NEWS
< >

ベルリンのクリエイティブカルチャーと都市の発展をテーマとしたカンファレンス、パーティーが開催

ベルリンの壁崩壊から今年で25年。ベルリンのクリエイティブカルチャーと都市の発展をテーマとしたカンファレンス、パーティーが開催される。

「AFTER 25 カンファレンス」と題された本イベントは、3月1日(土)に赤坂"ドイツ文化センター"で開催される。登壇するのは、ヨーロッパでも最大の発行部数を誇るニュース週刊誌『Der Spiegel』の音楽/カルチャー担当記者Tobias Rapp、世界でも珍しいクラブ経営者、関係者による業界団体Berlin Club Comission会長 のMarc Wohlrabe、さまざまな分野の法律業務を取り扱うとともに音楽やアートに関する法的サポートを行う弁護士斉藤貴弘、ヨーロッバ最大の流通を誇るeBook会社、txtr.com を立ち上げ現在は会長を務めるChristophe Maire、そしてNative Instruments、HolzMarkt Projekt、EyeEMと、ベルリンと深い関係を持つ人々がプレゼンテーション/ディスカッションを行う。こちらのカンファレンスへの参加は無料だが、オフィシャルサイトより応募が必要となる。

また、クラブイベントは同日3月1日(土)代官山"UNIT"で行われ、ラインナップには、べルリン芸術大学教授であり、作曲、サウンドデザイン、ソフトウエア開発、インスタレーション、映像音楽の分野で活躍するアーティストRobert Henke、エレクトロニックミュージックプロデューサーで今回が日本初公演となるBurnt Friedman、ベルリン出身のギタリスト/エコーギターのパイオニアのGuenter Schickertがクレジットされている。詳細は下記のとおり。





- Event Information -
 

タイトル:
AFTER 25 カンファレンス

開催日:
3月1日(土)

会場:
ドイツ文化センター

参加費:
無料 ※下記より応募が必要となります。

応募開始:2月5日(www.after25.deをご確認ください)
応募締め切り:2月15日
招待メール送信:2月20~22日


プレゼンテーション+パネル・ディスカッション:
Berlin Club Commission, Native Instruments,
斉藤貴弘(斉藤法律事務所/Let’s Dance 署名推進委員会),
HolzMarkt Projekt (KaterHolzig), Tobias Rapp,
EyeEm & MORETRAX等




タイトル:
BERLIN AFTER 25

開催日:
3月1日(土)

会場:
UNIT

料金:
DOOR ¥4,000

出演:
ROBERT HENKE aka MONOLAKE pres. LUMIÈRE (日本初公演)
BURNT FRIEDMAN live
GUENTER SCHICKERT live (初来日)
DJ NOBU
and more


■AFTER 25オフィシャルページ
www.after25.de
02
FEB

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL