NEWS
>

自動音楽構築システム「AISO」に、やけのはらがTARO NOHARA名義で楽曲参加。コンセプト・アルバム『PARADISE LOST』リリース決定

 株式会社エコーズブレスが運営する自動音楽構築システム「AISO」のアーティストコラボレーション企画第5弾として、やけのはらがTARO NOHARA名義で楽曲参加することが決定。「AISO」による自動音楽構築により展開されるコンセプト・アルバム『PARADISE LOST』を、9月1日(金)にリリースする。

 「AISO」は“音のカケラ"をプログラムがリアルタイムかつランダムに組み合わせることで、“終わらない音楽”を構築し続けるシステムとなっており、数百点に及ぶ“音のカケラ"群の中から選ばれる組み合わせは、無限に近いバリエーションを生成する。楽曲の全体構想から音源一つひとつの制作にいたる全てはミュージシャンが手がけ、これまでに、Koji Nakamura、duenn、Go hiyama、HIROSHI WATANABE aka KAITO、OKADA TAKURO、Black Boboi、GuruConnect、宮内優里といった個性あふれるミュージシャンと多彩なコラボレーションを行なってきた。

 今回のコラボレーション・アーティスト、やけのはらはDJ、楽曲制作、ラップ、執筆と多岐に渡る活動を行い、TARO NOHARA名義では、ドイツ「GROWING BIN」からニューエイジ・テクノのアルバムを、スイス「WRWTFWW」からは民族音楽の影響を取り込んだアンビエントのアルバムをリリース。



 リリース予定のコンセプト・アルバム『PARADISE LOST』は、原初的なリズムやフィールド・レコーディング、煌びやかなシンセサイザー、90年代的なグラウンド・ビートも印象的な、メディテーショナルで美しく、心地良いトーンをキープしながらも、音楽的な冒険心、遊び心に富んだ、近年の集大成的なアンビエント・テクノ・アルバムになっているそうだ。




 現在、「AISO」オンラインショップで予約受付中。限定 50個のみの販売となっているので、気になる方はお早めに。

「AISO」オンラインショップはこちら
https://soundtimes.theshop.jp/categories/2807480


「AISO」Twitter
https://twitter.com/AISO_BGM


■『PARADISE LOST』

2023年9月1日(金)リリース

■バンクタイトル ※バンク=AISO楽曲の構成単位で、シームレスに展開するテーマ群

・Dream Tekno Nation
・Happy Anarchists On The Fence
・Furin Wind Chimes
・Musica Mundana (Piano)
・Paradise Lost
・Tide of Sound
・Hyper Cube Groove
・A Lighthouse in Winter
・We'll come back for ambient summer
・Waves of Tokashiki
・Water Drops
・The Fruit of the Original Sin (303)
・Rooftop Tonalism etc.

■商品詳細
・内容物:本体(microSDカード16GB)
再生機器(Raspberry Pi4 ModelB 4GB)
ACアダプター
取扱説明書
保証書
・サイズ:9.4cm × 6.9cm × 3.6cm
・重 さ:130g
・電 力:最大15w
・価 格:62,000円(税込)

 

 
13
JUL

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL