NEWS
< >

Weekly World News:世界のニュースまとめ(2022/11/7-11/11)

 クラベリアがアーティストやフェスティバル、クラブ事情など音楽についての最新情報から、ガジェットやNFTまで世界の気になるニュースを厳選してお届け。毎週月曜日更新。今週のピックアップニュースは以下。

​①Berghain、クリスマスと18周年イベントのラインナップ発表 
②Floating Points、新曲「Someone Close」公開。 4曲を収録した最新12インチの発売決定
③ダンスミュージックが英国で2番目に人気のあるジャンルであることが明らかに
④“低音は人々を踊らせる”新たな研究成果
⑤差別を訴える音楽業界の女性の2割が "何もされていない "と回答


①Berghain、クリスマスと18周年イベントのラインナップ発表 

 
 Berghainがクロイツベルクに移転してから18周年を記念して、12月10日(土)に周年イベントを行う。発表されたラインナップでは、BerghainフロアにてTerence Fixmerのライブパフォーマンス、Francois X、Steffi、Surgeon、 Ben Klockらの出演が決定。Panorama Barでは、Lakuti、nd_baumecker、Tama Sumo、Virginiaらの出演が予定されている。また、12月25日(金)にはPanorama Barで行われている「Finest Fridays」がクリスマスの特別セッションとして開催されるそうだ。そして、毎年恒例のニューイヤーイベント「Silvester Klubnacht」の日程は12月30日(金)〜2023年1月2日(月)に決定。ラインナップはまだ未定だ。

引用元


②Floating Points、新曲「Someone Close」公開。 4曲を収録した最新12インチの発売決定


 先日の「RDC “Sound Horizon”」やO-Eastでの日本初となるOPEN TO LASTのDJ SETを含むジャパン・ツアーも成功させたFloating Pointsが、新曲「Someone Close」を公開した。さらに今回公開された今回公開された「Someone Close」に加えて、今年リリースされた「Grammar」、「Vocoder」、「Problems」を収録した4曲入り12インチを12月16日に数量限定で発売することを発表。
                  
引用元

 

③ダンスミュージックが英国で2番目に人気のあるジャンルであることが明らかに

 
 英国レコード協会(BPI)が発表した分析によると、ダンスミュージックは現在、英国で2番目に人気のあるジャンルであることが明らかになった。同団体が発表したデータによると、ダンスミュージックは今年の週間トップ10シングルの約25%を占めており、人気は過去3年間一貫して上昇し、英国ではポップミュージックに次ぐものとなっている。

引用元

 

④“低音は人々を踊らせる”新たな研究成果

 
 夜の外出で低音を出せば出すほど、多くの人たちが踊り出す可能性があることを発見したと、イギリスの新聞「The Guardian」が報じている。研究者によると、超低周波(VLF)音は聞こえないことが多いにもかかわらず、その音によってダンサーの動きをより刺激することを発見したそうだ。神経科学者のダニエル・キャメロン博士は、「これは実際の電子音楽のダンスコンサートで、低音が本当に人々をより踊らせるということを検証したもので、私たちの意識上のものだけではないのです」と語っている。

引用元


⑤差別を訴える音楽業界の女性の2割が "何もされていない "と回答


 国会議員は、音楽業界では女性差別の加害者に対してほとんど措置が取られていないことを明らかにし、不十分な対応が女性が苦情を申し出るのを躊躇させることになると警告している。この調査結果は、音楽業界における女性差別に関する公開調査の一部であり、10月26日(水)に最初の議会による証拠調べが行われた。BBCによると、今回の調査で#MeToo運動が映画業界と同様に音楽業界にも浸透していないことも明らかになっている。ノーサンブリア大学の犯罪学講師カサンドラ・ジョーンズ博士は、音楽業界は「職場における有害な行動が横行」していると、調査団に語っている。

引用元
04
DEC

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL