NEWS
< >

DJ BAKU、mabanua、Kan Sano、HUNGERがそれぞれのビート論をディスカッション!さらにライブも行うイベント「DIS-LIVE」が開催

DJのスクラッチにはいくつの技法があるのか、なぜあの曲の後にこの曲をつないだのか?あのドラマーはなぜここでフィルを入れたのか? あのシンガーはなぜこの譜割りで歌詞を入れたのか?

音楽を自由に楽しむためにも、音楽のマナーやルール、アーティスト自身の意図を聞くと、普段聴いている音楽が全く違う音に聴こえてくるかもしれない。この問題提起により、アーティストのディスカッションとライブが1つになったスタイルのイベント「DIS-LIVE」が、12月14日(日)にギャラリーコンシール渋谷で開催することとなった。

今回のテーマは「ビート」。ドラマー、キーボディストが考えるビートの解釈。DJが曲をつなぐ際の「ビート」の解釈。ラッパーが「ビート」に対してどうやって言葉を置いているか、といったそれぞれの立場からの「ビート」論を展開することとなる。
出演アーティストは、DJのDJ BAKU、ドラマーのmabanua、キーボディストのKan Sano、ラッパーのHUNGERの4名。これから行われるライブのどこを聴いてほしいのか?アーティストにとっての聴かせところはどこなのか?そのディスカッションを経て観るライブは、どう聴こえるのだろうか。非常に興味深いイベントの1つだ。


■Official Web Site
http://dis-live.com