NEWS
>

WARPの重鎮Plaidの来日公演が迫る

"WARP RECORDS"の重鎮「Plaid」の来日公演が今週末の12月3日(土)に迫った。
「Plaid」は、UKテクノの黎明期に数多くの革新的な作品を発表してきたAndy TurnerとEd Handleyにより結成されたユニット。今回8年ぶりの最新作「scintilli」を引っさげての来日となり、共演者には、「DJ Kensei」「AOKI takamasa」「dot i/o」などといった、個性豊かな面々が揃っている。
現在、会場となる渋谷"WWW"のサイト上では、DJ Mayuriやclammbonのmitoなど「Plaid」を愛するアーティストのレコメンドコメントが掲載されており、どれだけこの来日が注目されているかが伺える。

メロディアスで緻密に組み立てられたサウンドと、美しく複雑なそのリズムは正に芸術作品。「Plaid」ならではのインテリジェンス溢れパフォーマンスをぜひ体験してほしい。詳細は下記のとおり。


「Plaid scintili tour 2011」

開催日:12月3日(土)
会場:渋谷"WWW"
時間:23時30分
料金:前売¥5,500
出演者:【MAIN】 [LIVE] Plaid (Audio and Visual Live), AOKI takamasa, dot i/o, coppe' + kensei, [DJ] Ametsub, 【LOUNGE】[DJ] em (MEOW!!!), Naoya Ishigaki (Background Beat), Oven Toast Jam (Vol.4 Records), 蟻 (moph records)

■WWW
http://www-shibuya.jp/schedule/1112/001019.html