップニュースは以下。

①BONOBOが自身主宰のレーベルより新曲「ATK」をMVと共に公開!
②fabricが新レーベル「Fabric Originals」発表、Eris DrawとOcto Octaのスプリットシングルをリリース

③音楽業界団体、リズ・トラス新首相にエネルギー危機への対応を求める
④ウガンダの「NYEGE NYEGE FESTIVAL」、政府からの中止要請にもかかわらず続行
⑤Björk、ニュー・アルバム『Fossora』より「Atopos」のMV公開


①BONOBOが自身主宰のレーベルより新曲「ATK」をMVと共に公開!


 グラミー賞にこれまでに5回ノミネートを果たし、名実共にトップアーティストとしての地位を築いたBONOBOが、最新シングル「ATK」を公開。今回の新曲はダンス・ミュージックのリリースに焦点を当てたBONOBO主宰のレーベル「OUTLIER」からのリリースとなり、楽曲は最新アルバム『Fragments』と同時期に制作されている。


引用元

 

②fabricが新レーベル「Fabric Originals」発表、Eris DrawとOcto Octaのスプリットシングルをリリース

 
 ロンドンのクラブFabricが新レーベル「fabric Originals」を立ち上げ、その第一弾として、Eris DrewとOcto Octaによる2曲入りのスプリットEP「A Day After A Night With U / Stars & Water」をリリースする。レコードは次にリリース予定のDJ BoneとHelena Hauffの作品とともに現在予約受付中。詳細はまだ発表されていないが、I. JORDAN、LCY、Marcel Dettmannのリリースも決まっている。

引用元

 

③音楽業界団体、リズ・トラス新首相にエネルギー危機への対応を求める


 Music Venue Trust、Night Time Industries Association (NTIA)、UK Music、LIVEなどの音楽業界団体は、英国の新首相Liz Trussに対し、深刻化するエネルギー危機に対して企業を支援するための措置を求めている。音楽会場では昨年の営業再開以来、運営費が平均30%増加していると報告されており、現在大きな問題に直面しているそうだ。UK Musicは政府に対し、VAT税率を20%から5%に引き下げるなど、Covid-19の大流行時に行われたようなエンターテイメントやホスピタリティに対する支援を実施するように働きかけている。

引用元

 

④ウガンダの「NYEGE NYEGE FESTIVAL」、政府からの中止要請にもかかわらず続行

 
 ウガンダの「NYEGE NYEGE FESTIVAL」は、政府が中止を求めているにもかかわらず、今月15日から18日まで開催される予定となっている。地元メディアの報道によると、ウガンダのロビナ・ナバンジャ首相は、「NYEGE NYEGE FESTIVAL」は来週も開催されるが、「厳格なガイドライン」の下で行われると述べた。これはある国会議員が今週初めにこの祭りを阻止すると宣言したことを受けてのことで、国会議員の一人であるサラ・オペンディ氏はこの祭りを「性的不道徳の温床」と呼んでいる。フェスティバルのTwitterアカウントでは「裸で来ないでください」と呼びかけている。


引用元
 

⑤Björk、ニュー・アルバム『Fossora』より「Atopos」のMV公開

 
 Björkが9月30日にリリースする5年ぶり、通算10作目のニュー・アルバム『Fossora』より「Atopos」のミュージック・ビデオを公開した。Viðar Logiが監督した本作では、BjörkとGabber Modus OperandiのDJ Kasimynがトリッピーでキノコだらけの森のレイブ会場でDJプレイを披露。Björkはこのビデオをソーシャルメディア上で発表し、「Atopos」を「fossora's passport」と表現している。リリース予定のアルバム名はBjörkが作り出した造語から取ったもので、彼女は "掘る女性 "という意味だと説明した。


引用元