NEWS

SALUに続く、BACHLOGIC主宰レーベル"One Year War Music"第2弾リリースは「AKLO」

国内のヒップホップシーンにおいて、恐らくは初となるであろう"ミックステープ"(無料ダウンロードアルバム)で名を上げた最初のラッパー「AKLO(アクロ)」が、BACHLOGIC主宰レーベル"One Year War Music"からデビューすることが明らかになった。

近年USシーンでもドレイクやニッキ・ミナージ、ウィズ・カリファなどを筆頭に、多くのヒップホップアーティストがメジャーデビュー前に無料ダウンロードで配布したミックステープアルバムをきっかけに大ブレイク。ヒップホップカルチャーにおいてのミックステープは、人気や知名度を上げるための重要な主流メディアツールとなっているが、AKLOは、国内ではいち早くその手法を取り入れた1人で、これまでに2枚のミックステープアルバム「A Day On The Way」、「2.0」を無料ダウンロードで発表。その卓越したラップスキルと、クールなルックスから一躍脚光を浴び、KREVAやJAY'EDといったメジャーアーティストから、Simon、Sky-Hi、Ken The 390、L-Vokalといった国内の人気ヒップホップアーティストの作品へ客演参加。さらには人気インターネットラジオ「Block.FM」において洋楽ヒップホップ専門番組"Inside Out"のメインMCを勤めるほか、ファッション雑誌などにも度々登場。すでにさまざまなメディアへ露出するなど、新世代のラップスター候補としてアルバムリリースを待望視されていた。

そんなAKLOが、国内有数のヒットメイカーBACHLOGIC全面バックアップという最高の形で、初のスタジオアルバムとなる"The Package"(ザ・パッケージ)をSALU"In My Shoes"に続く"One Year War Music"第二弾リリースとして9月にリリースする。アルバムには、BACHLOGICの他に"One Year War Music"所属の新鋭プロデューサー、JIGGがプロデューサーとして参加。また客演アーティストも数名参加しているとのことだが、今のところNORIKIYOの参加のみが明らかになっている。全くの無名だったSALUとは一転、期待の大型ルーキーをどのような形で送り出すのか?BACHLOGICの手腕にも注目が集まる。

そんなAKLOは、9月のアルバムリリースに先駆け早速今月25日にも、デビューシングルとなる"Red Pill"(Pro by BACHLOGIC)をリリース。このRed Pill含め、Albumリリースまでに3枚のシングルカットを予定しているとのこと。

また、配給先のLexington / Manhattan Recordingsの公式Youtubeチャンネルには、NYで撮影したと思われるアルバム"The Package"のディーザー映像も公開されている。新たなラップスターの動向に目が離せなくなりそうだ。


AKLO「RED PILL」

発売日:2012年7月25日(水)
品番:OYWM12003 
価格:¥1,000 (tax in) / 全4曲
発売元 / 販売元:LEXINGTON CO.,LTD. / ONE YEAR WAR MUSIC

●TRACK LIST
1. Red Pill (Main)
2. E.T. feat.JON-E (Inst)
3. Red Pill (Main)
4. E.T. feat.JON-E (Inst)

■AKLO Official Web Site
http://Aklo.Jp/

18
SEP
PREV
Jamillions待望のセカンドアルバム「9」をiTunes1週間先行でリリース
Jamillions待望のセカンドアルバム「9」をiTunes1週間先行でリリース
NEXT
「WORLD MUSeUM12」が開催
「WORLD MUSeUM12」が開催