NEWS
>

Weekly World News:世界のニュースまとめ(2023/7/31-2023/8/4)

 クラベリアがアーティストやフェスティバル、クラブ事情など音楽についての最新情報から、ガジェットやNFTまで世界の気になるニュースを厳選してお届け。毎週月曜日更新。今週のピックアップニュースは以下。

①Aphex Twinが約5年ぶりとなるミュージックビデオ公開
②Googleと大阪大学が、脳のスキャンを音楽に変換する研究を実施
③アムステルダムが、ナイトライフを支援する15の新施策を発表
④ベルリン上院、クラブと文化スペースに9億4700万ユーロの文化基金を発表
⑤Nightmares on Wax、Warp Recordsから新シリーズ「Club E.A.S.E.」を発表


①Aphex Twinが約5年ぶりとなるミュージックビデオ公開


Aphex Twinが、ヴィジュアル・アーティスト、Weirdcoreが手がけた『Blackbox Life Recorder 21f』のミュージックビデオを公開した。同ミュージックビデオは彼にとって、約5年ぶりのミュージックビデオとなる。また、Aphex Twinは先週、SoundCloudで『Short Forgotten Produk Trk Omc』と『2nd Neotek Test Trac Omc』という、2006年と2007年ごろに制作した未公開のアーカイブトラックを公開した。


引用元


②Googleと大阪大学が、脳のスキャンを音楽に変換する研究を実施


Googleと大阪大学の研究者が、脳のスキャンを音楽に変換する技術を実証する研究を行った。 この実験は5人のボランティアがfMRIスキャナーの中で500以上の異なる楽曲を10つの音楽スタイルで聴かされ、その際に記録された脳活動のイメージをGoogleのAI音楽生成モデルMusicLMを用いて、Brain2Musicと呼ばれるAIモデルに入力し、ボランティアが聴いていた楽曲に似た曲を生成するように学習させるというものだ。この結果は、Google Research Githubで公開されており、研究者たちは、「生成された音楽は、ジャンル、楽器、雰囲気などの意味的な特性において、ボランティアが経験した音楽刺激に似ている」と結論付けている。

引用元


③アムステルダムが、ナイトライフを支援する15の新施策を発表


アムステルダムが、ナイトライフを支援するための4年計画を発表した。この計画では、夜間産業を改善するための「15の新しい対策」の実施、220万ユーロ の支援金を確保していることが記載されている。最優先課題は夜の活動に必要なスペース不足を解消する代替案を見つけることとなっており、開発業者、土地所有者、個人と協力して、ガレージ、空きトンネル、防空壕などのスペースを見つけ、新しい一時的または永久的な会場に変えることを進めるそうだ。その他、新しい資金を使って若いクリエイターを支援し、次世代のナイトライフのプロフェッショナルを育成することも含まれている。

引用元


④ベルリン上院、クラブと文化スペースに9億4700万ユーロの文化基金を発表


ベルリンの文化担当上院議員は、2024年に向けて文化基金を設立すると発表した。2025年に10億ユーロの予算を確保すべく、文化基金の継続的な増額を公約しており、資金はベルリンの現在の2,000の文化施設と、クラブ、会場、劇場、美術館など500の文化スペースを追加するために使われ、2030年までに国有の文化スペースを倍増させることを目標としている。

引用元


⑤Nightmares on Wax、Warp Recordsから新シリーズ「Club E.A.S.E.」を発表


Nightmares On Waxが、"地下室とアフターアワー "のクラブミュージックにフォーカスした「Club E.A.S.E」シリーズを発表した。同シリーズ、90年代にリーズでDJとして過ごしたクラブでの経験や、Warp Recordsからリリースした初期のサウンドを表現したものとなっており、11月4日にリリースされるEPに先駆けて、2曲入りシングル『Yeah You!』と『Come On Then』をリリースしている。



引用元
02
MAR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL