NEWS
>

Weekly World News:世界のニュースまとめ(2023/1/30-2/3)

クラベリアがアーティストやフェスティバル、クラブ事情など音楽についての最新情報から、ガジェットやNFTまで世界の気になるニュースを厳選してお届け。毎週月曜日更新。今週のピックアップニュースは以下。

①米国、外国人ミュージシャンへのツアービザの費用を250%引き上げる規則改正を提案
②台湾の『Organik Festival』、10周年記念の新サイトと第一弾のアーティスト公開
③ベルリンの若者にクラブに行くための50ユーロのカードを支給する文化プログラムが開始
④​​写真家WERNER AMANNがレイブの黄金期を捉えた写真集発売
⑤キーウのナイトクラブCloser のレコード店部門が営業停止に


①米国、外国人ミュージシャンへのツアービザの費用を250%引き上げる規則改正を提案

米国国土安全保障省(DHS)は、外国人行為者の観光ビザ料金を250%以上値上げする方針だ。公式の提案書によると、一時的に米国に到着したアーティストがパフォーマンスを行うためのPビザ(文化的芸術ビザ)の申請が、現在の460ドルから1615ドルに引き上げられると書いている。また、より長期の就労ビザであるOビザ(卓越能力ビザ)は、460ドルから1655ドルに引き上げられる。これらの値上げは、高い需要と市民権・移民局の人員不足のために必要だと述べており、この値上げを実現するために、ビザを取得する人の数を制限するそうだ。

引用元


②台湾の『Organik Festival』、10周年記念の新サイトと第一弾のアーティスト公開

今年10周年を迎える台湾のフェスティバル『Organik』が、10周年を記念して第一弾の出演アーティストを発表した。第一弾として、Call Super、Sedef Adasï, Danielle、CEM、Sunju Hargun、Diskonnected、Clarisa Kimskii、Oceanic、Accelerationism、 Amor Satyrらの出演が決定。4月21日から23日まで開催される<Organik >は、台北の新会場「Secret Island」で開催され、人気の観光スポットである白沙湾の半島に位置している。同フェスティバルには30組以上のアーティストが3つのステージに出演し、51時間ノンストップで開催される予定だ。

引用元


③ベルリンの若者にクラブに行くための50ユーロのカードを支給する文化プログラムが開始

ベルリン市議会が発表した新しいプログラム「Jungendkulkarte」により、ベルリンの若者はクラブに行くために、プリペイドカードで50ユーロが支給されることになった。このカードはクラブの入場料のほか、劇場、美術館、映画館など、さまざまな文化活動に利用することができる。このカードは2月1日から4月30日まで有効で、ベルリンに住むドイツ人以外も利用できるそうだ。

引用元


④​​写真家WERNER AMANNがレイブの黄金期を捉えた写真集発売


写真家WERNER AMANNがレイブの "黄金時代 "を捉えた写真集『Kein Morgen』が発売された。同写真集は90年代初頭のレイブのエネルギーとカルチャーを捉え、ベルリンのTresor、Love Parade、ドルトムントのMayday、フランクフルトのOmen(Sven Väthが設立)、E-Work、Limelight、Tunnel、Sound Factoryなど、伝説的なクラブやイベント、レイヴ、アフターパーティーで撮影した15,000枚以上のポートレート写真が収録されている。

引用元


⑤キーウのナイトクラブCloser のレコード店部門が営業停止に


キーウを代表する老舗ナイトクラブCloser内にあるレコードショップ「Closer Record Store」が閉鎖されることになった。 閉店のニュースは1月27日(金)に同店のTelegramチャンネルを通じて近日中に営業を停止することが伝えられ、さらなる詳細については後日発表される予定となっている。閉店日決定まで、毎日午後2時から午後6時まで営業を続けるとのことになっており、最終セールと閉店までのスケジュールは、後日発表されることなっている。

引用元
14
APR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL