NEWS

ついに実現!Brian EnoとKarl Hydeが共演アルバムを発表

Brian EnoとUnderworldのKarl Hydeによる共演作が4月28日(月)にリリースされることとなった。

『Someday World』と名付けられた本作には9曲が収録され、それら全てがBrian EnoとKarl Hydeの作曲および歌唱によるものとなっている。加えて、Brian Enoが以前在籍していたバンドRoxy Music時代からの盟友Andy Mackay、偉大なFela Kutiの息子であるSeun Kuti作品をEnoと共にプロデュースしたJohn Reynolds といった卓越したサポートミュージシャンたちが多数名を連ね、また共同プロデューサーとして、弱冠22歳のFred Gibsonが参加している。

本作は、EnoとHydeが継続して行なってきたコラボレーションの一環であり、2人が制作した記念すべき初のアルバム作品となる。Eno自身が担当したアートワークも、Hydeによって撮影された写真が使用されている。詳細は下記のとおり。



- Release Information -

アーティスト:
ENO・HYDE

タイトル:
Someday World

レーベル:
WARP RECORDS / BEAT RECORDS

発売日:
4月28日

●トラックリスト
[通常盤1CD]
01.The Satellites
02.Daddy’s Car
03.A Man Wakes Up
04.Witness
05.Strip It Down
06.Mother Of A Dog
07.Who Rings The Bell
08.When I Built This World
09.To Us All
10.Titian Bekh (Bonus Track for Japan)

[スペシャルエディション2CD ボーナスディスク]
01.Big Band Song
02.Brazil 3
03.Celebration
04.Titian Bekh

■beatink Official Web Site
01
MAR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL