NEWS
>

Weekly World News:世界のニュースまとめ(2024/2/26-2024/3/1)

 クラベリアがアーティストやフェスティバル、クラブ事情など音楽についての最新情報から、ガジェットやNFTまで世界の気になるニュースを厳選してお届け。毎週月曜日更新。今週のピックアップニュースは以下。

①Kerri ChandlerがBandcampで73曲無料公開、亡き父に捧げる
②ノースロンドンに新クラブ「Archives」開業
③Underground Resistanceのドキュメンタリー『Somewhere in Detroit』公開 
④Boeing 727-200を改装したナイトクラブ「JETSET」がオープン予定
⑤21歳の青年がチャリティのために、徒歩でマンチェスターからイビサへ

 

①Kerri ChandlerがBandcampで73曲無料公開、亡き父に捧げる


ハウスミュージックの重鎮、Kerri Chandlerが、亡き父Joseph E. Chandler Jr.への敬愛を示すため、73曲をBandcamp上で無料で公開した。このコレクションは、父の73歳の誕生日にちなんで『Dad Giveaway』と名付けられ、彼自身によるエディット、リミックス、オリジナル楽曲が含まれています。中には、Nina Simone や Arnold Jarvis 、 Marissa Guzmanなど、敬愛するアーティストのリワークも収録されている。

Bandcamp『Dad Giveaway』
https://kerrichandler.bandcamp.com/album/dad-giveaway


引用元


②ノースロンドンに新クラブ「Archives」開業


トッテナム・ヘイルに倉庫型クラブ「Archives」が3月1日にオープンする。ハイ・クロス・ビジネス・センター内に位置し、最大1600人を収容するこのスペースは、クラブナイトだけでなく映画の撮影やブランドのプロモーション、プライベートパーティーなど多目的に使用される予定だ。オープニングは「SlapFunk Records」のショーケースで飾られ、CARISTA、Samuel Deep、Laidlawらが出演する予定だ。

引用元


③Underground Resistanceのドキュメンタリー『Somewhere in Detroit』公開 


デトロイト出身の伝説的テクノ集団「Underground Resistance」に焦点を当てたミニ・ドキュメンタリー『Somewhere in Detroit』が公開された。このショートフィルムは、テクノミュージックにおける黒人アーティストの影響と彼らの遺産を探求し、“Mad” Mike Banks、Waajeed、DJ Ettaなどの重要人物に光を当てている。


引用元


④Boeing 727-200を改装したナイトクラブ「JETSET」がオープン予定


ブラジルのカンボリウに位置するシュール・パークに、退役したBoeing 727-200.を使用したナイトクラブ「JETSET」が、今年の夏にオープンする。創設者であるD-EdgeのRenato Ratierは、「訪問者に音楽以上の体験を提供することを計画してる」と伝えている。このクラブは、ジェット機のデザインを保持しつつ、ナイトクラブとして改装され、航空機の翼は航空機の翼は、訪問者に高所からの壮観な眺めを提供するデッキとして使用される。

引用元


⑤21歳の青年がチャリティのために、徒歩でマンチェスターからイビサへ


21歳のHenry Mooresが、虐待の影響を受けた子供たちを支援するTony Hudgell財団のため、マンチェスターからイビサまで2400kmを歩いている。彼のこの挑戦は、チェシャーから始まり、マンチェスター、ポーツマス、フランスのカーン、スペインのデニアを経由し、最終的にイビサ島へと続く。Henry Mooresは1日に約42kmを60日間歩く計画だ。この旅は、5月2日にイビサタウンで「Lineker’s Ibiza」のWayne Linekerとの合流を目指し、翌日のオープニング・パーティーに間に合うように歩いている。

引用元

 
18
APR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL