NEWS

Jim O’Rourkeが6年ぶりにアルバムをリリース

東京在住の音楽家、Jim O’Rourkeがアルバム『Simple Songs』を5月15日にリリースすることとなった。

全ての楽器を自身で演奏した、全一曲の衝撃のインストゥルメンタルアルバムである2009年の『Visitor』以来、実に6年ぶりとなる待望のアルバムなのだが、本作の最大のトピックは、Jim O’Rourkeが2001年の『Insignificance』以来、じつに13年半ぶりに発表するヴォーカルアルバムだということ。渋みを増したその声にも注目だ。
また、ここ数年、活動を共にしている石橋英子、須藤俊明、山本達久、波多野敦子の4人に加え、高田漣らがゲストで参加し、Jim O’Rourke自身のギタープレイからバンドが一体となった演奏まで楽しめる作品となっている。そして、アルバムと同日に『ジム・オルーク完全読本』の発売を決定している。



- Release Information -

アーティスト:Jim O’Rourke
タイトル:Simple Songs
フォーマット:CD
価格:2,495円(税抜)
発売日:5月15日

●収録曲
1. Friends With Benefits
2. That Weekend
3. Half Life Crisis
4. Hotel Blue
5. These Hands
6. Last Year
7. End Of The Road
8. All Your Love
03
JUN
PREV
Sebastian Mullaert & Ulf Erikssonの東京公演も決定
Sebastian Mullaert & Ulf Erikssonの東京公演も決定
NEXT
「WIRED CLASH」タイムテーブル発表
「WIRED CLASH」タイムテーブル発表